ボウリング・フォー・コロンバイン

マイケル・ムーアが迫るアメリカの銃社会

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のフル動画を無料視聴する有用な方法を、ひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『ボウリング・フォー・コロンバイン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Bowling for Columbine(「ボウリングフォーコロンバイン」) / カナダ・アメリカ(2002年) / 日本公開:2003年1月25日 / 120分 / 制作:Alliance Atlantis / 配給:ギャガ・コミュニケーションズ

ボウリング・フォー・コロンバイン(字幕版)

▼『ボウリング・フォー・コロンバイン』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】多機能視聴
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
FOD ▼FOD(1か月)

▼『ボウリング・フォー・コロンバイン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

絶対に使うべき!
ドキュメンタリーは難しいものだと思っていませんか。実は初心者でも簡単に楽しめて敷居の低い作品はいっぱいあります。でもレンタル店でDVDを借りるほどの気持ちにはならない。そういうときは動画配信サービスを利用してみましょう。これはネット配信なので、簡単に借りたりできますし、場合によっては見放題対象になっているかもしれません。気軽にスマホで見るのも、ちょっとした時間の暇つぶしになっていいものです。

「無料」は全て初心者のため!
お得さをお知らせする特別コーナーはここからスタート。それは人生を豊かにさせてくれます。無料お試しのトライアルでハッピー気分に浸りましょう。どんな場合でも出発地点はありますが、これはそのあなたの利用スタート日を元に無料お試しの期間が始動。当然、ユーザーごとにその開始日は違いますが、期間は決定済み。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。マイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」もアリ。

信用してはいけない!
不正な動画ウェブサイトはどういうわけか消えてくれないものであり、適法性・実用性の二点で非推奨。それでセンセーショナル・ドキュメンタリー「ボウリング・フォー・コロンバイン」の視聴はダメです。問題点はそこかしこにあります。動画を再生することはできても唐突に広告が大音量で表示されて視聴を妨害したり、どこかをクリックするたびに意味不明なサイトにリダイレクトされたり、とにかく鬱陶しいです。無論、違法でもあります。現実的に合法的にも理想的にも、最良の正攻法はいつでも変わらないので、うっかりなミスをして過ちを犯さないようにしましょう。

使うべきはどれ?
「友達にこれがいいとプッシュされていた作品をいい加減に見てようか」そんなタイミングにピッタリとフィット。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。衝撃の社会の実態が明らかになる「ボウリング・フォー・コロンバイン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎても頭が痛くなるだけ。無用な苦しみから解放されるために、このページ内に掲載中の視聴可能なVODアイコンを確認していきましょう。それだけで完了するのでテキストは忙しいなら無視してもOKです。思わず定期アクセスしたくなるような全世代の映画ファンが通いたくなる、オーダーメイドなデータベースサイトがコチラです。体験をできる機会はいつあるかもわかりませんので、永遠を考えないようにしておいてください。何も確かな断言はできないのですが、観たいと思ったときが観る方が良いでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はドキュメンタリーであっても再生機器の条件を満たす必要が「ボウリング・フォー・コロンバイン」でもあります。幅広い対応が売りなのは事実ですが、何はともあれ対応確認必須なのは変わりありません。テレビの大画面で見るならば、最新のものであればOKですが、古いとそもそもネット接続も不能で視聴できないかもしれません。そうなってくると論外になるのですが、そこは確認必須。パソコンは各社のブラウザで普通に見れますが、しっかり機能更新を含むアップデートをしておくことが大事。スマートフォンで見るならばアプリが用意されているので、それをストアでインストールすればラクラクでしょう。見れなかったら嫌ですのでこのVODマッチング確認は慎重に。

無料動画サイトとの違い
昔から、具体的には2000年代初期のジェネレーションZ誕生の少し前の時代、動画を見るという文化がネットに定着しました。新しい時代の到来です。そこで使われていた動画共有サイトは瞬く間に繁栄を極め、今日に至っています。しかし、問題点もまた無数に拡大してしまいました。品質の悪いもの、粗悪な内容のもの、法律を守っていないもの、動画の自由投稿が逆に環境を悪化させています。そこでVODです。こちらは管理がフルサービスで行き届いているものであり、ましてや全ての動画が高品質。銃社会を暴露する「ボウリング・フォー・コロンバイン」に最適の優良動画のみの映像コンテンツサービスなのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用している勉強にもなってくるSNS。映画を見た後にもその感想などを好きなように語り合いたいときは使用者の多いものを選びつつもSNSを駆使しましょう。センセーショナルすぎて話題騒然となった「ボウリング・フォー・コロンバイン」の視聴はそれだけでも最高ですが、その気分を他人にお裾分けしましょう。余計なお世話になるんじゃないかという危惧は要りません。SNSを使えば爆発的な拡散によって映画を好きになってくれる人が急増することもあります。あなたの言葉が何かを変えるのです。今の時代はそうしたバズるというムーブメントが映画宣伝には欠かせないもので、公式アカウントも積極的にフォローしたりリツイートしたりして支援してくれることもあります。

