トランスポーター(1作目)|無料動画をフル視聴できるサービス【字幕と吹替に対応】

シリーズ第1弾。運び屋、最大のミス!

映画『トランスポーター』のフル動画を無料視聴する方法をひと目で判断できるようにレコメンドしています。
今すぐ『トランスポーター』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Transporter / フランス・アメリカ(2002年) / 日本公開:2003年2月1日 / 93分 / 制作: / 配給:アスミック・エース / 次作:『トランスポーター2』

トランスポーター
動画
▼『トランスポーター』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 安定再生

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『トランスポーター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画でハッスル!
クールでカッコいい俳優の活躍をたっぷり楽しめるのは主演映画の醍醐味。そんな人気シリーズも動画配信サービスを利用することでお得に一気見することができます。外出先で観たい人もいるかもしれませんが、そんなときに気になるのが通信量。制限にひっかかれば困ります。でもこのサービスなら安心です。ダウンロード機能があるので、事前にデータを端末にダウンロードしておけば、WiFiのない場所でも全く気にせず楽しめます。

「無料」で感謝!
その通常の利点に加えて、無料お試しサービスという形式で動画視聴を含む機能を試せる、初利用者の救援サポートも用意済みです。登録して「あれ、なんか自分には合っていない気がする」となったら最悪ではないでしょうか。無料期間があれば、その不安になるリスクはどこかへ綺麗さっぱり消えうせます。「無料期間なんて都合の良いものは一瞬で終わるのでしょう?」「短期のサービス恩恵は嬉しくはないのですけどね」そんな疑いは廃棄してください。じゅうぶんな時間があるので、動画をどんどん見ていく余裕がたっぷりあって幸せです。ルイ・レテリエ監督の「トランスポーター」もアリ。

アウトゾーンに突っ込むな!
不正な動画ウェブサイトはどういう理由であっても全然メリットはないものであり、適法性・実用性の二点で非推奨。それでジェイソン・ステイサム主演の「トランスポーター」の視聴はダメです。アクセスした人を騙すフィッシングサイトや危険なプログラムを走らせるマルウェアサイトなどはGoogleのウェブスパムレポートによる報告で除去されることも多いですが、それも完璧ではないですし、除去は一部のみ。万能なセキュリティウォールとしては残念ながら機能していません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

迷ったときは?
今では新作配信もVODであればさほど待機することもないです。むしろDVDより先行することもあります。ところが飛びあがって喜んでいるだけにもいきません。冷静になってVODの中から配信しているお望みのものを発見しないとダメです。この作業が最大の混乱の主因になります。スー・チー出演の「トランスポーター」フル動画を視聴できるVODは本当にあるのだろうかと疑問を膨らまし、どれなのか気になると思います。その課題を避けて不用意に無法サイトに手を出すことなく、まずはこのページで配信確認の手助けを受けながら、お望みの動画を探してみましょう。あなたの気になるVODアイコンはあるでしょうか。「VODなんてみんな同じでしょう?」なんて発言は見当違いもいいところ。実際はそれぞれに個性があり、パーソナライズできます。「トランスポーター」にアクセル全開で直行できます。初体験になるVODを見つけられたら、それはあなたの退屈な日常にクリティカル・ヒット。これからはバラ色の映画生活が広がっていきます。

あなたはどっち派?
字幕と吹替の論争は懲り懲りですがどうしても避けられない分岐点になってきます。本当にこれはどちらがいいのかなんて断言する気もないです。でも選択の幅は欲しいものです。自分で選べるという自由度は前提にしたうえでの話です。そうでないとユーザー離れの原因になります。サービス側もなるべくどちらの翻訳も用意してほしいものです。VODは対応の汎用性があるのでそうしたきめ細かい翻訳に適応。もし翻訳に気になる点があれば報告機能があったりも。マット・シュルツ出演の「トランスポーター」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

邪魔な広告は無し!
どういうサイトであれ、管理者が粗雑なものならば、何の前触れもなく広告画像が動画上に表示されたり、リンクに触れるだけで無関係の宣伝ページに移動したり、ユーザーを不快にさせる挙動を見せるものはすべからく危険です。あなたの不自由さにつながってしまいます。ダントツな安全を追求するフルムビバースでは有害性のある広告は一切ないと確証をもって宣言し、フランソワ・ベルレアン出演の「トランスポーター」視聴を妨げません。このサイトを見渡すとわかるでしょうが、明らかに広告量は少ないです。とくにスマホにありがちな追尾型のバナーやタップ連動型、画面変移型のうざったいものはゼロなので、嫌な思いをせずに済みます。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は思わず目がいくほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。リック・ヤング出演の「トランスポーター」は? サブスクリプションというのは所定の金額を支払うと一括でサービスを満喫できるというもので、レンタル店とは全く違います。足を運ぶ必要性もない、ネット上の図書館のようです。見放題と一般に呼ばれるタイプであれば、話は簡単で、配信している全作品をお試し期間中は無料で見れます。コンテンツをポイントで交換するようにして視聴するタイプはやや特殊で、登録時に貰えるポイントの範囲内であれば、その制限の中では作品を無料感覚で好きに視聴できます。この違いはしっかり誤解しないように。

