地獄の黙示録(1979)

コッポラが描く戦争映画の金字塔

映画『地獄の黙示録』のフル動画を無料視聴する方法をひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『地獄の黙示録』を見るなら動画リンクをチェック。

フランシス・フォード・コッポラ監督が1979年に発表した傑作戦争映画。ジョゼフ・コンラッドの小説「闇の奥」を原作に、舞台をベトナム戦争下のジャングルに移して戦争の狂気を描く。製作はフレッド・ルース、グレイ・フレデリクソン、トム・スターンバーグ。サイゴンのホテルに滞在していたアメリカ陸軍のウィラード大尉は、軍上層部からカーツ大佐の暗殺を命じられる。それはある異常な行為に身を投じてしまった暴走者だった。カーツ大佐は任務で訪れたカンボジアのジャングル奥地で勝手に自らの王国を築きあげ、軍から危険人物とみなされていた。恐ろしい光景を想像しながら、ウィラード大尉は部下たちを連れ、哨戒艇で川をさかのぼってカーツ大佐の王国を目指す。しかし、その途中で戦争がもたらした異様な光景は明らかに想像を超えるものであり、悲惨な現状を次々と目撃する。

原題:Apocalypse Now / 製作:アメリカ(1979年) / 日本公開:1980年2月16日 / 153分(202分) / 制作:Omni Zoetrope / 配給:

『地獄の黙示録 劇場公開版』 予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『地獄の黙示録』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作でも楽しめる!
人間の闇を全面に描いた戦争の大作は見るのもキツイことはありますが、それでも見逃すには惜しい素晴らしい名作でもあります。そんな歴史的な一作をお得に見たいときは、まず動画配信サービスで確認してみましょう。レンタルでDVDを借りるのもいいですが、このサービスであれば、ウェブサイトにアクセスするだけですぐに視聴できるのでこれ以上の楽なものはありません。とくに好きな視聴メディアで見られるのは他にはないメリットです。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。この耳寄りな情報は今の作業を一旦中断してでもメモしておきたいものです。なにせ一定の期間に限るかたちで無料お試しが可能なのですから、それはまるで無料動画スタイルです。「無料期間中に解約して支払いをしないのは利用規約ルールに違反するの?」それはダメなことではないのです。当然そのまま登録利用してもらう方が運営側は喜ぶと思いますが。結局は利用者の意思です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「地獄の黙示録」の鑑賞はダメです。問題点はそこかしこにあります。動画を再生することはできても唐突に広告が大音量で表示されて視聴を妨害したり、どこかをクリックするたびに意味不明なサイトにリダイレクトされたり、とにかく鬱陶しいです。無論、違法でもあります。当然であってあえて書くことでもないですが、違法である以上は利用者も有罪ですので、不正は必ず仇となって返ってきます。

あなたの選択は自由!
作品のデジタル普及は近年になって著しく拡大し、VODはそのメインストリームとして市場を牽引しています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「地獄の黙示録」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人の見たい映画は個人で違うものです。世間が騒ぐ作品を視聴したい要望も、マニアックな珍作を求める声も全部拾うなら、大変なことですが、VODの入り組んだ配信状況はここで確認してください。思わず定期アクセスしたくなるような全世代の映画ファンが通いたくなる、オーダーメイドなデータベースサイトがコチラです。時の流れは残酷なもので、明日にこの作品を見ようと思っていても、当日に配信終了ということも。ラストのチェックは入念にしましょう。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

高画質で見られる?
今のインターネット動画のクオリティを知っている人ならともなく知らないのならば驚きます。すでにDVDを通り越してスマホですらも4K標準になりつつあり、シネマモードを搭載して映画鑑賞に最適化された視聴をサポートするものまで出現。ネット動画=低品質という認識は古いのです。「それだと重いから通信制限がなぁ」という不満があるなら、事前にWiFi環境でダウンロードして動画をローカル内で観れる機能もあったりします。これで通信制限に引っかかることはないので怖くはないです。「地獄の黙示録」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
スマホで映画を観ている人は信じられないかもしれません。それは何か? ホームシアターの世界です。名前は聞いたことはあっても無料ばかりを先行させているととてもじゃ手が伸びない代物。でもそのハイクオリティは個人の自宅映画館と呼ぶべきスケールで、動画鑑賞の次元が大きく激変するのです。「地獄の黙示録」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「地獄の黙示録」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『地獄の黙示録』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『地獄の黙示録』をさらに知る

★スタッフ
監督:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:ジョン・ミリアス、フランシス・フォード・コッポラ
撮影:ビットリオ・ストラーロ
音楽:カーマイン・コッポラ、フランシス・フォード・コッポラ

★キャスト
マーロン・ブランド、ロバート・デュバル、マーティン・シーン、デニス・ホッパー、フレデリック・フォレスト、アルバート・ホール、サム・ボトムズ、ローレンス・フィッシュバーン、G・D・スプラドリン、ハリソン・フォード、スコット・グレン、コリーン・キャンプ、リンダ・カーペンター、シンシア・ウッド、トム・メイソン

★『地獄の黙示録』の評価

IMDbRTMETA
8.596%94
映画comY!FM
3.93.913.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『地獄の黙示録』の受賞
第52回アカデミー賞で撮影賞、音響賞を受賞。

★『地獄の黙示録』の感想

●映画無料夢心地 
前編通して、これが本当にセットなのかと疑うくらいのクオリティ。というかこれは戦争してますね、実際。カーツ大佐がウィラード大尉により斬殺されるシーンと、牛の斬殺シーンがリンクして、この物語自体に畳み掛けるように終焉を迎えさせている感じが、ゴッドファーザーシリーズで主人公が敵を大量粛清するのと対照的に、宗教的な場面を同時進行で展開しているシーンに似たところを感じて、コッポラの作品のこだわりを見せつけられました。
●TOHOシネマズ  
戦争とは狂気だということを証明するために、本当に狂った映画を作ってしまうという驚異の一作。もはやドキュメンタリーよりも恐ろしい生々しさが映像に漂っている。ワルキューレの騎行のシーンに代表されるようなインパクト大な演出が畳みかけられ、人は戦争を常識で捉えることは無駄なんだと自覚する。最後のカーツ大佐の哲学的なセリフは退廃的な映画と相まって非常に興味深い。戦争を風刺した作品としてはこれを超えるものはないだろう。
●ユナイテッドシネマ 
正義のために戦争は必要だという人がいる。しかし、戦争は善悪などという冷静な概念など粉々にできる。意味のない殺し合いを続けていけば、当然気がおかしくなる。正気を失えば暴力に歯止めなど効かなくなる。あとはもう暴走していくだけ。それを映像化したこの映画は、まさに黙示録にふさわしい。この世の終わりはもうとっくのとうに来ているのだ。血にまみれた絶望の世界を作ったのは人間であり、それで死ぬのも人間。地獄は人間のためにある。