高評価作品は観る価値あり
手当たり次第に映画を貪るのもそれはトレジャーハントのようでテンションをあがりますが、忙しい現代人にとっては無駄なく生活したいので良作だけを鑑賞して効率性を重視したいかもしれません。時間はとても大事なものですので無駄にできません。普段は見たことがない傑作映画はそれだけの価値があるものです。基準となるのは著名な賞に輝いている作品、もしくは批評家や評論家に絶賛されている作品。専門家の見識や眼は侮れませんから、セレクト時の材料になります。なぜ銃乱射事件は起こるのかに迫る「ボウリング・フォー・コロンバイン」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的にこれはとてつもないと評価されたドキュメンタリーもあるので、そういうものに触れることで新しい扉が開けます。

『ボウリング・フォー・コロンバイン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月11日時点での『ボウリング・フォー・コロンバイン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「Netflix」「Amazonビデオ」「FOD」です。

▼『ボウリング・フォー・コロンバイン』をさらに知る

著作「アホでマヌケなアメリカ白人」が全米ベストセラーになった過激ジャーナリストのマイケル・ムーアが、なぜアメリカで銃犯罪が多発するのかをめぐり、斬新に迫っていくドキュメンタリーの問題作。99年のコロンバイン高校銃乱射事件犯人の同級生から、現全米ライフル協会会長である「ベン・ハー」の人気俳優チャールトン・ヘストンまで、アポなし突撃取材で真実に迫る。製作はチャールズ・ビショップ、ジム・ザーネッキ、マイケル・ドノバン、キャスリーン・グリン。アメリカの隣国で隠れた銃器大国のカナダ、日本やイギリスなどの他の先進国との比較から、事件の背景と銃社会アメリカのいびつで異常な姿を軽妙な語り口であぶり出してゆく。なぜアメリカはあそこまで銃が氾濫し、犯罪が連発していくのか。公開以来全世界で4000万ドルの興行収入を上げ、世界各国のドキュメンタリー作品の興行成績を塗り替え、その刺激的内容から映画祭でも高く評価された。

★『ボウリング・フォー・コロンバイン』のスタッフ
監督:マイケル・ムーア
脚本:マイケル・ムーア
撮影:ブライアン・ダニッツ、マイケル・マクドノー
音楽:ジェフ・ギブス

★キャスト
マイケル・ムーア、チャールトン・ヘストン、マット・ストーン、マリリン・マンソン、ジョージ・W・ブッシュ

★『ボウリング・フォー・コロンバイン』の評価

IMDbRTMETA
8.095%72
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ボウリング・フォー・コロンバイン』の感想
・ライムスター宇多丸の日曜Abemaロードショー[公式動画
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ  
マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー手法はある意味ゲリラ的なので、当事者同士の問題に関してはやや客観性が欠けるが、そんなお上品なことを言っても対処できない問題ばかりをターゲットにしているので、これはこれでよい。これまで多くの人が見て見ぬ振りをしてきた事実に大衆の目を向けさせたという点では最大級に評価されるべき。日本にはここまで容赦なく社会問題にグサグサと豪快に切り込むドキュメンタリー監督がいないのが残念だ。
●TOHOシネマズ 
アメリカのタブーに切り込んだ社会派でありつつ、エンターテイメント的な味付けを忘れていない。なのでどこかのリベラル支持者のように説教くさくないし、NHKのようにお堅い生真面目な検証番組でもない。それが味になっている。銃がスーパーで買えていたら、それは空き缶のポイ捨てくらいに、銃事件が頻発するのは当然。あと、アメリカの基本的に他人不信なコミュニティが暴力の温床ですよね。これを見ると銃犯罪はなくなりそうにありません。
●DAILYMOTION  
ドキュメンタリーのタイトルにはコロンバインとありますが、コロンバイン高校の事件がなぜ起ってしまったのか、というミクロ的な視点よりも、なぜアメリカ国民は日々過剰に警戒し好戦的になってしまったのか、というマクロ的視点で分析していく展開です。そして、タイトルのボウリングの意味も見ていたらわかります。「俺が就職して金を貯めはじめたらお前の命は無いと思え!」笑ってしまうけど、もう笑う以外に対応のしようがないですよね…。