トレジャー・プラネット

ディズニーが贈る新たな冒険の始まり

映画『トレジャー・プラネット』のフル動画を無料視聴する的確な方法をひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『トレジャー・プラネット』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Treasure Planet / アメリカ(2002年) / 日本公開:2003年7月12日 / 96分 / 制作:Walt Disney Feature Animation / 配給:ブエナビスタ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】字幕or吹替
VOD2【Hulu×】安定再生
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)

▼『トレジャー・プラネット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フリーなウォッチをお試しあれ
心躍る大冒険が待ち受けるアドベンチャー大作はそれだけのワクワクが世界観に詰まっている証拠です。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるよりもネット配信はラクチン。パッケージディスクを手にしてしまった後に配信に気づくのはガッカリなので要チェックです。ディズニーブランドは見放題ではないことも多いですが都度課金タイプなら安心。

「無料」はやっぱり魅力的!
これだけは必須で覚えてほしい部分がひとつ。それは機能の制限など何もないトライアルを無料でできるという特典の導入アシストです。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。ロン・クレメンツ監督の「トレジャー・プラネット」も配信中。

アウトエリアには手を出すな!
不正な動画ウェブサイトは恐ろしいだけであり適法性・実用性の二点で非推奨。それでジョセフ・ゴードン=レビットも出ている「トレジャー・プラネット」の視聴はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。現実的に合法的にも理想的にも、答えはひとつしかありません。最良の正攻法はいつでも変わらないので、過ちを犯さないようにしましょう。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。動画さえあればエンタメに困窮しませんが、VODで「これだ!」という狙いの映画あるならば少し注意すべきことがあります。配信しているのかという根本的な話です。ディズニーアニメーション「トレジャー・プラネット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。ネットの検索に引っかかるランキングページやアンテナブログページへのリンクを張っている他サイト。あんな時間を無駄にする誘導コンテンツはここではノーサンキューです。なお、どんなに配信状態を正確にリアルタイムで反映していたとしても、それは流動性には対応しきれません。今日の中身は今日、自分でラスト確認するのを推奨します。

あなたはどっち派?
突然ですが「字幕or吹き替え」選手権の開催です。赤コーナーからは字幕派の屈強なアタッカーが登場。すかさずオリジナルの良さを味わいやがれとストレートパンチを決めます。対する青コーナーの吹替派の攻撃性抜群の相手は、字を重ねるなどそれこそ映像への侵害だと勢いよくアッパーを決める。なかなかどうすることもできないバトル。勝負は一体どちらに女神が微笑むのか。そんな痴話げんかもVODならば一切の場外乱闘。設定で選択できるわけですから好きなように選ぶかどっちとも見るのも一手。アドベンチャーアニメ映画「トレジャー・プラネット」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
初めてのVODであるならば、初心者特有のわからないことがポンポンと沸いてくるものです。まず最初の壁は登録だと思うのでしょうが、これが思っている以上に簡単に飛び越えられるハードルです。難解だと思っているならそれは誤解の山です。登録と言っても複雑な審査があるわけでもなく、要するにアカウント作成なので、必要最低限の情報入力のみで完結。時間に換算すれば1分程度で完了するような手短さ。ちょっとした空き時間でも可能な作業量です。もちろん登録が終わればすぐに作品動画を視聴開始できます。あとは「トレジャー・プラネット」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。ワクワクする映像がてんこ盛りの「トレジャー・プラネット」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

その動画サイトは使える?
「トレジャー・プラネット」を無料ウォッチングする手段はどれどれ…「dailymotion」「Pandora」「Miomio」「BiliBili」「openload」「vidia」…それこそまだまだ候補が出てくるかもしれませんが、これらの名称は要注意です。なぜなら違法度の高いものだからです。正しく潔白で無料で見るには選択肢はわずかしかありません。無料お試しの活用か、完全にフリーでアップされた公式の動画を見るか。それ以外はアウトなものだと考えてください。Google検索では最初に表示された動画が違法アップロードだったりするので迂闊に信用しないように。

『トレジャー・プラネット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月26日時点での『トレジャー・プラネット』の動画配信
  • 「ビデオマーケット」です。

▼『トレジャー・プラネット』をさらに知る

世界中で愛され続ける不朽の冒険小説「宝島」をディズニーがアニメーション映画化。製作はロン・クレメンツ、ロイ・コンリ、ジョン・マスカー。父親に捨てられ、未来への希望を失っていた15才の少年ジム。ある日伝説のトレジャー・プラネットへの地図を手に入れたことから、宇宙船レガシー号に乗って旅立つ。その先には自分が追い求める喜びの発見があると確信していた。料理長のジョン・シルバーと出会い、宇宙で生き抜くための様々な知恵を彼から学ぶうちに、ジムは次第に父の姿をシルバーに重ねていく。だが、新しい可能性を探していく希望に満ちた航海の行く手には恐るべき陰謀が待ちかまえていた…。

★スタッフ
監督:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー
脚本:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー、ロブ・エドワーズ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★キャスト
ジョセフ・ゴードン=レビット、ブライアン・マーレイ、エマ・トンプソン、デヴィッド・ハイド・ピアース、ローリー・メトカーフ、マーティン・ショート、マイケル・ウィンコット、ロスコー・リー・ブラウン、コーリー・バートン、パトリック・マクグーハン、オースティン・メジャース

★『トレジャー・プラネット』の評価

IMDbRTMETA
7.169%??
映画comY!FM
3.3???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『トレジャー・プラネット』の受賞
第75回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネート。

★『トレジャー・プラネット』の感想

●シネマトゥデイ  
なんといっても作っているのはあの天下のディズニー。アニメーション技術は一流で、見惚れるほどよく動く。これだけ気持ちよくヌルヌルと動いてくれればそれだけで楽しい。2Dと3Dを融合させた技術的にもかなりレベルの高い一作といえるだろうし、きっとこういうタイプのアニメはもうディズニーは作らないのだろうと思うと貴重でもある。オリジナルではなく過去の名作を現代に通じる形でアレンジするのもいつものディズニーであり安心感がある。
●CRUNCHYROLL  
本格派SFでヒロイン不在のブロマンスものという、ディズニー映画としてはとても異色な作品。華やかさや恋愛といったお決まりのキラキラした要素を排除した点、他のディズニー作品とは違った古典SF的ワクワク感をメインにしたアドベンチャーであり、最初から最後までエネルギッシュな熱量を維持してくれる。出会いと別れを繰り返し、前途多難に満ちた色々な経験を積みながら「本当に大切なもの」に気付く王道展開はなんと安定しているのだろうか。
●イオンシネマ 
ジョン・マスカー&ロン・クレメンツの監督5作目。ふたりがスティーヴンスの名作「宝島」の宇宙バージョンの企画を初めて提案したのは、「リトル・マーメイド」と同じときであったそうだが、色々と上手くいかず、やっとこの時期になってスタートできたという。しかし、製作費は膨れ上がり、興行的には失敗。でも、このアドベンチャーのノリは「モアナ」に活かされている。こうやって作品はバトンタッチするようにつながっていく。感動する。