パーソナル・ショッパー

フランスの奇才が放つ衝撃のミステリー

映画『パーソナル・ショッパー』のフル動画を無料視聴するお求めの方法を「視聴可能サイトはコレです」と単刀直入にレコメンド。
今すぐ『パーソナル・ショッパー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Personal Shopper / フランス(2016年) / 日本公開:2017年5月12日 / 105分 / 制作: / 配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

『パーソナル・ショッパー』予告編

©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『パーソナル・ショッパー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フルウォッチングの機会です
独特のタッチで描かれるサスペンスは監督の個性がでる魅力的な作品ばかりです。そんな個性的な映画を楽しむときは、動画配信サービスを駆使すればお得に見れます。ネット配信なので、探しにくいマイナー作品でも見つけるのは難しくありません。検索機能も充実しています。また、スマホでも視聴できますし、タブレット、パソコン、テレビなど自由に鑑賞できるので、ユーザーの好みに合わせて視聴スタイルを変更できるので便利です。

「無料」はやっぱり魅力的!
100作品を観ても無料なんてことがあるのでしょうか。はい、あり得ます。本当であり、釣りでもありません。それが嬉しい無料トライアルなのです。「ねえねえ、映画を無料で観られる方法って知っている?」「そんなのあるわけないじゃん」「実はね…」こんな秘密の裏技でもない、正々堂々の方法が無料お試しという選択肢です。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。オリビエ・アサイヤス監督の「パーソナル・ショッパー」もアリ。

油断大敵とはこのこと!
なお、巷に溢れる甚大な有害性をばらまいているイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。それでラース・アイディンガー出演の「パーソナル・ショッパー」の鑑賞はダメです。具体的な危険の事例を知りたい人も多いでしょう。例えば、動画再生途中にいきなり特大の鬱陶しい広告が表示され、それをなんとか綺麗に消そうとクリックやタップをすると別ページにリダイレクトされ、情報を盗むサイトに誘い込まれる…などの手口です。オフィシャリティのあるサービスならば、一切の危険性もなく、フルパフォーマンスで動画を大満喫できるのです。もし映画を観れることだけを考えているならばしっかり公式に大事なお金を落とすことで恩返しをしていきましょう。

迷ったときは?
今では新作配信もVODであればさほど待機することもないです。むしろDVDより先行することもあります。しかし、知っている人は重々理解しているでしょうが、このVODは種類が豊富。当然どれがマッチするかは十人十色。加えてそれぞれで配信作品も違っています。シグリッド・ブアジズ出演の意味深な心理ドラマが光る「パーソナル・ショッパー」を視聴できるVODはどれなのかじっくりと気になると思います。この今まさに見えているページは該当作品映画の配信中のVODを一覧化し、かつ更新がバンバン行われていくので、今の状況というほどのリアルタイムではないにせよ参考情報として有効です。アイコン表示なのでビジュアルありきで瞬間理解可能。意外な話ですが情報が更新されるサイトというのはマイナー系では珍しいです。コツコツと毎年毎日頑張っています。時の流れは残酷なもので、明日にこの作品を見ようと思っていても、それが永遠にあるということではないのです。当日に配信終了ということも。ラストのチェックは入念にしましょう。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「クリステン・スチュワート」を乱雑に流すのは嫌でしょう。できればしっかり心にとどめておきたいものです。せっかくのお試しが試し損するという事態にならないように、ひとまずは登録をする前に落ち着いて動画の選考をしないといけません。さあ、絶対に鑑賞したい映画は?

