ザ・ディスカバリー(2017)

死後の世界が科学的に証明されたら…

映画『ザ・ディスカバリー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告はどのサイトよりも少なくスッキリ。
今すぐ『ザ・ディスカバリー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Discovery / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年3月(Netflix配信) / 102分 / 制作:Endgame Entertainment / 配給:Netflix

The Discovery | Official Trailer [HD] | Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】和訳オプション
VOD2【Hulu×】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV×】
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『ザ・ディスカバリー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使えばわかる面白さの宝庫!
世界で最も勢いのある動画配信サービスはNetflix(ネットフリックス)ですが、その理由は幅広いラインナップもさることながら独自のオリジナルコンテンツも人気の理由です。どうしてもこのネット配信はどの会社も似たり寄ったりな作品になってしまうのですが、そんななかでもNetflixのオリジナリティは一際輝いています。その独占配信作品はチープなものではなく、評価の高い作品も多く、独創的な作品がたくさん生み出されています。

「無料」より安いものなし!
体験者の評判こそ最高の宣伝材料ですが、その好評意見は「無料で試せてサイコー!」などウキウキしたものばかりです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間なんて都合の良いものは一瞬で終わるのでしょう?」そんな疑いは廃棄してください。じゅうぶんな時間があるので、動画をどんどん見ていく余裕がたっぷりあって幸せです。「ザ・ディスカバリー」もアリ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ザ・ディスカバリー」の視聴はダメです。直接的に怪しいサイトにアクセスしなくても、今は巧妙にそうしたサイトに誘導させるリーチウェブサイトもあります。例えば、ランキング系サイトはサイトを順位付けして表示しますが、その中に危険度大のサイトが紛れ込んでいることもあります。パーフェクトな安全性はあり得ないというのは詭弁で、そもそも安全を脅かしながら動画を見ること自体が根本的に間違いです。

使うべきはどれ?
「視聴願望は高まるばかりだし、これは今しかないのでは?」そういう気持ちには嘘はつけませんから、レッツゴーです。でも、全てが理想どおりのハッピーエンドになるには大事なポイントがあります。それはなによりも配信状況の確認。これは先決で、絶対に優先すべきことです。「ザ・ディスカバリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。似たり寄ったりなサイトは無数にありますが、フルムビバースは意図的に紹介VODを絞ることはせず、平等な扱いにこだわっています。配信は頻繁に変わるのでこれだけを鵜呑みにすることはできません。サイト上での目視は欠かせませんが、最初の参考材料には使えるでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ザ・ディスカバリー」でもあります。幅広い対応が売りなのは事実ですが、何はともあれ対応確認必須なのは変わりありません。テレビの大画面で見るならば、最新のものであればOKですが、古いとそもそもネット接続も不能で視聴できないかもしれません。パソコンは各社のブラウザで普通に見れますが、しっかり機能更新を含むアップデートをしておくことが大事。スマートフォンで見るならばアプリが用意されているので、それをストアでインストールすればラクラクでしょう。見れなかったら嫌ですのでこのVODマッチング確認は慎重に。

邪魔な広告は無し!
世の中にあるサイトの中には、広告が画面全体にいきなり脈絡もなく表示されたり、ページ内にあるリンクや検索バーに触れると全然別の怪しげなサイトに移動したりと、ユーザーを不快にさせるだけのものも山ほどあります。その一方で、安全最重視のフルムビバースは広告すらも大幅に抑えているので、最も肝心な「ザ・ディスカバリー」視聴を妨げません。ひと目でわかる違いがあると実感できるでしょう。スマホからこのページを閲覧しても広告量がゼロに近いほど少ないということを。画面を埋め尽くす広告などは皆無なので不快指数は最小限のフレンドリーなサイトです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ザ・ディスカバリー」は? 混乱しやすい部分なのでサービスごとに整理しましょう。詳細は別のページにまとめているので、詳しく知りたい方はそちらを参考にしてください。ざっくりまとめるなら、見放題系のHuluやNetflixと、個別購入型を含むU-NEXTやdTVでは無料の意味合いが違ってきます。前者であればすぐに好きなだけ全部が無料で見られます。後者では事前の登録時にもらえるポイントの範囲内で動画が見られるので、数に限りのある一部無料と言うべきかもしれません。