海賊版サイトは無料ではありません
ネットの大海原で外来生物のように侵略を進めている違法動画の海賊版ウェブサイト。これらは無料を謳うかのようにわざとタイトルに「FREE」や「DOWNLOAD」と表示していますが、信用することはできないレベルで嘘です。あなたの情報が勝手に盗まれ、ずる賢いフィッシングサイトや迷惑メールの拡大にまんまと悪用されます。ダグ・ランド出演の「トランスポーター」がタダ見できるならば手を汚してでも…という邪の感情は負のスパイラルで起こし、ろくな目に遭いません。今では無料性をともなう正規プレゼンツのサービスがしっかり揃っているのですから、それを無視する言い訳には何もならないでしょう。

『トランスポーター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年5月30日時点での『トランスポーター』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『トランスポーター』をさらに知る

どんな依頼品も正確に目的地まで届けるプロの運び屋とその依頼品である一人の女が、追っ手との壮絶な闘いを繰り広げる姿を描いたサスペンス・アクション。『トランスポーター』の製作総指揮はスティーヴ・チャスマン。フランクはワケありの依頼品を高額の報酬と引換えに目的地まで運ぶ、プロの運び屋、トランスポーター。その腕は一流で、卓越したドライビングテクニックであっという間に任務をこなす。彼には自らに課した3つのルールがあった。1つ目は契約厳守、2つ目は名前は聞かない、3つ目は依頼品を開けない。そのルールを1つでも破れば待つのは死のみ。その徹底さが信頼にもつながっており、彼の持ち味となっている。ところが、あるデリバリーの途中、彼は依頼品を開けてしまう。そこで彼が目にしたのは、ひとりの美しい女だった。なぜそんなことがと考える時間もなく、彼を取り巻く状況は一気に悪化し、一触即発の事態へと転じていく…。

★『トランスポーター』のスタッフ


監督:ルイ・レテリエ、コリー・ユン
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
撮影:ピエール・モレル
音楽:スタンリー・クラーク

★『トランスポーター』のキャスト


ジェイソン・ステイサム、スー・チー、マット・シュルツ、フランソワ・ベルレアン、リック・ヤング、ダグ・ランド、エイドリアン・ディアネル、ディディエ・サン・メラン、ヴィンセント・ネメス

★『トランスポーター』の評価

IMDbRTMETA
6.854%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『トランスポーター』の感想

●『トランスポーター』FILMAGA  
こんなハゲ格好良すぎる。こういうハゲに、私はなりたい。いや、ハゲだけが先行してやってきそうだが、それは勘弁してくれ。ジェイソン・ステイサムが繰り広げるカーチェイスと格闘シーンに惚れ、ポーカーフェイスな不器用紳士っぷりに惚れる。全体的にはギャグチックな部分もあり、そもそも女性を運搬しているのも変というか、あんなので取り逃がすなんて当たり前だよと思ったり。ゆるっとコメディとして楽しむとちょうどおさまりが良い感じ。
●『トランスポーター』DAILYMOTION> 
家にミサイルが飛んでくる謎。この国では日常的に大型戦争破壊兵器を駆使するらしい。そんな世紀末で暮らすステイサムのお仕事はお荷物運び。もちろんAmazonではない。危ない系専門の運び屋。そして、今回の運搬対象は美女。でも、ステイサムは優しいのでちょっと気を許す。そしたら、いつのまにかいい関係に。これだからイケメンは…。そんなステイサムへの調子に乗ってるんじゃねぇという非リア充からのミサイル攻撃だったのかもしれない。
●『トランスポーター』イオンシネマ 
戦闘が凄い。そして、思ったほど車ではアクションしない。オイルをぶちまけて、そこに自転車のペダルをアイゼン代わりにして戦うとか、ワクワクすぎる意味不明肉弾戦が売り。元選手の特技を生かしての水中シーンが冴えるのはさすが。唯一のツッコミというか不満は、ヒロインが次回以降、悪趣味になっていくのは忍びない。ステイサムがピュアなのは、1作目までなのでそこは悪しからず。スー・チー演じるランがかわいすぎるのは救いでした。