トゥルーマン・ショー

人生は全て放送されていた

映画『トゥルーマン・ショー』のフル動画を無料視聴する方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『トゥルーマン・ショー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Truman Show / 製作:アメリカ(1998年) / 日本公開:1998年11月14日 / 103分 / 制作:Scott Rudin Productions / 配給:UIP

トゥルーマン・ショー – 予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『トゥルーマン・ショー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心に残る経験をネットで!
独自の設定で観客も登場人物もサプライズで驚かせるユニークな作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く使いましょう。ネット配信はメリットも多く、デジタルならではの魅力もいっぱい。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、その恩恵に満足している人はたくさんです。もうレンタル店でDVDを借りることから離れた人も大勢います。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。どんな場合でも始まりがありますが、これはそのあなたのサービス開始日を元に無料お試しの期間が始まるというもの。当然、個人によって状況は変わりますが便利さは同じ。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。「トゥルーマン・ショー」もアリ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「トゥルーマン・ショー」の視聴はダメです。危険性の具体例はこのとおり。消しても消しても消えない悪質な広告、一向に再生が進まずに画質も低い劣悪な動画の品質、さらにはプライバシーを密かに盗む有害性、パソコンやスマホに極端な負荷を与えるダメージなど、嫌なことだらけ。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

使うべきはどれ?
「見ることには積極的なので、VODもガンガン使ってみようかな」そんな好奇心は満たされていくべきです。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。「トゥルーマン・ショー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その謎はあっさりと解消してクリーンになります。この今あなたの見ているページには対象作品を配信中のVODがアイコン・インディケーターで掲載中。その中からお好きなものを自由意思で適宜選択できます。一部の簡素なサイトは特定VODしかオススメせずに掲載情報は変わらないですが、フルムビバースは質と量ともに鮮度が命。夢心地な使い方を探るまでもない、登録して再生すればあとはもう無料動画的な気持ちのいい湯船につかれます。好奇心を刺激されるでしょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「トゥルーマン・ショー」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。当然ながらクレカを所有していない人もいるでしょうが、それで諦めるのはまだ早いです。毎月支払っているうスマホのキャリア決済を通じて登録可能なものもあります。これならばまだ未成年のユーザーでも試すことができるでしょう。もちろん保護者の許可をとることが面倒なトラブル防止のためにも推奨されます。これを機に思い切ってクレカを新規に契約するのもアリかもしれません。

フェアにオススメします
他の配信動画紹介サイトでよく見られる光景は、サービスをズラリと掲載しつつも、結局はひとつのサービスだけに固執して推薦してくるパターンです。それは個別のレコメンドにまで配慮が行き届いていません。フルムビバースの場合は、視聴可能なVODを情報に基づいて示して、該当動画リンクへと促すだけ。フェアであることを最優先にしているので、公正さについてはどこよりも自信があります。単純に「トゥルーマン・ショー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「トゥルーマン・ショー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
「トゥルーマン・ショー」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『トゥルーマン・ショー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トゥルーマン・ショー』をさらに知る

ある男の生涯が、テレビの人気連続ドラマとして24時間ノンストップ生中継されていたという異色作。製作はエドワード・S・フェルドマン、アンドリュー・ニコル、スコット・ルーディン、アダム・シュローダー。周りを海で囲まれた平和な離れ小島の町シーヘブン。保険のセールスマン、トゥルーマン・バーバンクは看護婦でしっかり者の妻メリルや親友のマーロンとともに平凡な毎日を送っている。その生活にはいろいろな出会いがあり、いろいろな経験を重ねて、普通に生きている。ボート事故で父親を亡くした彼は水恐怖症で島から出たことはなかったが、密かな思いを抱えていた。大学時代に出会った忘れられない女性、ローレンに会うため、遠く離れた地であるフィジー島へ行くというささやかな夢があった。それはいつか叶うと信じていた。ある日、トゥルーマンは、いつもと違う行動を取ると、不思議なことにまわりの様子が落ち着かなくなることに気づく。

★スタッフ
監督:ピーター・ウィアー(関連作品:『フィアレス』)
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:ピーター・ビジウ
音楽:フィリップ・グラス、ブルクハルト・ダルウィッツ

★キャスト
ジム・キャリー、ローラ・リニー、ノア・エメリッヒ、ナターシャ・マケルホーン、ホーランド・テイラー、ブライアン・ディレイト、ブレア・スレイター、ピーター・クラウス、ハイジ・シャンツ、ロン・テイラー、ドン・テイラー、ポール・ジアマッティ、アダム・トメイ

★『トゥルーマン・ショー』の評価

IMDbRTMETA
8.194%??
映画comY!FM
3.7???3.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『トゥルーマン・ショー』の感想

●シネマトゥデイ
トゥルーマンは特殊な環境にはあったが、テーマ的には普遍的な人生賛歌。彼の境遇は特別だとしても、実はこの映画は誰でも当てはまる話なのかもしれない。何気ない日常を飛び出す勇気と、その選択肢が目の前に来たときの行動力。それは人生で必要なこと。実は突破口はすぐそこにあって、あとはそこにさらに大きな世界が広がっている。自分の人生はちっぽけだと思っているなら、まず日常を疑ってみるしかない。そこにヒントがあるのだから。
●ユナイテッドシネマ
何回も見たくなる作品。TVショーとして晒されてるトゥルーマンの生活は観てて違和感の連続なんだけど、ただ、普通の人間の生活と比べてもさほど変わりがない。この映画を観ていると、自分の生活さえも少し不信感さえ湧いてくるほど。当たり前なんでないのかも。では、もしその時に気づいてしまったとき、どうすればいいのか。その答えはこの作品にある。「おはよう。会えなかった時のためにこんにちは。こんばんは」いつものあいさつからだ。
●イオンシネマ 
設定がぶっ飛んでるという感想は誰もが抱く思いだと思うのだけど、その設定から掻き立てられる観客の想定をしっかり、いや、遥かに上回るアイデアとテーマ性を帯びている。それ故に今や当たり前とされるメディア、もっといえば大衆社会の暴力が主要な批判対象にも関わらず、20年以上経つ現代を生きる我々も思わず姿勢を正して観てしまう。一見エンターテイメントな本作の根底には熱い社会派ドラマの血が流れているからこそのラストだった。