パトリオット・デイ / Patriots Day

その決断が危機を奇跡に変える

映画『パトリオット・デイ』のフル動画を無料視聴する確実な方法を「視聴可能サイトはコレです」と単刀直入にレコメンド。
今すぐ『パトリオット・デイ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Patriots Day(「パトリオットデイ」) / アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年6月9日 / 133分 / 制作:Closest to the Hole Productions / 配給:キノフィルムズ / 製作費:4500万ドル / 興行収入:5000万ドル

映画『パトリオット・デイ』本予告(6/9全国公開)

(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

動画
▼『パトリオット・デイ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る ポイント動画

VOD2 Huluで動画を見る 字幕or吹替

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『パトリオット・デイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フルウォッチングの機会です
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスは迫力で思わず目を離せなくなる面白さがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信はさらにスピーディーでしかもメリットも他にも充実。店に行く必要はないですし、大画面で鑑賞すれば映画的な見どころを損なうこともないので、大満足できるでしょう。

「無料」を見逃すな!
「有料は不可避ですよね?」それは商品である以上そうなのですが、無料お試しがあるのでひとまずは考えなくてもOK。DVDでコレクションできればいいのですが、それはかなり資金を余暇や趣味につぎ込める人のみの特権です。なかなか手を出せないと思います。無料の試用を駆使することで倹約ライフを保ったまま映画鑑賞の日々を過ごせます。「美味しい話があるわけない。実際の手順として登録が難しいんだろ」と疑り深い人も拍子抜け。登録は1分以内に完了できると保証します(文字を打つのが下手でない限り)。何も複雑さはありません。ピーター・バーグ監督の「パトリオット・デイ」もアリ。

最悪では済まされない!
不正な動画ウェブサイトはテロ行為ほどではないにせよ業界を破壊する意味でも適法性・実用性の二点で非推奨。マーク・ウォールバーグ出演の「パトリオット・デイ」もダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

これに決めた!
「私の中の鑑賞感情がムズムズとどこまでも終わりなく沸き上がってきた!」そうなったら我慢する方が自分の健康に悪いというものです。ただし、最も肝心な配信リストは不変ではないのが厄介。つまり、毎度いつ覗いても配信している映画もあれば、ある期間で配信終了のものも混在しています。ケビン・ベーコン出演の「パトリオット・デイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。モヤモヤの感情は綺麗にクリーンアップしてしまいましょう。それが一番の最善策です。このページのVODアイコンは配信中の可能性の高いものを提示しているので、煩雑な確認の手間暇を省くことができます。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

字幕・吹替、選択は自由
海外の外国語映画ならば選択しないといけないのは「字幕」か「吹き替え」か。この二択は日本特有のジレンマを発生させます。なぜなら日本語は言葉の量が長いこともあって、どうしても翻訳上の範囲におさめるためには省略が増えてしまうのです。こうなってくると変化になるのは必須。ピュアな気持ちとしては原語重視で楽しめると良いのですが、そんな語学力はない。となるとやっぱり翻訳してもらうしかない。どちらがいいのかという問題になります。元も子もない言い方をすれば、比べるのが最良。ジョン・グッドマン出演の「パトリオット・デイ」の面白さの発見につながるかもしれません。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは便利な「ウォッチリスト」機能によるサポートがあるので、マイアルバムやお気に入りリストのような感覚で、気になる映画をリスト化できます。自分だけの作品一覧になります。今は無理だけど後で見ておきたい…。そういう作品もたくさんあるはず。一期一会で終わるのはもったいないので、しっかり記録しておきましょう。ブラウザやメモアプリよりも楽です。Cookieを有効にしないと利用できないのでその点は留意してください。J・K・シモンズ出演のテロリズムの恐怖を描く「パトリオット・デイ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこのサポートに使える便利機能をフル活用してみましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいという需要を膨らませつつ思ったことはありませんか? ミシェル・モナハン出演の実話のリアリティが心に刺さる「パトリオット・デイ」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
アレックス・ウルフ出演の日常を奪われた苦しみが生々しく描かれる「パトリオット・デイ」を無料で見れないかともがく毎日。そんなあなたに押し付けられるのはもしかしてこんなサイトですか?「Pandora」「Miomio」「dailymotion」などのいつもの動画サイト群、「cloudvideo」「openload」「mixdrop」「vidia」「clipwatching」「vidoo」のようなアップロード型のサイト集。しかし、いずれもオススメはしません。理由は明快。コンテンツの合法性に確証がとれないからです。とくに後者のサービス勢は酷いもので、ほぼ100%が何かしらの違法性あり。そういうものの紹介はあてにするだけ損害です。

