愛についてのキンゼイ・レポート

性に迫った研究者の知られざるドラマ

映画『愛についてのキンゼイ・レポート』のフル動画を無料視聴する方法をひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『愛についてのキンゼイ・レポート』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Kinsey / 製作:アメリカ(2004年) / 日本公開:2005年8月27日 / 118分 / 制作:American Zoetrope / 配給:松竹

Kinsey (2004) – Movie Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】機能充実
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『愛についてのキンゼイ・レポート』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

知られざる事実に気づいてその情報や発見を世界に広げていった人物に焦点をあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。ネット配信はメリットも多く、便利。どうしてもレンタル店でDVDを借りることは先に考えがちですが、まずはパッケージディスクを手にしてしまったなんてことの前に、ウェブサイトにアクセスして確認すべきです。

「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「登録ってよくわからないのだけど…」そんな漠然とした疑問はクリーンアップしましょう。やればすぐにわかりますが、基礎の登録内容は単純明快で、躓かずストレートに完了します。「愛についてのキンゼイ・レポート」もあるかも。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの使用はストップです。それで「愛についてのキンゼイ・レポート」の鑑賞はダメです。問題点はそこかしこにあります。動画を再生することはできても唐突に広告が大音量で表示されて視聴を妨害したり、どこかをクリックするたびに意味不明なサイトにリダイレクトされたり、とにかく鬱陶しいです。無論、違法でもあります。現実的に合法的にも理想的にも、最良の正攻法はいつでも変わらないので、過ちを犯さないようにしましょう。

作品のデジタル普及は近年になって著しく拡大し、VODはそのメインストリームとして市場を牽引しています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「愛についてのキンゼイ・レポート」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。思わず定期アクセスしたくなるような全世代の映画ファンが通いたくなる、オーダーメイドなデータベースサイトがコチラです。なお、どんなに配信状態を正確にリアルタイムで反映していたとしても、今日の中身は今日、自分でラスト確認するのを推奨します。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「愛についてのキンゼイ・レポート」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。当然ながらクレカを所有していない人もいるでしょうが、それで諦めるのはまだ早いです。毎月支払っているうスマホのキャリア決済を通じて登録可能なものもあります。これならばまだ未成年のユーザーでも試すことができるでしょう。もちろん保護者の許可をとることが面倒なトラブル防止のためにも推奨されます。これを機に思い切ってクレカを新規に契約するのもアリかもしれません。

バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、容易に推測不可能なパスワードの設定(住所や誕生日などはなおさらアウト)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「愛についてのキンゼイ・レポート」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『愛についてのキンゼイ・レポート』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『愛についてのキンゼイ・レポート』をさらに知る

実在したキンゼイ博士と妻クララの絆を描く人間ドラマ。製作総指揮はフランシス・フォード・コッポラ、カーク・ダミコ、マイケル・クーン、ボビー・ロック。1948年、セックスについての統計をまとめた「キンゼイ・レポート」を出版して全米にセンセーションを巻き起こしたインディアナ大学の助教授キンゼイ博士。それはあらゆる社会の常識を揺れ動かし、自分でも思っている以上に影響を与えた。著作はベストセラーになるが、キンゼイには苦難の日々が待っていた。

★スタッフ
監督:ビル・コンドン(関連作品:『ゴッド・アンド・モンスター』)
脚本:ビル・コンドン
撮影:フレデリック・エルムス
音楽:カーター・バーウェル

★キャスト
リーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル、ピーター・サースガード、ティモシー・ハットン、ジョン・リスゴー、ティム・カリー、オリバー・プラット、ディラン・ベイカー、リン・レッドグレーヴ、ジュリアンヌ・ニコルソン、ウィリアム・サドラー、ジョン・マクマーティン、ヴェロニカ・カートライト、ウィル・デントン、ヘザー・ゴールデンハーシュ、ダグマーラ・ドミンスク、ベンジャミン・ウォーカー

★『愛についてのキンゼイ・レポート』の評価

IMDbRTMETA
7.190%??
映画comY!FM
3.1???3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『愛についてのキンゼイ・レポート』の受賞
第77回アカデミー賞で助演女優賞にノミネート。

★『愛についてのキンゼイ・レポート』の感想

●FILMAGA
性生活に関する研究書キンゼイレポートをまとめた人物。その行為は他者から見れば変わり者かもしれない。往々にして研究者は変わったことをするのが仕事で、それ自体は自己満足かもしれない。社会にインパクトを与えようなんて思っていないのかもしれない。しかし、それが世界で迷える少数の心を救うのなら、たとえ偶然でも、正義という意図がなくとも、それはたたえるべきことではないか。社会は何がきっかけで動き出すかわからないのだから。
●DAILYMOTION 
アメリカ国民の性意識に関する調査報告をおこなった動物学の教授が、「性の解放」の担い手としてある側面では脚光を浴びる一方で、「性の暴走」を助長する人物として別の方向からは危惧されるようになってしまうというジレンマ。あくまで科学的に調査しているだけなのだから、反論は科学で行うべきだが、大衆はそんなことは気にしない。宗教的道徳観がまかり通っていたゆえに、反逆者扱いされるのは可哀想だ。ガリレオもこんな気持ちなのか。
●イオンシネマ 
1万8000人から性について聞きだしたキンゼイ先生の科学者としての情熱に圧倒されたが、実際はその調査手法にいろいろと問題点が指摘されている。その詳細は知りたければネットでチェックすればいいのでぜひ。研究のために奥さんを寝取らせたり、男を試してみたり、正直「こいつアホか」と思ってしまったが、その極端な情熱が前代未聞のことを成し遂げるには必要なのだろうか。私にはとてもマネできないが、とりあえず凄い人だとは思う。