ランボー 怒りの脱出

再び戦場へ。「ランボー」シリーズ第2作

映画『ランボー 怒りの脱出』のフル動画を無料視聴する方法をひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『ランボー 怒りの脱出』を見るなら動画リンクをチェック。

大ヒットアクション『ランボー』シリーズの第2作。製作総指揮はマリオ・カサール、アンドリュー・G・バイナ。閉鎖的な田舎町で警察を相手に激闘を繰り広げたベトナム帰還兵ランボーは刑務所に服役していた。もう再び自由は手に入らないのだろうか。そんな彼が、ベトナムで行方不明になった兵士(MIA)の調査という特別任務に就くことを条件に釈放される。そこの場所では危険性も多く、普通の兵士は送りこめないので、ランボーが抜擢されたのだった。現地での戦闘行為は厳禁とされていたが、米兵捕虜が虐待されているところを見たランボーは命令を破り、救出に乗り出す。

原題:Rambo: First Blood Part II(「ランボー2」) / 製作:アメリカ(1985年) / 日本公開:1985年8月3日 / 96分 / 制作:Carolco Pictures / 配給:東宝東和 / 製作費:2500万ドル / 興行収入:3億万ドル / 前作:『ランボー』 / 次作:『ランボー3 怒りのアフガン

ランボー 怒りの脱出 予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『ランボー 怒りの脱出』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画でも白熱を体感!
知る人は知っているあの人気俳優が堂々たる雄姿を見せる主演作は思わず観てしまうほどの魅力があります。そんなパワフルでエネルギッシュな作品を観たいときは、動画配信サービスがオススメです。ネット配信なのでシリーズものに強いです。作品を一気見するなら最適。一番困るのは作品抜けがあって一部が見れないことですが、このサービスであればそのような事態は起こりません。観たいと思ったときに連続してどんどん鑑賞ができます。

「無料」を嫌う人はいない!
初トライするなら無料お試しを無視はできないでしょう。これを使わずしてVODの真価を計るなど言語道断です。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ランボー 怒りの脱出」の視聴はダメです。問題点はそこかしこにあります。動画を再生することはできても唐突に広告が大音量で表示されて視聴を妨害したり、どこかをクリックするたびに意味不明なサイトにリダイレクトされたり、とにかく鬱陶しいです。無論、違法でもあります。オフィシャリティのあるサービスならば、一切の危険性もなく、フルパフォーマンスで動画を大満喫できるのです。

あなたの選択は自由!
作品のデジタル普及は近年になって著しく拡大し、VODはそのメインストリームとして市場を牽引しています。ただしという嫌な追加分を書かないといけませんが、注意点がないわけではありません。最適な配信サービスはどれ?という解析が多少は必要になってくるのです。「ランボー 怒りの脱出」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。体験をできる機会はいつあるかもわかりませんので、何も確かな断言はできないのですが、観たいと思ったときが観る方が良いでしょう。

字幕・吹替、選択は自由
海外の外国語映画ならば選択しないといけないのは「字幕」か「吹き替え」か。この二択は日本特有のジレンマを発生させます。なぜなら日本語は言葉の量が長いこともあって、どうしても翻訳上の範囲におさめるためには省略が増えてしまうのです。ピュアな気持ちとしては原語重視で楽しめると良いのですが、そんな語学力はない。となるとやっぱり翻訳してもらうしかない。どちらがいいのかという問題になります。元も子もない言い方をすれば、比べるのが最良。「ランボー 怒りの脱出」の面白さの発見につながるかもしれません。

広告ブロックに気をつけて
すぐさま動画を見たいのは当然の欲求であり、何かしらのサイトのリンクをクリックすることになるのですが、でも全然反応しない事態に遭遇したことはありませんか? 「ポップアップがブロック…?」という聞きなれないエラーメッセージに大慌て。あたふたしていると時間だけが過ぎていく。先ずこうなったときは広告ブロックツールを疑いましょう。もしくはセキュリティソフトです。一度それらを停止にしてみて同じ症状がでるかを確認するのです。「ランボー 怒りの脱出」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

