グレート・ディベーター 栄光の教室

デンゼル・ワシントン渾身の感動作

映画『グレート・ディベーター 栄光の教室』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告はどのサイトよりも少なくスッキリ。
今すぐ『グレート・ディベーター 栄光の教室』を見るなら動画リンクをチェック。

黒人教師メルヴィン・トルソンの実話を基に、ディベートを通じて差別に立ち向かう教師と生徒たちの勇気溢れる行動を描く感動ドラマ。製作はトッド・ブラック、ケイト・フォート、オプラ・ウィンフリー、ジョー・ロス。1935年のアメリカ、テキサス州マーシャル。人種差別が色濃く残るこの街には「白人専用」施設があふれ、黒人たちは虐げられていた。こんな社会で生きるにはあまりにもツラいが、大切なものを忘れてはいけない。この歪んだ社会を正す方法は「教育」だけ。そう信じる教師トルソンは、黒人の若者に立派な教育を施すという夢の実現に向け、ディベート(討論)クラスを立ち上げる。そして、彼の熱意に触発された、勇気ある生徒たち。それは普段は抑圧されていた感情を言葉にして表せる、重要な場にもなっていく。やがて討論大会に出場し始めた彼らは、黒人というだけで経験してきた悲しい過去や秘めた怒りを「言葉」という武器に託し、その真に迫る共感性によって大勢の観客たちの心を動かしてゆく。だが、彼らの活動が、人々の注目を集め始めていた矢先、邪魔が入る。トルソンの言動を「過激すぎる」と問題視した学校側は、ディベート・クラスにまでその容赦ない圧力をかけ始め、せっかくの表現の場を潰そうとする。メンバー達は指導者のトルソンを欠いたままディベートにのぞむことになるが…。

原題:The Great Debaters / 製作:アメリカ(2007年) / 日本公開:2012年4月(DVDスルー) / 128分 / 制作:Harpo Productions / 配給:

グレート・ディベーター 栄光の教室(字幕版)(プレビュー)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『グレート・ディベーター 栄光の教室』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画でも学べることも!
日本ではあまり日の目を浴びなかった作品でも隠れた名作というのは存在します。そんなレアで素晴らしい作品を観たいときは、動画配信サービスを探してみましょう。このサービスは新作や大作ばかりのイメージもあるかもしれませんが、実はかなりマイナー作品も多数扱っており、その中には非常に評価の高い作品も隠れています。スルーしている人も多いですが、見逃すにはもったいない作品なので、注目しておくとさらなる面白い映画に出会えるでしょう。

「無料」で感謝!
粛々と使い始めようとするなら「ちょっと待った」です。まずはあなたが初回の無料トライアル適用可能かを調べましょう。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料はいいけど、その途中で退会すると?」そんな謎も解決。とくにどうにもなりません。何もペナルティはありません。そのままアカウント削除もできますし、あとでやっぱりまた利用も可です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの使用はストップすべきです。それで「グレート・ディベーター 栄光の教室」の鑑賞はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→焦る→トラップにハマる→焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。「グレート・ディベーター 栄光の教室」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページは各VODの配信状況をできる範囲ではありますが、インフォメーションとして反映させるように掲示しており、更新も行っているので、ヒントにしながら確認作業を円滑に進行させることができます。別の紹介サイトではどんな作品ページでも一様に同一文章でリコメンドしているものもありますが、ここでは各作品の適合性に配慮しています。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

パスワードは大事
バリエーショナルなVODは魅惑的ですが、その利益を享受する前にアカウント作成しないといけません。そして絶対に決めることになるのがパスワード。あなたは毎回深く考えにパスを決定していませんか。それだと最悪な事態になるかもしれません。アカウント乗っ取りのたいていの原因は、粗雑なパスワードが理由であり、使い回しをしていた人も多いです。まさか誕生日などを使っている人はいないと思いますが、辞書に載っている単語すらもダメです。独自の羅列にしましょう。安全な「グレート・ディベーター 栄光の教室」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

悪いサイトを追い出すために
各所で報道されている海賊版動画ウェブサイト。それらからのダウンロードは完全に犯罪なのですが、個人視聴は規制しづらくなかなか終息しません。「フィルタリングならブロックできるはず」というのも過信にすぎず、実際は抜け穴がたくさんあります。そんな穴を効果的に埋めるためにはVODの普及が鍵を握っているかもしれません。専門家の意見では安価で便利なサービスの浸透はユーザーの目をこちらの合法的な動画に向ける効果があり、検閲の問題を発生させることもありません。「グレート・ディベーター 栄光の教室」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料動画サイトとの違い
ネットの発達の黎明期の頃から動画鑑賞を牽引してきたのは動画共有サイトで、世界ではYouTube、日本ではニコニコ動画が席巻してきました。しかし、今や問題点だらけです。とくに子どもには本来は勧めづらいところもあります。不適切なコンテンツもあり、視聴制限も機能していません。大人でも厄介なのは低品質な無価値動画の多さ。イライラして動画探しが嫌になった人もいるのではないでしょうか。完全な公式動画の管理がしっかり徹底されているVODならば杞憂ですので、「グレート・ディベーター 栄光の教室」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「グレート・ディベーター 栄光の教室」を1度だけで満喫できたと思えますか? まさか途中までしか見ていないという人はいないと思いますが、全部観ても意外な見逃しがあるものです。伏線は至る所にあり、オチを知ってから見ると違った印象になることも。映画は噛めば噛むほど味が出るガムになる場合もあるのです。かといって映画館は複数鑑賞のコストがバカになりません。数千円のお金がサイフから消えるのは嫌です。そこでVOD。たった数百円の料金であらゆる映画を何十回と視聴できます。

『グレート・ディベーター 栄光の教室』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『グレート・ディベーター 栄光の教室』をさらに知る

★スタッフ
監督:デンゼル・ワシントン
製作総指揮:デヴィッド・クロケット、ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン
脚本:ロバート・エイゼル
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ピーター・ゴラブ、ジェームズ・ニュートン・ハワード

★キャスト
デンゼル・ワシントン、フォレスト・ウィテカー、デンゼル・ウィッテカー、ネイト・パーカー、ジャーニー・スモレット、ジャーメイン・ウィリアムズ、ジーナ・ラヴェラ、ジョン・ハード、キンバリー・エリス、デヴィン・タイラー

★『グレート・ディベーター 栄光の教室』の評価

IMDbRTMETA
7.679%??
映画comY!FM
?????3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『グレート・ディベーター 栄光の教室』の感想

●FILMAGA 
論破という言葉があるが、それを実践してしまった実話である。白人による黒人への暴力に対してディベートで応戦する。注意しておく必要があるのは、論破と言っても相手を勢いで押しまかすわけではないということだ。相手に寄り添い、耳を傾けつつ、自分の意思を伝える。前提は他者への尊敬がある。それでも相手を言葉で責めることがメインだと勘違いしている人が多いのは悲しい。真の討論ができてこその「グレート」の名を冠するにふさわしい。
●TOHOシネマズ  
教師役のデンゼルワシントン! この人に任せておけば安心。絶対に名演を見せてくれる。カリスマ性、知性、優しさ、そして若干の得体の知れない感。この人は普通に政治家向きじゃないかという気もする。言葉の重みや深みを今一度原点に立ち返って教えられた大事なドラマであり、人種問題を扱っているが、それ自体だけでなく、普遍的なコミュニケーションの大切さを描くものでもあった。「敵は存在しない」「私の言葉は真実だから」心に響く。