登録情報は最小限
登録時の個人情報入力で、プライバシー保護を不安視する人の意見は多いです。自分のデータが何に使われるのか知りたいのは当然。そういう関心は高いはずですが厄介でもあります。利用規約を読むように提示されますが、文章が長すぎて普通は読み切れません。ただVODはそうした情報が二次的に横流しになる事例はほぼなく、迷惑メールや電話がかかってくるという体験報告もないです。なので他の悪質な噂の多いサービスと比べたら、はるかに安全といえるのではないでしょうか。これなら試験的無料利用にも躊躇せずに踏み出せます。あとはアンデルシュ・ダニエルセン・リー出演の推測できない意外性高めな「パーソナル・ショッパー」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
昔からの動画コンテンツを無料で楽しむ方法といえば、YouTubeなどの動画共有サイトです。今でも主流ではありますが、そのタイプの大型サイトは致命的な弱点も気になるものでした。どういうことかと言えばそれは中身の話。それは低品質な動画が無数に存在し、ポリシーに基づいて管理されているとはいえ、違法性のあるものも放置されています。取り締まりが追い付いていないので、完全な改善の見込みは不透明。そんな雑多なサイトと根本的に管理体制が異なるVODは、オール・ハイクオリティなので不安定さは全くない、バンジャマン・ビオレやノラ・フォン・バルトシュテッテン出演の「パーソナル・ショッパー」に最適の優良動画のみのサービスエリアなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を「パーソナル・ショッパー」視聴前に気にする人もいるでしょう。もちろんできれば長く使ってほしいというのが本心。でも個人の事情があるものです。まずは本当に解約したいのか心の整理をしましょう。見たいものは見ましたか? それでもう心残りはありませんか。無料期間ならギリギリまで使う方が得です。決心がついたら退会ページへアクセス。そのページさえ見つけられたらすでにこっちのもの。あとは1分以内に終わります。流れるままに契約解除をするのみ。あとの作業は基本はなく、何も心配はありません。契約を解除するだけだとアカウントは残ったままなので、跡形もなくやめるならアカウント削除も忘れずに。

『パーソナル・ショッパー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月22日時点での『パーソナル・ショッパー』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『パーソナル・ショッパー』をさらに知る

ファッション業界の裏側で繰り広げられる欲に堕ちていく女をサスペンスフルに描いた、クリステン・スチュワート主演の心理ミステリー。製作はシャルル・ジリベール。忙しいセレブのために服やアクセサリーの買い物を代行する「パーソナル・ショッパー」としてパリで働くモウリーン。それは特殊な仕事に思えるが、普通にこなしているだけ。私生活では数カ月前に双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れない一方で、仕事で鍵を預かり他人の家に出入りし、時にはプライベートをものぞき見ることに、心の中で膨れ上がる欲望をしだいに増幅させる一方でもあった。そんな彼女の隠された欲望が不可解な出来事を引き寄せ、彼女に謎のメールが届き始める。

★スタッフ
監督:オリビエ・アサイヤス(関連作品:『アクトレス 女たちの舞台』)
脚本:オリビエ・アサイヤス
撮影:ヨリック・ル・ソー

★キャスト
クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガー、シグリッド・ブアジズ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ノラ・フォン・バルトシュテッテン、バンジャマン・ビオレ

★『パーソナル・ショッパー』の評価

IMDbRTMETA
6.279%77
映画comY!FM
3.02.913.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『パーソナル・ショッパー』の受賞
第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で監督賞を受賞。

★『パーソナル・ショッパー』の感想

●FILMAGA  
アイデンティティが心許ない役がハマり過ぎのクリステン・スチュワート。彼女が織りなす現実の境界を越えて一種の不確かな世界へ踏み入れてしまった物語。最初は普通のサスペンスと思っていましたが、話が全く違う方向に転がっていくので唖然としてしまいました。想像する事を放棄してしまった者たちへのアンチテーゼなのか、いろいろと解釈が委ねられる映画に脳みそがフル回転しました。もちろんファッションに注目しても面白いです。
●イオンシネマ  
おびただしい数のクエスチョンマークを抱えながらの鑑賞になってしまった。解説が欲しいくらいだ。当初の想像とは異なるストーリーテリングにびっくりしたし、これは女優目当てで見ると困惑するタイプかもしれない。オカルトとミステリーの要素を含み、この落としどころはありなのかとも思うが、ヨーロッパ映画らしい着地ですね。自分が霊的な感性ゼロだからというのは関係なしに、自分の知らない世界があることにゾッとするときもありますね。