チキン・リトル(2005)

勇気さえあれば失敗を乗り越えられる!

映画『チキン・リトル』のフル動画を無料視聴する有用な方法をひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『チキン・リトル』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Chicken Little / アメリカ(2005年) / 日本公開:2005年12月23日 / 81分 / 制作: / 配給:ブエナビスタ / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:3億1400万ドル

Chicken Little trailer

(C)DISNEY ENTERPRISES, INC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】初心者有利
VOD2【Hulu×】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『チキン・リトル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フリーなウォッチをお試しあれ
世界的に大人気で圧倒的なファンの数に支えられているアニメ映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、難しくはありません。なかなかディズニーブランド作品は観放題で取り扱われることはないのですが、単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプならば、しっかり揃っているものも多いのでチェックする価値ありです。

「無料」より安いものなし!
体験者の評判こそ最高の宣伝材料ですが、その好評意見は「無料で試せてサイコー!」などウキウキしたものばかりです。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「無料だし同じような映画ばかりじゃないの?」「それはずっと似たような動画しか見れないオチでは」いいえ、そんなことはないです。配信作品数は1000以上は軽く超えることが普通。まず見きれないと思います。新作も順次追加されているのですから。マーク・ディンダル監督の「チキン・リトル」もアリ。

オフィシャルじゃないと!
不正な動画ウェブサイトは言うまでもないのですが適法性・実用性の二点で非推奨。それでザック・ブラフも出ている「チキン・リトル」の視聴はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。どんなにあなたがインターネットのスキルや経験に長けていても、それは虚しく隙をつかれるので防げないものはとことんどうしようもないのでご注意を。

迷ったときは?
劇場公開作品もいつかはネット配信になるものです。何気なく待っているうちにそのときはあっけなく訪れます。ここで動画氾濫警報です。あなたの見たい映画が大量の動画に埋もれてしまい、退避する時間もなく、捜索に時間がかかることもあります。そのためには準備が必要でしょう。アニメーション「チキン・リトル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの動画リンク下部にアイコン表示があるならばそれこそ配信アクセス可能なお知らせです。数が多ければ多いほど選択肢は増えます。気分でも選んでいいですし、できれば動画の有無だけでない要素も検討材料に。思わず定期アクセスしたくなるような全世代の映画ファンが通いたくなる場所がここには用意されているのです。オーダーメイドなデータベースサイトがコチラです。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「過激な内容とか、アダルトな映像だったら、どうする?」という疑念です。細かく設定可能なフィルターはないですが、その代わり、子ども仕様にアカウントを切り替えることができます。これで大人向けの作品が表示されることはなくなります。ちゃんとキッズ作品のみに整理することが可能です。家族で好みも違うので、私はこれが見たいという需要があるときに、喧嘩するかもしれませんが、使い分けでトラブルも回避できます。逆に中には完全な大人オンリーの動画を集めたサービスも別個にある場合も。

フェアにオススメします
他の配信動画紹介サイトでよく見られる光景は、サービスをズラリと掲載しつつも、結局はひとつのサービスだけに固執して推薦してくるパターンです。それは個別のレコメンドにまで配慮が行き届いていません。たいていは利益重視で高いものを選択してきます。フルムビバースの場合は、視聴可能なVODを情報に基づいて示して、該当動画リンクへと促すだけ。フェアであることを最優先にしているので、公正さについてはどこよりも自信があります。単純に「チキン・リトル」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、ディープなメモリアルに残っていく出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
一般的な手を出しやすい動画サイトは確かに便利で何よりもすぐにアクセスできるというご近所コンビニ感覚があります。しかし、課題は山積みで、それに妥協しながらの利用となっていました。例えば、嫌ほど経験しているでしょうが、低品質で中身のないコンテンツが溢れかえっている状態です。誰でもアップロードできるのですからこうなるのも自然的。視聴しないと判断できないのも面倒です。VODはそうなることなく、なによりも信頼できる運営による動画提供なので気に悩むことなし。「チキン・リトル」に最適の優良動画のみのジャストマッチするサービスなのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと本音で思ったことはありませんか? ディズニーアニメ映画「チキン・リトル」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

『チキン・リトル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月26日時点での『チキン・リトル』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『チキン・リトル』をさらに知る

小さな臆病者が勇気を持って人生を変えていくディズニーアニメーション。今こそ勇気を胸に自分の可能性を広げる時が来た。チキン・リトルは野球選手の父を持つ、とってもチビな男の子。いつも大きな眼鏡をかけていて、頑張ればいつかヒーローになれると信じているが、何をやっても失敗ばかりだった。このまま何もできずに人生は終わってしまうのだろうか。ある日、街に現れたエイリアンの宇宙船にうっかり潜り込んでしまい、迷子になったエイリアンの子供と出会うのだが…。

★スタッフ
監督:マーク・ディンダル(関連作品:『ラマになった王様』)
脚本:スティーブ・ベンチック、ロン・J・フリードマン、ダン・ガーソン
音楽:ジョン・デブニー

★キャスト
ザック・ブラフ、ジョーン・キューザック、ゲイリー・マーシャル、パトリック・スチュワート、スティーヴ・ザーン、ドン・ノッツ、エイミー・セダリス、ウォーレス・ショーン、ハリー・シェアラー、フレッド・ウィラード、キャサリン・オハラ、パトリック・ウォーバートン、アダム・ウェスト、マーク・ディンダル、ジョー・ホワイト、ケリー・フーヴァー、ウィル・フィン、ダラ・マクギャリー、マーク・ケネディ

★雑学(トリビア)
・1943年にアメリカで短編として同じ題材の作品がディズニー製作のもと公開されたことがある。

★『チキン・リトル』の評価

IMDbRTMETA
5.837%??
映画comY!FM
2.9???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『チキン・リトル』の感想

●映画無料夢心地
あんまり日本でヒットしなかった気がするけど、今見ると良い話で、全然悪くないと思いました。ディズニー作品初の3D作品として、非常にチャレンジの多いものですが、実はリメイクなのですね。だからかキャラに古さを感じます。主人公はキュートですけど、声は可愛くないというかなんであんな吹き替えにしてしまったのかな。まあ、好みの問題ですけど。当時はCMで「恋のマイアヒ」を踊っているチキン・リトルに心を奪われたものですよ。
●DAILYMOTION 
お姫様やイケメンばかりを主人公にしているディズニーにとって、今作はとても新しいことをしている。なにせ全員がダメキャラなのだ。チキン・リトルとその級友たちは要するにスクールカースト最下層の「イケてない奴ら」であり、チビ・ブス・デブ・変人という風にキャラ付けされている。昔のディズニーならサブキャラ扱いである。それをあえてメインに持ってくるのは大変だったろうが、結果的にとても身近なメッセージを導き出すドラマだった。
●CRUNCHYROLL  
この映画の製作にいたるまでにディズニーはかなりゴタついている。なのできっとアニメーターたち製作陣は苦労しまくったのだろう。そういう意味では「お願い、ボクたちに一度だけチャンスをください」というキャッチコピーは、まさにディズニーの状況と一致している。この後にディズニーは復活を遂げていく歴史をしっていると別の視点で感動してしまいそうになるのも無理はない話ではないか。この頃のディズニーはチキンだったのだ。