ガタカ / Gattaca(1997)

DNAで人間の価値が決まる社会の恐怖

映画『ガタカ』のフル動画を無料視聴する有益な方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『ガタカ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Gattaca / アメリカ(1997年) / 日本公開:1998年5月2日 / 106分 / 制作:Jersey Films / 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / 製作費:3600万ドル / 興行収入:

ガタカ – 予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】日本語訳
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ガタカ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作もマニアックなアレも!
独自の設定で謎を観客に投げかけ考えさせる深いテーマが魅力の作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなミステリアスなSF映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く用いましょう。いろいろなサービスがありますが、アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあるほど、順調にユーザー数は増えています。まだ使っていない人も焦る必要はありません。別に始めるのは難しくなく、スタートは簡単です。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。登録して「あれ、なんか自分には合っていない気がする」となったら最悪ではないでしょうか。無料期間があれば、その不安になるリスクはどこかへ綺麗さっぱり消えうせます。「私はインターネットに慣れていないのですが大丈夫?」「こういう場合の初心者の参入はさすがにわきまえていない判断になるのかな」そんなドキドキも落ち着いてください。ネットを使い始めたばかりの人でも使うのは簡単。それこそ家を出られないお年寄りでさえも使えます。アンドリュー・ニコル監督の「ガタカ」もアリ。

知らない怖さはやっぱり危険!
なお、巷に溢れる未知の恐怖が潜むイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでイーサン・ホーク主演の「ガタカ」の鑑賞はダメです。動画が何度も連続的に停止するのは嫌でしょう。3秒流れてまたストップ、4秒流れてまた固まる…。そんなことになったら軽ブラウザを使えばいいのかと思うかもですが、あの手この手で邪魔をしてくる危険動画ウェブサイトはそんな打開策は通用しません。使った時点で負けです。現実的に合法的にも理想的にも、最良の正攻法はいつでも変わらないので、過ちを犯さないようにしましょう。

あなたの選択は自由!
作品のデジタル普及は近年になって著しく拡大し、VODはそのメインストリームとして市場を牽引しています。ところが顔が困ったフェイスになってしまうのが、配信作品ラインナップの変動。こっちの都合も無視で変動しまくるので追尾・把握は至難の技。大変なんてものじゃないです。ユマ・サーマン出演の「ガタカ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODの配信はタイトル名をググってみると上部に表示されたりしますが、それは一部。このページではもっと幅広く網羅しており、その手が広がっているカバー範囲はどこよりも負けません。マイナーサービスも掲載中です。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。「また今度でいいかな」と体験チャンスを後回しにしていると、自分の狙いなんて一切捨てられて、本当に動画が見たいときに配信が綺麗さっぱり無くなっているというオチもありえます。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは便利な「ウォッチリスト」機能によるサポートがあるので、マイアルバムやお気に入りリストのような感覚で、気になる映画をリスト化できます。今は無理だけど後で見ておきたい…。そういう作品もたくさんあるはず。一期一会で終わるのはもったいないので、しっかり記録しておきましょう。これはその場でできるので、時間もかかりません。ブラウザやメモアプリよりも楽です。Cookieを有効にしないと利用できないのでその点は留意してください。ジュード・ロウ出演の「ガタカ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。ゴア・ビダル出演の「ガタカ」も見れないかも? オカシイと感じたらまずは変な行動をしないでブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
海賊版というのはその言葉のとおり略奪行為を意味しており、本来の権利者から利益を根こそぎ奪って業界の収益システムを破壊するものです。無料というのは釣り針の餌にすぎません。釣られたあなたはこの海賊の晩飯になるだけ。動画なんてものはなく、あったとしてもそれも腐った品質でしかないです。ザンダー・バークレイ出演の「ガタカ」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

その動画サイトは使える?
アラン・アーキン出演の「ガタカ」を無料でウォッチングしたい気分? それは構いませんが問題は方法です。検索してみましたか? 「Miomio」「BiliBili」「Pandora」などの中国系ウェブサイト、「dailymotion」のような欧州系、「mixdrop」「clipwatching」「cloudvideo」「vidia」「openload」らシェアファイル系。どれも昔から猛威を振るっていますがそれは推奨できないですし、本音は今すぐ関与を断つべきだとも思います。それが不正スパムに悪用されているケースは多々あり、動画視聴なんていう状況ではないからです。動画を見ているうちに破滅です。

『ガタカ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月24日時点での『ガタカ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ガタカ』をさらに知る

遺伝子が全てを決定する未来社会を舞台に人間の尊厳を問うサスペンスSF。製作はダニー・デビート、マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェア。とある近未来。遺伝子工学の進歩で胎児の間に劣性遺伝子を排除することが出来るようになった。これによって人間の存在は自然の摂理を超えて、ある種のテクノロジーによって人知を超えてしまった。自然の形で生まれたヴィンセント・フリーマンは、心臓が弱く30歳までしか生きられないと宣告されていた。このままでは人生の絶望は目に見えている。しかし、それが遺伝子で決められているならどうしようもない。一方で遺伝子排除されて生まれた弟アントンがおり、そんな特別な人と比べ、自分を遺伝子的に劣った「不適正者」であると思って劣等感を抱いていたヴィンセントだが、遠泳でアントンに勝った彼は家を出る決心をする。

★スタッフ
監督:アンドリュー・ニコル(関連作品:『シモーヌ』)
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:スワボミール・イジャック
音楽:マイケル・ナイマン

★キャスト
イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ、ゴア・ビダル、ザンダー・バークレイ、アラン・アーキン、ローレン・ディーン、アーネスト・ボーグナイン、ブレア・アンダーウッド、トニー・シャルーブ、ジェイン・ブルック、イライアス・コティーズ、メイソン・ギャンブル、ヴィンセント・ネルソン

★『ガタカ』の評価

IMDbRTMETA
7.882%??
映画comY!FM
3.8???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ガタカ』の受賞
第70回アカデミー賞で美術賞にノミネート。

★『ガタカ』の感想

●FILMAGA
映画が作られた時期は1998年。DNAという言葉の知名度はかなり上がり、それを映画化するような作品も目立ち始めるなか、本作は頭ひとつ飛び抜けていた。しかし、小難しいSFではない。優秀な遺伝子が優遇される世界で劣勢遺伝子の主人公がどのように夢を叶えるのか。こういうドラマを軸としたアツい人間の葛藤が描かれている。サッパリと観れる2時間ドラマ的SFでありながら、記憶に残る一作なので、ぜひともまだ見ていない人はチェックしてほしい。
●TOHOシネマズ  
ヒトゲノム計画が始まったのが1990年、完了したのが2003年。この映画が公開された1997年当時は人間の設計図が初めて解読されている途中。社会には一種の不安もあったりした…そんな揺れ動きを反映させた映画なのかもしれないです。SF的な世界観ではありますが、夢を追いかけるヴィンセント青年の青春物語であり、直向きに頑張る姿は応援したくなります。特に抜き打ちテストでのドクターのセリフはホロリとして、切ない気持ちでいっぱいでした。
●イオンシネマ  
人の価値は遺伝子で決まってしまうとしたら。自分の能力も見た目もDNAで決まるなら、努力をすることに意味はあるのか。遠くない未来にありえる話を1997年に描いていることが驚愕ですが、もしかしたらこの時代はすぐそこまで来ているのかもしれない。技術はあるので、あとは倫理的な問題の世界。しかし、この映画はかといって抽象的なストーリーにしていないのも良い。一度、死のうとして死ねなかった彼が、もう一度、死を選んだ。その人生とは…。