トレーニング デイ / Training Day

刑事としての一線を超えるべきか

映画『トレーニング デイ』のフル動画を無料視聴する方法を「視聴可能サイトはコレです」と単刀直入にレコメンド。
今すぐ『トレーニング デイ』を見るなら動画リンクをチェック。

血気盛んな新人刑事がベテラン刑事の指導のもとで、予想つかない事態に巻き込まれていく異色の刑事ドラマ。エグゼクティブプロデューサーはブルース・バーマン、デイビス・グッゲンハイム。ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属となった新人刑事ジェイクは、ベテラン刑事のアロンソとコンビを組み、麻薬捜査のいろはをたたきこまれる。それはときにあまりにも過激で、少しその倫理観に疑問を持つこともあった。数々の大事件を解決し、麻薬に絡むあらゆることを熟知しているカリスマ刑事アロンソは、ジェイクの手本であり憧れの存在だったが、その手段はまさに容赦なし。「かよわい子羊でいるのか。獰猛な狼になるのか。それを選べ」と忠告するアロンソは、犯罪摘発のためならばいともたやすく自ら法を犯すことで、堂々としている。これでいいのだろうかと、とまどうジェイクをよそに、アロンソの行動はさらにエスカレートしていく…。

原題:Training Day(「トレーニング・デイ」) / 製作:アメリカ(2001年) / 日本公開:2001年10月20日 / 122分 / 制作:Village Roadshow Pictures / 配給:ワーナー

トレーニング デイ(字幕版) (プレビュー)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『トレーニング デイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

手に汗握るスリルを体感!
危険が蔓延る世界で緊迫感溢れる駆け引きが行われるサスペンスは思わず魅入ってしまうような面白さがあります。そんなハラハラドキドキを提供する作品を観たいときは、動画配信サービスを使ってお得に視聴してみましょう。このサービスはネットにつないでいればすぐに利用できるものなので、レンタル店でDVDを借りるのと違って面倒なことはありません。スマホで途中まで見て、家に帰ってからテレビで見ることも可能な便利さが支持されています。

「無料」を嫌う人はいない!
考える前にまずはもっと情報を聞いてください。あなたのような初心者には特別な無料トライアルがプラスされます。この耳寄りな情報は今の作業を一旦中断してでもメモしておきたいものです。なにせ一定の期間に限るかたちで無料お試しが可能なのですから、それはまるで無料動画スタイルです。「無料期間なんて都合の良いものは一瞬で終わるのでしょう?」そんな疑いは廃棄してください。じゅうぶんな時間があるので、動画をどんどん見ていく余裕がたっぷりあって幸せです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「トレーニング デイ」の視聴はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。オフィシャリティのあるサービスならば、一切の危険性もなく、フルパフォーマンスで動画を大満喫できるのです。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。価格自体はわかりやすいので比べるまでもない感じなのですが、問題はその内容です。観たい作品が無いサービスに登録しても恩恵はないので、事前の確認は自然と必要です。「トレーニング デイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればアイコンでご案内しています。構成の似通ったサイトはあっても、たいていは特定VODだけをゴリ推ししているばかりです。本来は対等な紹介が望まれます。体験をできる機会はいつあるかもわかりませんので、何も確かな断言はできないのですが、観たいと思ったときが観る方が良いでしょう。