『パトリオット・デイ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月23日時点での『パトリオット・デイ』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『パトリオット・デイ』をさらに知る

2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側をマーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督のタッグで映画化。捜査関係者や犯人、被害者の市民など事件に関わった多くの人々の動きをたどりながら、事件発生からわずか102時間で犯人逮捕に至った顛末を刑事の視点からサスペンス満載で描く。『パトリオット・デイ』の製作総指揮はエリック・ジョンソン、ポール・タマシー、ニコラス・ネスビット、ダン・ウィルソン。2013年4月15日。ボストン警察の殺人課に所属する刑事トミーは、「愛国者の日(パトリオット・デイ)」に毎年開催されるボストンマラソンの警備についていた。それは一大イベントでメディアも観客も大盛り上がり。50万人の観衆で埋め尽くされて通りのテンションが増す中、トミーの背後で突如として大きな爆発が発生。一体は煙と叫びに包まれ、トミーらボストン警察の面々は混乱の中で必死の救護活動に取り組む。そこには何が起こったか理解が追い付いていない人、ショックで放心している人、負傷して呻くことしかできない人、死に絶えた人など、混沌とした状況。そんな中、現場に到着したFBI捜査官リックは、事件をテロと断定。捜査はFBIの管轄になり、ひとつひとつ現場の物品を集め、状況整理をしていく。犯人に対し怒りを隠せないトミーは、自分でも何か行動がしたいと思ったので、病院に収容された負傷者たちから丁寧に事件前後の話を聞いていく。やがて、監視カメラに映っていた「黒い帽子の男」と「白い帽子の男」が容疑者として浮かび上がる。

・主演のマーク・ウォールバーグは、舞台となったボストンの出身である。
・実際のニュース放送の映像が劇中で活用されている。

★『パトリオット・デイ』のスタッフ


監督:ピーター・バーグ(関連作品:『バーニング・オーシャン』)
製作総指揮:エリック・ジョンソン
脚本:ピーター・バーグ、マット・クック、ジョッシュ・ゼッツマー
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:トレント・レズナー、アティカス・ロス

★『パトリオット・デイ』のキャスト(キャラクター)


マーク・ウォールバーグ(トミー・サンダース)、ケビン・ベーコン(リック・デローリエ)、ジョン・グッドマン(エド・デイヴィス)、J・K・シモンズ(ジェフ・ピュジリーズ)、ミシェル・モナハン(キャロル・サンダース)、アレックス・ウルフ(ジョハル・ツァルナエフ)、マイケル・ビーチ(ディーヴァル・パトリック)、メリッサ・ブノワ(キャサリン・ラッセル)、カンディ・アレキサンダー、レイチェル・ブロズナハン

★『パトリオット・デイ』の評価

IMDbRTMETA
7.481%69
映画comY!FM
3.84.003.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『パトリオット・デイ』の感想

●『パトリオット・デイ』無料ホームシアター
アクション映画として、刑事ドラマとして最高に面白かった。実際のテロの映像と見間違える位の、テロシーンの恐ろしさ、100時間余りで犯人を捕まえる為の捜査、出来事、7割位の真実と、フィクション3割のエンターテイメント。非常に上手い配合である。夜間の住宅での銃撃戦や爆発も、知らなかったし、終息まで初めて知った事も多く面白かった。調べたら結構の場面が史実に基づいたものだと知ってさらに驚いた。
●『パトリオット・デイ』シネマトゥデイ 
この監督の作品の中では一番観やすかった気がする内容。まるでドキュメンタリーを観ているようなリアルすぎる映画。ニュースで知ったつもりになっていた事件が、加害者、被害者、捜査する人々、それぞれの視点で丁寧に描かれている。残酷な事実に息が詰まりながらも目をそらせなかった。こんな事件が世界中で起こっているのですよね。そして日本でもいつ起こってもおかしくない…。この映画から学ぶべきことはたくさんあるはずでしょう。
●『パトリオット・デイ』ユナイテッドシネマ 
フィクションという皮を脱ぎ捨てて極限のリアリティを追求していくと逆にフィクションに見えてしまうのだろうか。こんな事が当たり前の生活を送っている人々が暮らす場所で発生するなんて。その衝撃はきっと当事者は別次元で響いているのだろう。自分の身近な日常が崩壊する瞬間を経験したことがない私にとって、この映画が最も心を揺さぶられる体験だった。世界中で起こり続けているテロは毎回この衝撃をもたらしているのかと思うと…。