ライフ / Life(2017)

全ての命が砕かれる恐怖のSFホラー

映画『ライフ』のフル動画を無料視聴する方法を最速でひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『ライフ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Life / アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年7月8日 / 103分 / 制作:Skydance Media / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

映画『ライフ』予告編

(C)2016 CTMG, Inc. All Rights Reserved.


▼『ライフ』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】字幕or吹替
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ライフ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フルウォッチングの機会です
恐怖が背中を這うような恐ろしいスリラー映画はたまに見たくなる魔力を持っています。そんなときは人気急上昇中の動画配信サービスを活用しましょう。緊迫感ある映像をスマホでこっそり観るもよし、家でテレビの大画面で満喫するもよし。視聴スタイルは自由自在。好きなタイミングで自由に鑑賞できます。加えて、無料のお試し期間の利用で、その映画も無料鑑賞できるともあれば、手を出さないなんて選択肢はないでしょう。解約も数ステップなので、あまり躊躇せず気軽に試すことができます。あなたの見たい映画が、たくさんある動画配信サービスの中のどれで配信されているのか。その疑問については、このページを参考にしてください。フルムビバースでは、各作品ごとに配信しているVODを一覧にして整理。あくまで平等に紹介しています。このジャンルの映画はどの音声で見るかも鑑賞体験を左右しますが、字幕と吹き替え、双方ともにクオリティが高いので、どちらでも満足できるでしょう。時間があれば、どっちでも鑑賞して比べてみるといいです。わずかな雰囲気の違いを楽しめます。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。どんな場合でも出発地点はありますが、これはそのあなたの利用スタート日を元に無料お試しの期間が始動。当然、ユーザーごとにその開始日は違いますが、期間は決定済み。公式サイトでもよく説明がされている「動画が無料で視聴できるのは本当ですか?」という質問ですが、どうしてもそんな都合のいい話があるわけはという不安が見え隠れしますが大丈夫です。ダニエル・エスピノーサ監督の「ライフ」もアリ。

それは予期せぬ最悪!
不正な動画ウェブサイトは何に変化するかもわからないもので適法性・実用性の二点で非推奨。それでジェイク・ギレンホール出演の「ライフ」の視聴はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。当然であってあえて書くことでもないですが、違法である以上は利用者も避けようがないレベルで有罪と紙一重ですので、不正は必ず仇となって返ってきます。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。気を抜くのはストップ。「登録して覗いてみたら自分の求めている動画作品はどこにもない!」という苦情は主に確認不十分のミスです。チェックを怠るとこうなります。レベッカ・ファーガソン出演の「ライフ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。頭に「はてなマーク」を永遠に漂わせているわけにはいきませんし、サクッと消し飛ばしましょう。このページのVODリストは配信状況の把握のサポート素材に使えるので賢く利用すれば動画がグッと近づきます。一部の簡素なサイトは特定VODしかオススメせずに掲載情報は変わらないですが、フルムビバースは質と量ともに鮮度が命。レコメンデーションはアイコン数に応じて無料視聴ルートが倍増していることを意味します。つまり、選択肢は無料の数が増えるということに。動画までの道のりはあとはドアを2枚3枚くぐるのみ。

字幕・吹替、選択は自由
外国映画は多種多様ですが、字幕と吹替どっちで見るでしょうか。それを選ばないと動画もわからないです。俳優の素の演技を声たっぷりで拝みたいならば、字幕で満喫できますが、文字が追加されるので画面が汚れる感じもあります。吹替は映像専念できるのですが、それを誰が担当するかで好みはわかれ、芸能人吹き替えにはトラウマがある人も多いでしょう。自由チョイスでいいので、あなたの好きなものをセレクト。判断に困るなら比べるのがわかりやすいです。「ライフ」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、批判を受け入れることになるのは常に運営側なのでしょうか。ユーザーの通信環境の影響も大きいです。ライアン・レイノルズ出演のスペースパニック「ライフ」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