字幕・吹替、選択は自由
突然ですが「字幕or吹き替え」選手権の開催です。赤コーナーからは字幕派の屈強なアタッカーが登場。すかさずオリジナルの良さを味わいやがれとストレートパンチを決めます。対する青コーナーの吹替派の攻撃性抜群の相手は、字を重ねるなどそれこそ映像への侵害だと勢いよくアッパーを決める。勝負は一体どちらに女神が微笑むのか。そんな痴話げんかもVODならば一切の場外乱闘。設定で選択できるわけですから好きなように選ぶかどっちとも見るのも一手。「トレーニング デイ」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
登録時の個人情報入力で、プライバシー保護を不安視する人の意見は多いです。自分のデータが何に使われるのか知りたいのは当然。利用規約を読むように提示されますが、文章が長すぎて普通は読み切れません。ただVODはそうした情報が二次的に横流しになる事例はほぼなく、迷惑メールや電話がかかってくるという体験報告もないです。なので他の悪質な噂の多いサービスと比べたら、はるかに安全といえるのではないでしょうか。これなら試験的無料利用にも躊躇せずに踏み出せます。あとは「トレーニング デイ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
インターネット利用者ならば何もネット依存症でなくとも動画共有サイトを使ったことのある人はほぼ100%じゃないでしょうか。映画ひとつとっても予告動画から感想動画まであらゆるビデオ媒体のコンテンツが溢れかえっています。しかし、大手の動画サイトでも欠点はあり、低品質と高品質が入り乱れるごちゃまぜの状態なので期待どおりとはいきません。場合によっては詐欺的なハズレかも。でもVODはそんな二の舞を踏むこともないです。必ず満点の最高水準をお約束できる、「トレーニング デイ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「トレーニング デイ」だって1回の鑑賞では満足してもいいのですか? 映画の価値は意外なところでわかったりします。考えてもみてください。映画館でリピーターになる人は相当な思い入れのある人でマニアです。そんなレベルに到達するのは財力と情熱が少し足りないかもしれません。でもVODはそのハードルをグッと下げてくれます。それこそ子どもでも使えるほどに。何気ない普段の生活でBGMよろしくBGV(バックグラウンドビデオ)として繰り返し再生するのもアリなのです。

『トレーニング デイ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トレーニング デイ』をさらに知る

★スタッフ
監督:アントワン・フークア(関連作品:『リプレイスメント・キラー』)
脚本:デビッド・エアー
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:マーク・マンシーナ

★キャスト
デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、スコット・グレン、エバ・メンデス、シャーロット・アヤナ、トム・ベレンジャー、スヌープ・ドッグ、ハリス・ユーリン、レイモンド・J・バリー、クリフ・カーティス

★『トレーニング デイ』の評価

IMDbRTMETA
7.772%69
映画comY!FM
3.53.743.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『トレーニング デイ』の感想

●FILMAGA 
ベテラン悪徳刑事とルーキー。よくある設定だがその対立の緊迫をジェットコースターのように一気に見せつける。デンゼル演技の凄みとLA麻薬捜査の尋常ではない殺伐としたアブノーマルな雰囲気が絶妙に噛み合っている。シリアスにお遊びが混ざるのを厭わない、場面優先的なアントワン・フークア演出も本作では光っている部分。何度でも見たくなるし、これを超えるアントワン・フークア監督作は見つからない。最初に完成した監督といえるだろう。
●TOHOシネマズ  
極悪人であれば正義のために平気で殺しても良いという倫理的にアウトな領域に身を使っている刑事。そんな先輩を持ってしまった新米刑事。このバディのようでバディではない関係性がドラマにピリピリした緊張感をもたらす。弟子が師匠を見習わないといけないという構造は所詮理想であり、正義のためであれば何でもありという発想もまた、ブーメランとして自分に跳ね返ってくる。そんな因果応報の寓話的なストーリーを見事に映像化している。
●ユナイテッドシネマ  
やっぱりデンゼル・ワシントンが最高。この人が上司だったら、それは逆らえないです。新人麻薬捜査官の超濃厚な1日は、全てこの男との出会いが引き金。でも本当に引き金を引くのは自分。自身の持つ正義感がそれを許さず終始葛藤するジェイク役のイーサン・ホークも良い演技。彼のどこか自信なさげな弱さが良く出ているし、それが変化していく見せ場も素晴らしい。ロスのストリートギャングの縄張りで実際に撮影したそうで、アメリカって怖い。