キング・アーサー(2017)

聖剣無双ソードアクション大作

映画『キング・アーサー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告はどのサイトよりも少なくスッキリ。
今すぐ『キング・アーサー』を見るなら動画リンクをチェック。

中世から語り継がれているアーサー王伝説をモチーフに斬新に映像化したソードアクションエンタテインメント。王の子でありながら路地裏のスラムで育った貧しい青年アーサーが、伝説の聖剣エクスカリバーを手にし、救世主として語り継がれる存在へと成長していく姿を描く。製作総指揮はデビッド・ドブキン、ブルース・バーマン。こんなアーサー王伝説は観たことがないと断言することは間違いないと保証します。イングランド王のユーサーは、権力の欲望に憑りつかれた魔術師モルドレッドを討ち取り王国を救うが、同じく野心を抱いた弟ヴォーティガンの反乱に遭い、必死になって幼い息子アーサーを小舟で逃がす。小舟はやがてロンディニウムに流れ着き、アーサーは娼婦に拾われて売春宿で育てられる。貧相な環境でも子どもの成長は止まらない。アーサーは成長するとスラムの悪友たちと付き合うようになり、様々な悪事を働きながら暮らしていた。一方、キャメロット城では川の水位が下がり、川底からユーサーの聖剣エクスカリバーが現れ、ヴォーティガンは驚愕する。ヴォーティガンは城の地下の魔物に会い、「真の王が目覚めようとしている」と未来の光景の兆しを告げられ、彼はユーサーの息子を探すように家臣に命じる。

原題:King Arthur: Legend of the Sword / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年6月17日 / 126分 / 制作:Warner Bros. Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億7500万ドル / 興行収入:

映画『キング・アーサー』本予告 【HD】2017年6月17日(土)公開

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『キング・アーサー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フルウォッチングの機会です
アクション映画を見て気分爽快リフレッシュ! そんなストレス発散をしたい人は、動画配信サービスを利用してみましょう。「それって画質とかがあまり良くないのでは?」そんなことはありません。昔の動画サイトと違って、今のVODは高画質で映像を楽しめるだけのコンテンツクオリティを保証しています。もし再生が上手くいかない場合は、それはあなたの通信環境の問題の可能性が高いです。このVODは無料お試しが用意されているので、映画動画をタダで期間中は観ることができます。このチャンスを逃がすのはもったいないです。どの動画配信サービスで視聴できるのかという問題ですが、このページでは配信しているサービスを整理してまとめています。紹介しているものをチェックして、ぜひ試してみてください。配信はかなり流動的で確定した情報は提示できないため、最終的な配信確認は動画サイト内でどうぞ。字幕と吹き替えの双方がありますが、どちらもこの映画らしい勢いが満載。迫力のある映像にじっくり集中できるでしょう。ストーリーに集中したいのであれば、吹き替えがベストかもしれません。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「キング・アーサー」の視聴はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→焦る→トラップにハマる→焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。ただしという嫌な追加分を書かないといけませんが、注意点がないわけではありません。最適な配信サービスはどれ?という解析が多少は必要になってくるのです。「キング・アーサー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その疑問をなんたら知恵袋に相談するくらいなら、こちらのページで質問に客観的にお答えします。あれこれと情報に惑わされるくらいなら、ピンポイントで作業短縮化できる方が良いに決まっています。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「キング・アーサー」の動画再生シークエンスが頻繁に停止しまくる、字幕や音声が大幅にずれる、シーンがカクついて部分飛びする…こんなときはサイトが重いせいもありますが、通信状態を確認すべきかもしれないのです。無線LANは便利ですがその範囲は障害物に弱く、2階建てなどの建築物は行き渡らないでしょう。そうなると増設・中継・設定変更という試行錯誤を繰り返すと改善する場合もあります。

フェアにオススメします
他の配信動画紹介サイトでよく見られる光景は、サービスをズラリと掲載しつつも、結局はひとつのサービスだけに固執して推薦してくるパターンです。それは個別のレコメンドにまで配慮が行き届いていません。フルムビバースの場合は、視聴可能なVODを情報に基づいて示して、該当動画リンクへと促すだけ。フェアであることを最優先にしているので、公正さについてはどこよりも自信があります。単純に「キング・アーサー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「キング・アーサー」の動画を楽しみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「解約」というワードだけを聞くと小難しい印象を与えますが、実際は遅くとも1分程度で終わる、とても簡単な作業。まずは退会ページにいきます。各サービスによって場所は異なりますが、たいていはユーザーのアカウント設定内にあります。続いてパスワード入力であらためて本人確認。あとは「契約を解除する」を選択でフィニッシュ。追加で軽いアンケートなどが表示されることもありますが、無視してもOK。もうこれで作業はいらないので一瞬です。

『キング・アーサー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『キング・アーサー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ガイ・リッチー(関連作品:『コードネーム U.N.C.L.E.』)
脚本:ジョビー・ハロルド、ガイ・リッチー、ライオネル・ウィグラム
撮影:ジョン・マシソン
音楽:ダニエル・ペンバートン

★キャスト
チャーリー・ハナム、アストリッド・ベルジェ=フリスベ、ジャイモン・フンスー、エイダン・ギレン、ジュード・ロウ、エリック・バナ

★雑学(トリビア)
・日本公開前の2017年4月時点では邦題が『キング・アーサー 聖剣無双』となっていた。

★『キング・アーサー』の評価

IMDbRTMETA
6.830%41
映画comY!FM
3.23.153.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『キング・アーサー』の感想

●無料ホームシアター 
アーサー王の物語を大胆にアレンジ。日本でも散々好き勝手にアレンジされているアーサー王なのだが、この映画も負けていない。まず、アーサーはホームレス化していて、凄くみすぼらしい暮らしをしている。さらに、謎の格闘センスを磨き、真の剣を手にした後、力を発揮すると謎のエフェクトで敵を吹っ飛ばす。もはや完全にテレビゲームの世界。この世界観のハチャメチャさは冒頭から一瞬でわかるので、ぜひこのバカさに付き合ってあげてほしい。
●FILMAGA 
貴種流離譚をガイリッチーにやらせるという発想で勝負しており、そこだけでよく押し切ったなと思う。ワイルドで強めなチンピラ的な風貌にエクスカリバーというギャップだけでインパクト大で、これがアーサー王伝説を描くだと教えられなければ、何もわからないだろう。カメラワークと音楽と映像の作り方…惜しみなくガイ・リッチー成分が味わえるので、確かに新感覚ソードアクションという宣伝は間違っていないのだが、それ以上のものがある。
●ユナイテッドシネマ 
ワーナー・ブラザースに1億5千万ドルの赤字をプレゼントしちゃったらしいけど、そんなことは気にしないテンション。アーサー王伝説をヒロイック・ファンタジー風にしたらどうなるかというアイディアはいいのに、やはりあっさり描きすぎか。テンポの速さがあだになってしまった事例か。話としては円卓の騎士達が揃うまでのプロローグなので、盛り上がりに欠けるのも厳しい。せめてあと3作くらい作れば変わってくるかもしれないのだが。