パスワードは大事
バリエーション豊富なVODラインナップに夢心地になる前に「使い方」を知るべきです。いや、それよりも前に大事なのはパスワードです。「え? そんなのは自分の覚えられる簡単な数字の羅列でいいでしょ?」そんな考えだとあなたの油断が元凶となってしまい、簡単にアカウントを乗っ取られてしまいます。多くの他サービスでパスワード流用すると一気にリスト攻撃で第三者にログインされてしまうことがあります。絶対に固有のパスを考えて、面倒でもメモしておくのが推奨されます。安全な「ライフ」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

高画質で見られる?
今のインターネット動画のクオリティを知っている人ならともなく知らないのならば驚きます。すでにDVDを通り越してスマホですらも4K標準になりつつあり、シネマモードを搭載して映画鑑賞に最適化された視聴をサポートするものまで出現。これはもう映画のための贅沢と言えます。ネット動画=低品質という認識は古いのです。「それだと重いから通信制限がなぁ」という不満があるなら、事前にWiFi環境でダウンロードして動画をローカル内で観れる機能もあったりします。これで通信制限に引っかかることはないので怖くはないです。真田広之出演の異次元生命体ホラー「ライフ」の動画を楽しみましょう。

『ライフ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月16日時点での『ライフ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ライフ』をさらに知る

ライアン・レイノルズ、ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、真田広之が共演し、地球外生命体を調査していた6人の宇宙飛行士が密室の無重力空間で直面する恐怖を描いたSFスリラー。製作はデビッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ、ボニー・カーティス、ジュリー・リン。国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは火星探査機の回収に見事に成功した。すぐに探査機が持ち帰ったサンプルを分析した結果、地球外生命体の存在を示すものであることが判明した。世紀の大発見に喜び沸くクルーだったが、実験の過程でサンプルが知性を持つようになったことが判明する。それは科学の予想をはるかに超える事態。急速に成長するサンプルによってISSに閉じ込められたクルーは、地球を守るために孤立無援の状況下で戦うことになる。しかし、カルビンと名付けられたそのサンプルは異常なまでに進化、驚くべき力でクルーの命を脅かすことに…。

★『ライフ』のスタッフ
監督:ダニエル・エスピノーサ(関連作品:『チャイルド44 森に消えた子供たち』)
脚本:レット・リース、ポール・ワーニック
撮影:シーマス・マッガーベイ
音楽:ヨン・エクストランド

★キャスト
ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、真田広之、アリヨン・バカーレ、オルガ・ディホビチナヤ

★インタビュー
・真田広之「ちょっと芝居がかった演技をしたり、色気を出してみたりすると、スパッと見抜かれて、そんなのはいらないと言われました。英語のセリフということもあって、こちらはハッキリと発音しようとしますが、そんなにはっきり発音しないでくれ、セリフに聞こえるから、と(笑)」

★『ライフ』の評価

IMDbRTMETA
6.668%54
映画comY!FM
3.33.363.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ライフ』の感想

●無料ホームシアター 
予想外に怖い映画でした。情報をあまり入れずに見るのがオススメです。そもそもこの作品自体が、登場人物も状況がわからず恐怖に襲われるという物語なので、事前の知識がゼロのほうがシンクロしやすいです。それにしてもかなりグロいというか、痛々しいシーンも多く、目を背けたくなる場面もチラホラ。とくにあれは…嫌だなと想像してしまうとゾッとする。そんな最悪がそのままどんどん現実化してしまうジェットコースター感が魅力です。
●シネマトゥデイ 
内容は「ゼロ・グラビティ」+「エイリアン」といった雰囲気で、決して新しいわけではないのですが、クオリティが高く、見ごたえがあります。この手のパニック映画、スリラー映画のネックな点として、出演俳優のレベルで「まぁこの人は生き残るだろうなぁ」とか分かっちゃうという最大の弱点に対して、全員キャストを豪華にするという方法で回避。そして待ち受ける、何といってもあのラスト。これぞ最高のオチ。いいものを見たな~。
●イオンシネマ 
火星で見つけた単細胞生物が宇宙船でレッツパーティ!な映画。やってることはエイリアンとそう変わらないけど、あの倒せそうにない生命体がどんどん際限なくパワーアップしていき、恐怖しかない。大抵全ての行動が裏目に出る。人間の愚かさがよくでている。ハラハラドキドキをずっと満喫できるという意味では、最高のエンターテインメント。暇な時間に観ておけば、その無意味な時間を色鮮やかな興奮で満たしてくれます。