海賊版サイトは無料ではありません
一部の無料で映画をずる賢く観ようとするユーザーに伝染しているのが海賊版サイトですが、そんな利用者は知らないところで損害を受けています。不正プログラムも蔓延しているので、個人情報リストがダークウェブ上で売買されていることが調査機関によってたびたび報告されています。「ザ・ディスカバリー」が何が何でも見たいという感情は重々理解できますが、それを無料で何も登録なしに…というのは少々虫が良すぎる話です。ちゃんとオフィシャルを保障する企業に委ねましょう。それはどんな会社のものが良いのかはこのページでも案内しています。

『ザ・ディスカバリー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・ディスカバリー』をさらに知る

死後の世界が発見された後の世界の人々を描く異色のSFサスペンス。あなたは死後の世界を知ったらどうしますか。科学者のトマス・ハーバーは1年前に死後の世界を発見し、それを公表するが、それ以来、死後の世界に希望を見出した人たちによる自殺が大流行してしまう。人間の常識は揺らぎ、人生の在り方も見直されていく。それでもなお研究を続けるトマス・ハーバーに反発する息子は、1人の女性と出会い恋に落ちるが…。

★スタッフ
監督:チャーリー・マクダウェル
脚本:チャーリー・マクダウェル、ジャスティン・ラダー
撮影:ストゥルラ・ブラント・グロブレン
音楽:ダニー・ベンジー、ソーンダー・ジュリアーンズ

★キャスト
ジェイソン・シーゲル、ルーニー・マーラ、ジェシー・プレモンス、ライリー・キーオ、ロン・カナダ、ロバート・レッドフォード

★『ザ・ディスカバリー』の評価

IMDbRTMETA
6.346%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ザ・ディスカバリー』の感想

●映画無料夢心地 
ニコラス・ホルトが本作の主人公を演じるはずだったがスケジュールの都合で降板したという裏話。これニコラス・ホルトとルーニー・マーラだったら飽きずに最後まで見ていたかもしれない作品。もちろん、飽きずに最後までは見たんですが。金髪も美しいルーニー・マーラがいい感じ。アイラという名前も可愛くて、とても似合っていたなあ。アイラ本人は違和感を感じていたみたいだけれど。結構、もっと見ていたかったなと思える一作でした。
●FILMAGA
3歳までは皆名前と人が一致していて、4歳から違和感が出始めるという会話が何だか面白かったです。まず設定がいいのですよ。最初は「どういうこと?」となる。死後の世界をそうやって証明するの。本当にありうるの。じゃあ今の世界の立場はどうなるの。そのへんの疑問は一切説明されない。ここに驚き。ショックを隠せない。さらに映画は全然違うベクトルに向かって突き進む。そういうオチはネタバレ禁止だが、口に出したくてたまらない。
●ユナイテッドシネマ 
死んだら別次元で生きていけるという研究が立証され、自殺が急増してしまった世界。博士は姿を消したが、研究を続けていた。彼の次の目的は死後の世界の映像を入手すること。実験は成功したが、その映像が映すものは、果たして何なのか。死後の世界が確約されたところで、自殺者が増えるってみんなどれだけ人生を悲観しているんだとびっくりです。しかも次の人生が今より良くなる保証なんかないのに。嫌になったら、また自殺するのかな?
●FANDANGONOW
オチはSFでは珍しくはない展開で、やや強引。海外の方が考える死後の世界って、新鮮です。日本人だとあれです。地獄と天国が分かれて、明確にあの世に行くには三途の川を渡るというイメージさえあるから、意外に具体的になっているから、あまり憧れる人はいないかも。欧米はそんなに死後に夢を持っているのかな。「ディスカバリー」というタイトルどおり、発見してしまったのは秘密の世界の仕組み。そのからくりは死後よりも凄い。