パニック・ルーム(2002)

デビッド・フィンチャー密室サスペンス

映画『パニック・ルーム』のフル動画を無料視聴する方法を「視聴可能サイトはコレです」と単刀直入にレコメンド。
今すぐ『パニック・ルーム』を見るなら動画リンクをチェック。

デビッド・フィンチャー監督、ジョディ・フォスター主演による、緊急避難用の密室“パニック・ルーム”を舞台に3人の凶悪な侵入者に立ち向かう母娘の奮闘を描くサスペンス。製作はギャビン・ポローン、ジュディ・ホフランド、デビッド・コープ、シーン・チャフィン。ニューヨーク・マンハッタンの高級住宅地。夫と離婚し、娘と住む新居に越してきたメグは、その夜、密かに入り込んで悪事を働こうとする強盗団の侵入に気づき、娘とともにパニック・ルーム(緊急時の避難用個室)に逃れる。そこでなんとか危険から回避できればいいと思いながら必死に耐えていた。しかし、引っ越ししたばかりのこの部屋の電話がまだ通じていない。しかも、強盗の狙う大金はこの部屋に隠されていた。

原題:Panic Room(「パニックルーム」) / 製作:アメリカ(2002年) / 日本公開:2002年5月18日 / 113分 / 制作: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

パニック・ルーム – 予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『パニック・ルーム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画も充実した品ぞろえ!
地獄のような体験を疑似的に味わえるのもリアルな映画ならでは。そんなハラハラドキドキなサスペンスを思う存分味わるのであれば、動画配信サービスがオススメです。通勤通学途中に観たいならスマホ、家でながら作業をしながら観たいならパソコン、大画面で迫力満点で観たいならテレビと、自由に視聴スタイルを選べます。自分のゆっくりできる環境を用意して物語に入り込むのがいいでしょう。今日から映画三昧な日々をおくれます。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。どんな場合でも出発地点はありますが、これはそのあなたの利用スタート日を元に無料お試しの期間が始動。当然、ユーザーごとにその開始日は違いますが、期間は決定済み。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「パニック・ルーム」の鑑賞はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。どうしても違法性ばかりに目がいきがちで、それだととどまらせることはできない面もありますが、再三に渡って注意は一応しておきます。

使うべきはどれ?
「DVDをお安くレンタルすることを考えていた自分がバカみたい」そうです。VODを利用することこそが本当の賢い家計術です。ここで留意すべきはVODのお約束な悩みごと。自分の鑑賞要望のある作品は本当に現在配信しているのか、これを視認しないことには動画体験は幕を開けることはありません。「パニック・ルーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その疑問は一般的な方法ならばひたすら公式サイトを確認しまくるしかないですが、それだと時間がかかります。そこでこのページのアイコンによるレコメンドを参考材料にすれば過程を大幅に短縮できます。構成の似通ったサイトはあっても、たいていは特定VODだけをゴリ推ししているばかりです。本来は対等な紹介が望まれます。もうVODビギナーとは言わせません。利用を開始すればもうあなたのパソコンやスマホは映画館に早変わり。観きれないほどの動画でエキサイティングです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「パニック・ルーム」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

広告ブロックに気をつけて
すぐさま動画を見たいのは当然の欲求であり、何かしらのサイトのリンクをクリックすることになるのですが、でも全然反応しない事態に遭遇したことはありませんか? 「ポップアップがブロック…?」という聞きなれないエラーメッセージに大慌て。あたふたしていると時間だけが過ぎていく。先ずこうなったときは広告ブロックツールを疑いましょう。もしくはセキュリティソフトです。一度それらを停止にしてみて同じ症状がでるかを確認するのです。「パニック・ルーム」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

動画はフルの方がいい
気づかずに動画を見ている人もいますけど、テレビ放送で流れる映画はフルではなく、時間の制約上、いくつかのシーンをカットして編集していることがあります。これが意外に重要な場面だったりして、作品の印象を大きく左右する場合も。これではなんだか消化不良です。しかし、VODならば完全なフル動画を提供しています。意図的な短縮版ではないのです。じっくり最後までの鑑賞を確約できます。「パニック・ルーム」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「パニック・ルーム」もリピート視聴でウォッチしたいと思いませんか? 映画なんて1回見ればじゅうぶんという人は聞き流して結構ですけど、演技やセリフの印象が1度目とはガラッと変わりますし、シーンの味わいも別格です。伏線にだって気づくでしょう。でも映画館で複数回同じ作品を観るのはさすがにちょっとマニアすぎると思っている人も大勢のはず。確かにそのとおりで、ハードルは高め。だったら最高クラスに気軽なVODを駆使すればイージーに連続鑑賞も実現できます。

『パニック・ルーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『パニック・ルーム』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・フィンチャー
脚本:デビッド・コープ
撮影:コンラッド・W・ホール、ダリウス・コンジ
音楽:ハワード・ショア

★キャスト
ジョディ・フォスター、フォレスト・ウィテカー、ドワイト・ヨーカム、ジャレッド・レト、クリステン・スチュワート、パトリック・ボーショウ、アン・マグナスン、イアン・ブキャナン、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、ポール・シュルツ、メル・ロドリゲス、リチャード・コナント、ケン・ターナー、ポール・サイモン、ヴィクター・スラッシュ

★『パニック・ルーム』の評価

IMDbRTMETA
6.875%??
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『パニック・ルーム』の感想

●シネマトゥデイ 
最初から最後まで緊迫感が続くサバイバルチックなサスペンス。アメリカのスリラーではベタな家での立てこもり展開は、シンプルながらも身近な恐怖を煽る素材としてはぴったり。こういうのを見ると思いますが、アメリカの家は、日本の家と違って、ある程度広いので隠れる要素が使いやすいですよね。パニック・ルーム以外はいたって普通の自宅というシチュエーションの中でも、次の展開が予想できないから最高にドキドキするわけで、良作です。
●TOHOシネマズ  
娘役はクリスティン・スチュワート。まだ幼い彼女を見られる貴重な映画。そんな目線で楽しむ人は少数でしょうけど。これを観ると、危機回避能力の重要性がひしひしと伝わってくる。しかし、実際にパニックに陥った時にあんな防御出来るわけないと思う。まず自分だったら、間違いなくそこらじゅうのものを倒しまくり、焦って動揺した挙句、部屋の隅で丸まるしかないのではないかと。部屋に閉じこもるのはフラグでしかない気もするし。
●DAILYMOTION  
デヴィッド・フィンチャー監督らしいスリリング。「ホームアローン」的だけど、おふざけはなし。終始シリアス。今回は母親メインで、女手ひとつでどうやって身を守るかも重要になってくる。子を守ろうとする母は強し。その意志だけで相手を打ち負かせるのか。そこが見どころ。緊急避難部屋というのがどれだけアメリカの家庭で一般的かは知らないけど、あまり役に立つ感じではないなと本作を観て確認。やはり逃げ口を用意するほうが大切ですね。