動画はフルの方がいい
映画を観る手段はいろいろですけども、見られる内容が同一とは限りません。例えばテレビで放映される映画。昔から気軽に鑑賞できる形態として一般化していますが、これは編集が加えられ、シーンカットされているケースが多いです。尺を放送時間におさめるための避けられないことなのですが、フルで見れないので、映画の重要シーンや展開が削られていたりも。VODは制約無しなのでそんな心配は要りません。「ランボー 怒りの脱出」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
俳優の姿にキャーキャーと黄色い悲鳴を上げるのも映像コンテンツの醍醐味であり、ついつい夢中になってしまうこと。あんなドキドキのセリフ、刺激的な仕草、目線の動き、大胆な熱演、メロメロな愛嬌…全てがご褒美になる嬉しい大サービスです。VODは俳優出演作の抽出ができるので、イチオシをプッシュするのもラクです。「シルベスター・スタローン」の怪演に圧倒されたいのでは? その強い欲求はあなたがいつのまにかそのパフォーマンスに魅入られている証拠。けれどもおカネのハードルは無慈悲。そこでVODの手を借りるのは悪くはないです。

『ランボー 怒りの脱出』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ランボー 怒りの脱出』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョルジ・パン・コスマトス
脚本:ジェームズ・キャメロン、シルベスター・スタローン
撮影:ジャック・カーディフ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

★キャスト
シルベスター・スタローン、リチャード・クレンナ、チャールズ・ネイピア、マーティン・コーブ、スティーヴン・バーコフ

★『ランボー 怒りの脱出』の評価

IMDbRTMETA
6.4??%??
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ランボー 怒りの脱出』の感想

●無料ホームシアター
再び地獄へと舞い戻る人間兵器ランボー! コブラのジョージ・P・コスマトス監督、ジェームズキャメロンとの共同脚本での2作目。前作は名作でしたが、本作は迷作かも知れません。でもこの2作目があってこそのランボーなのです。結局、ランボーのような戦場に堕ちた人間は、戦争の道具でしかない。この悲しい現実を暴力的な要素を隠しもせず、突きつける本作は、素直なのだろう。平和という言葉を安易に口にしないほどに。これが暴力の罪だ。
●シネマトゥデイ 
本作の製作は1985年。冷戦の終わりが見え始めた頃。狂気に侵食された70年代を振り払うかのように、色々な意味で派手で大味な作品が多かった時期だと思います。この映画も1985年度のラジー賞にて、最低作品賞・最低主演男優賞・最低脚本賞・最低主題歌賞の4部門を受賞しているほど批評家の評価は低いですが、ある意味、人は戦場に戻ってしまう恐怖を予言していたのではないですか。これがただのバイオレンス作品ではないことを確認して下さい。
●ユナイテッドシネマ
まさか批評家もこの後、アメリカが世界のテロ事件の引き金を引く戦争を起こして世界を混沌に叩きこむと予想しなかったでしょうね。この作品はそんなアメリカの戦争に依存している状態をいち早く予言していたのです。ランボーはただの筋肉男ではない。暴力という名のコミュニケーションをとるしかない男の姿を通して、私たちに負の連鎖を教えているのです。それがこんな結末になるのも納得です。だって今だって最悪の状況ではないですか。
●イオンシネマ
今作のランボーは弓を扱い、鏃に火薬が仕込まれた矢を射って大暴れ。まさに人間兵器。ひとりで軍隊でも倒せてしまうので、もはや敵はいない。隠密行動であるべき救出劇をド派手なやり返しを盛り込んだ事も画期的で、ひたすらカタルシスを高めることに純化しているので、こういうジャンルが好物の捕食者の諸君は満足してしまうのもしょうがない。現在では本作はネタ的な取り扱いになっているらしいが、そんなのは言語道断ではないか。