アフターマス(2017)

アーノルド・シュワルツェネッガー主演、苦悩する男のドラマ

映画『アフターマス』のフル動画を無料視聴する方法を「視聴可能サイトはコレです」と単刀直入にレコメンド。
今すぐ『アフターマス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Aftermath / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年9月16日 / 92分 / 制作:Emmett/Furla/Oasis Films / 配給:ファインフィルムズ / 製作費:1000万ドル / 興行収入:

AFTERMATH Official Trailer

(C)2016 GEORGIA FILM FUND 43, LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】マルチ対応
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『アフターマス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者はガンガン増えている!
実際にあった史実を基に当事者の葛藤を克明に描いた作品は見ごたえがあります。そんなドラマチックな作品を観たいときは、動画配信サービスを使ってお得に視聴しましょう。これはネット配信ということで気軽に見ることができます。外出先で観たいならスマホで、家でながら作業をしながら見たいならパソコンで、大画面で観たいならテレビで、他にもタブレットでもOK。自由に選択して好きな視聴スタイルを選ぶことができます。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。登録して「あれ、なんか自分には合っていない気がする」となったら最悪ではないでしょうか。無料期間があれば、その不安になるリスクはどこかへ綺麗さっぱり消えうせます。「私はインターネットに慣れていないのですが大丈夫?」そんなドキドキも落ち着いてください。ネットを使い始めたばかりの人でも使うのは簡単。それこそ家を出られないお年寄りでさえも使えます。

味わいたくない恐怖!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アフターマス」の視聴はダメです。問題点はそこかしこにあります。動画を再生することはできても唐突に広告が大音量で表示されて視聴を妨害したり、どこかをクリックするたびに意味不明なサイトにリダイレクトされたり、とにかく鬱陶しいです。無論、違法でもあります。どうしても違法性ばかりに目がいきがちで、それだととどまらせることはできない面もありますが、再三に渡って注意は一応しておきます。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、知っている人は重々理解しているでしょうが、このVODは種類が豊富。当然どれがマッチするかは十人十色。加えてそれぞれで配信作品も違っています。「アフターマス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あなたがこの瞬間に読んでいるページでは疑問をクリアにします。フルムビバースはVODの中から配信可能性の高いものをピックアップ掲載中で、その内容も管理者が適度に更新しているので、利便性を保障しています。思わず定期アクセスしたくなるような全世代の映画ファンが通いたくなる、オーダーメイドなデータベースサイトがコチラです。初体験になるVODを見つけられたら、それはあなたの退屈な日常にクリティカル・ヒット。これからはバラ色の映画生活が広がっていきます。

見たい動画をメモしよう
ただの動画配信サイトリンク集ではないフルムビバースでは作品メモ機能があります。いわゆるウォッチリストやマイリストと呼ばれるものです。この作品一覧はプライベートなもので他人に覗かれることはありません。自分だけのノートに活用できます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「アフターマス」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

フェアにオススメします
一括チェックツールにもなるフルムビバースは、氾濫するVODの配信変化地獄をわかりやすく整理するだけでなく、その扱いを公平性を重点に徹底しています。よくありがちなグダグダと説明したあげくに結局はひとつのサービスを紹介するにとどまるようなことはしません。ユーザー適正は個人の問題であり、それを無視して押し付けることは玄関をガンガン叩く悪徳勧誘でしかないので絶対にしません。単純に「アフターマス」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
悪質な海賊版動画問題はその有害性が頻繁に報道されていますが、その横暴を食い止める手段としてVODは期待されています。海外の専門組織によれば、従来の手法として真っ先に挙げられるブロッキングやフィルタリングなどでは効果は限定的で、それよりもユーザーフレンドリーで魅力を持ったサービスを推薦する方が価値があると分析されています。安価で利便性が高いといえば、VODの右に出るものはいません。選択を間違って不正動画サイトに手を出してしまった人を更生させることも可能なので「アフターマス」合法視聴方法を拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
ノーシンキングなのだとしたら一回は関心を持ってほしいのですが、テレビ放送の映画の放映で満足していませんか? それはカットされているので本来のフル動画ではないですよ。こんなものでは「あの映画、面白かったよね~」と語っても「え、あのシーン、観てないの?」なんて言われてしまいます。でも、VODは余計な手を加えることなく、オープニングからスタッフクレジットまでしっかりウォッチ可能です。「アフターマス」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『アフターマス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月3日時点での『アフターマス』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『アフターマス』をさらに知る

アーノルド・シュワルツェネッガー主演でおくる、2002年に実際に起きた航空機事故を基にしたスリラー。製作総指揮にはマーティン・リチャード・ブレンコウ、マーク・スチュワート、ハビエル・グヨン、ウェイン・マーク・ゴッドフリーなどが名を連ねる。ある日、管制官の不注意による突然の飛行機事故で妻と娘を失った男が復讐に身を焼かれていく姿を描く。自分の人生で一番大切な存在はあまりに安易なミスで奪われてしまった。建設現場の現場監督として働くローマン・メルニックは、数カ月ぶりに帰ってくる妻と身重の娘を迎えに意気揚々と空港へ向かう。しかし、なぜか案内されていき、部屋に通される。そこで聞かされたのは最悪の情報。妻と娘が乗った飛行機が空中で衝突事故を起こしたという衝撃のニュースを聞かされ、呆然自失。家族を奪われたローマンは航空会社にひとまず謝罪を求めるが、会社の対応は冷たいものだった。

★スタッフ
監督:エリオット・レスター
脚本:ハビエル・グヨン

★キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー、マギー・グレイス、ケヴィン・ゼガーズ、スクート・マクネイリー、ハンナ・ウェア、テレサ・クック、キム・エヴァンズ、グレン・モーシャワー、マリアナ・クラヴェーノ

★『アフターマス』の評価

IMDbRTMETA
5.744%44
映画comY!FM
3.32.973.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『アフターマス』の感想
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ 
シュワの顔に釣られて鑑賞。てっきり痛快アクションだと思ったら、全く正反対で、アクションひとつもありません。いや、ひとつあったかな。でも、静かなシリアスドラマでした。実際の事件を元にしてる、との煽りを読んで見ましたが、こんな救われない話があったとは知りませんでした。悪い偶然が重なった結果の悲惨な事故に関わった人々の物語。ある程度の脚色は仕方ないにしても、こういう事実があったということを知れただけでも良かったです。
●TOHOシネマズ 
ユーバーリンゲン空中衝突事故に端を発した報復事件をベースに映画化されたものです。この事件で事実上過失を起こしたとされる航空管制官に全く怒りがわかないどころか、哀れですらあります。どう考えても会社側のマネジメントや安全性の軽視の問題であり、これはいまでいうところのブラック企業ですから。でも、被害者の遺族はそんな冷静な分析なんてできないほど追い込まれているのも理解できます。悲劇の原因には何もお咎めなしは辛いです。
●109シネマズ 
アクションなしのシュワルツェネッガーは、それだけで何となく見ていて寂しい。航空機事故は悲惨だが、事故の責任を曖昧にしようとする航空会社が、更に悲劇的な取り返しのつかない結末を誘発している。そして、事故の余波(まさにタイトルの「aftermath」)をより大きなものにしている。本当に恐ろしいことで、両者の苦しみは悲惨。最近、国内でも大惨事になりかねないような事象が、公共の交通機関で起こっているので人ごとではない。