プレデター2(2作目)

シリーズ第2弾。あいつは再びやってきた

映画『プレデター2』のフル動画を無料視聴する有用な方法をひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『プレデター2』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Predator 2 / アメリカ(1991年) / 日本公開:1991年1月25日 / 108分 / 制作: / 配給:20世紀フォックス / 前作:『プレデター』 / 次作:『プレデターズ』


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】日本語訳
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『プレデター2』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

過激な映像に目が釘付け!
世界中で話題を集めて一部の熱狂的なファンを獲得したアツい支持のある作品群はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額のフリースタイルなタイプ。どちらも有用なので見逃さないように。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「解約できないというトラブルが怖い…」そんな気持ちもよくわかりますが、そのような厄介な事態にはなりません。なぜなら解約ステップは単純で、思いついた時にすぐにアカウント削除が可能。スティーブン・ホプキンス監督の「プレデター2」もアリ。

それは凶悪でもあり…
不正な動画ウェブサイトは証明不要なくらいに適法性・実用性の二点で非推奨。それでダニー・グローバー出演の「プレデター2」の視聴はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。「閃きました、動画をダウンロードするのは?」そんなことはやってしまえば言い訳なしで即刻アウトです。映画館でも散々注意広報を見たはずです。たまに「ウイルスが検出されました」と警告文章が表示されたりもしますが、それも手口となっています。迂闊に誘導されると怪しい挙動をするプラグインやソフトウェアをインストールされてしまいます。動画視聴に必要ですと言われても信じないでください。

配信しているのはコレ!
新旧が入り乱れたラインナップはまるでひとつのライブラリーのようであり、それを見られるのは至福の時間ともいえます。動画さえあればエンタメに困窮しませんが、VODで「これだ!」という狙いの映画あるならば少し注意すべきことがあります。配信しているのかという根本的な話です。ゲイリー・ビューシイ出演の「プレデター2」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その謎はあっさりと解消してクリーンになります。この今あなたの見ているページには対象作品を配信中の現在も機能しているVODがアイコン・インディケーターで掲載中。その中からお好きなものを自由意思で適宜選択できます。「VODなんてみんな同じでしょう?」なんて発言は実情をわかっておらずに見当違いもいいところ。実際はそれぞれに個性があり、パーソナライズできます。このサイトはCookieの使用を前提にしているのでシークレットモードなどのブラウザでは機能しないこともあります。気をつけてください。

字幕・吹替、選択は自由
映画観客を大きく二分することになる「字幕」と「吹き替え」の翻訳スタイル問題ですが、もちろんどれが正しいという真理はないので、そこまで厳密さに気にすることはありません。トランスレーション自体は絶対に正確というのはなく、字数制限の中でさまざまな苦労があるものです。しかし、好みで選ぶうえでも必ず自由度は欲しいです。VODは鑑賞時にセレクトできるので、嗜好に合わせられるでしょう(両方あるかどうかは作品によります)。心がワクワクする「プレデター2」の面白さの発見につながるかもしれません。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeブラウザを使っていると、リンクのクリックでいきなり「ポップアップがブロック」と表示されて「え?え?」と困惑状態になることがあります。「ウイルス?でもいつもの公式のサイトなのに?」と考えても考えても謎だらけ。たぶん意味もわからないまま困惑するだけです。それは広告をブロックするツールが原因です。拡張機能でそれらを導入しませんでしたか。動画視聴さえも妨げるので症状が確認されたらひとまず無効化しましょう。いずれアップデートで修正されるはずです。ルーベン・ブラデス出演の「プレデター2」も見れないかも? オカシイと感じたら使用している通常のブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

動画はフルの方がいい
映画を観るなら誰しもがフルで見たいというものです。変に欠けている映画を観て大喜びする人はよほどの変人か、上手い具合に騙されているだけです。そんな稀有な人はいないと思いますが。映像が中途半端になっていたら、ストーリーもわからないことにならないにせよ、大事な部分が抜けてしまって理解はふじゅうぶんになりますし、嬉しくはないでしょう。VODは当然のようにオール・ノーカット。最後まで視聴できるのでDVDと遜色はありません。マリア・コンチータ・アロンゾ出演の「プレデター2」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアには別の価値があるというのはわかっていますが、VODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。ビル・パクストン出演の「プレデター2」も無規制で。

『プレデター2』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月25日時点での『プレデター2』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『プレデター2』をさらに知る

人食いエイリアン・プレデターと人間たちの壮絶な対決を描くSFアクション・シリーズ第2作。製作はローレンス・ゴードン、ジョエル・シルバー、ジョン・デイビス。1997年、麻薬組織間の抗争が激しい近未来都市ロサンゼルスに、残忍無比なプレデターが再びやって来た。それは人類にとってもはや安住の地ではないという宣告である。コロンビア人の麻薬組織を追うハリガン警部補は同僚のダニー、レオーナらと踏み込んだ先の現場で原因不明の惨劇の後を目撃するが、そこの捜査は上手くいかない。というのも、市警部長ハイネマンはDEA(連邦麻薬調査局)の領分だと言って調査の中止を命じ、新たに調査官キースと、レオーナの相棒としてジェリーがやって来る。そんな時、麻薬王レイモンとジャマイカ人の抗争の現場で再び惨劇が起こる。人間では太刀打ちできない相手にやられたことでその場所は悲惨そのものだった。駆けつけたハリガンらは唯一の生き残りのレイモンの愛人が「悪魔がやって来た」とつぶやくのを聞く。

★スタッフ
監督:スティーブン・ホプキンス(関連作品:『エルム街の悪夢5 ザ・ドリームチャイルド』)
脚本:ジム・トーマス、ジョン・トーマス
撮影:ピーター・レビ
音楽:アラン・シルベストリ

★キャスト
ダニー・グローバー、ゲイリー・ビューシイ、ルーベン・ブラデス、マリア・コンチータ・アロンゾ、ビル・パクストン、ロバート・ダビ、モートン・ダウニー・Jr、ケヴィン・ピーター・ホール、アダム・ボールドウィン、カルヴィン・ロックハート、スティーヴ・カーン、リリアン・ショーヴァン、ヘンリー・キンジ

★『プレデター2』の評価

IMDbRTMETA
6.327%??
映画comY!FM
3.0???3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『プレデター2』の感想

●FILMAGA 
1ではムキムキマッチョマンの兵士と戦いましたが、2では刑事と戦います。やはり前作と比べて人間側のインパクトが弱めですが、それでも2作目なりに頑張っているほうだと思いました。都会のど真ん中では、あまり怖くないという欠点がありますが、身近な場所で恐怖の存在がいるという底知れないスリルはあります。序盤から爆発・銃撃とド派手な演出が続くあたりは、アメリカ映画のとりあえず派手に行こうという精神が暴走していたかな。
●DAILYMOTION 
ツッコミどころは切りがないけど、プレデターの造型ブラッシュアップとキャラの深掘りには多少の興味深さもあってそこそこ楽しめました。前作と同じように、目に焼き付くグロテスクなシーンは割と多めで、ギャングメンバーがプレデターに襲われて吊るされているシーンなどトラウマ級のものも多数。このシリーズの魅力はどこにあるのかという解釈で評価が割れてしまうのだと思うが、そこは個人の問題なので難しいところなんですが…。