リディバイダー / Kill Switch

驚異のSF短編を長編映画化

映画『リディバイダー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質な広告表示は一切ありません。
今すぐ『リディバイダー』を見るなら動画リンクをチェック。

多くの映画でVFXを担当してきた英国の映像作家ティム・スミットが2009年に自主制作した短編映画「What’s in the Box?」をリブートした、異常をきたした無限エネルギーからパイロットが家族と地球を救うべく戦っていくSFドラマ。製作総指揮にはクレイ・ペコリン、ラッセル・ガイザー、アーロン・ライダー、ミラン・ポペルカなどが名を連ねる。石油資源の枯渇した近未来。若き物理学者ウィルは、オランダに本拠を置く新興電力会社「アルタプレックス社」から、思わず驚いてしまうほどの破格の条件で特殊任務要員にスカウトされる。そのミッションはかなり特殊なものだが、決して危険性はそこまでないはずだった。任務は、エネルギーの収穫源となる「人工的に複製されたエコー宇宙」に跳び、重要な拠点である新造の発電施設に箱(ボックス)と呼ばれる「調整弁」を据え付けてくること。それで終わりである。ところが、実際に跳躍(ジャンプ)した世界で彼が見たのは、想定とは異なる信じられない世界であり、おびただしい数の殺害遺体が転がる地獄のような廃墟の街だった…。

原題:Kill Switch(Redivider) / 製作:アメリカ・オランダ(2017年) / 日本未公開:2018年6月9日 / 91分 / 制作:FilmNation Entertainment / 配給:松竹メディア事業部

映画『リディバイダー』予告編2018/6/9(土) ダン・スティーヴンス主演 最新鋭FPS映像で描く、映像ドラマ体感型SFクライシスムービー!!

(C)2016 REDIVIDER PRODUCTIONS,B.V ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『リディバイダー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

マジカルな世界も体感できる!
独特の世界観が特徴で人を惹きつけるSFは確かな魅力があり、ついつい観てしまうことがあります。そんな作品をお得に見たいときは、利用者も増えている動画配信サービスを使ってお得に見ましょう。レンタル店ではなかなか探せないマイナー作品を見つけるなら、ウェブサイトにいけばすぐに視聴できるので便利です。さらに視聴スタイルも自由で、スマホ、パソコン、タブレット、テレビと自由自在に選択できます。

「無料」は全て初心者のため!
喜びを表現するのが難しいくらいの感激があるのは、なんといっても無料お試しコースの体験者にしかわからないことです。なんとも耳寄りな情報ではありますが、これは初期登録時点から設定された一定の期間、動画視聴を含むあらゆる機能を無料試用できるもので、フリーダムに使えます。「サービスの利用停止はすぐにできますか?」という質問は最も頻繁に寄せられるものです。その答えはいつもひとつ。とても簡単にできます。自由に退会ができないようなことはないのでご安心を。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「リディバイダー」の鑑賞はダメです。危険性の具体例はこのとおり。消しても消しても消えない悪質な広告、一向に再生が進まずに画質も低い劣悪な動画の品質、さらにはプライバシーを密かに盗む有害性、パソコンやスマホに極端な負荷を与えるダメージなど、嫌なことだらけ。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→焦る→トラップにハマる→焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

あなたの選択は自由!
作品のデジタル普及は近年になって著しく拡大し、VODはそのメインストリームとして市場を牽引しています。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。「リディバイダー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その疑問は一般的な方法ならばひたすら公式サイトを確認しまくるしかないですが、それだと時間がかかります。そこでこのページのアイコンによるレコメンドを参考材料にすれば過程を大幅に短縮できます。「映画動画」と記されたリンクを見つけてクリックすれば、そこはランキングページで動画は無い…そういうガッカリとは縁を切りましょう。実際に試してみた人の大半は「満足している」とおおむね高評価。すっかりハマってしまい、重度の映画趣味になった人も少なくありません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「リディバイダー」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

登録情報は最小限
避けては通れない登録作業は難しくはないのですが、人によっては「その情報を入力しても本当に大丈夫なのだろうか」「不正利用が起きたりはしないのかな」という疑念が湧いてきます。登録するものはメールアドレスや支払い先など必要最低限に限られているのでその点は安心ですし、情報はいつでも変更・削除できるので、そこまで恐れることもありません。「支払い情報を入力したらすぐさま料金発生するんじゃ…」という怖さもありますがお試し適用なら無料なのでそこは問題ないです。あとは「リディバイダー」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
急に広告画面がバッと表示されるサイトというのは、何かしらのユーザー不利益を発生させることもいとわないものです。なるべくなら公式サイトを活用すべきであり、すぐさま鑑賞を安全にするものが必要です。導いてくれる案内板のようなものが。そこでフルムビバースのレコメンドサポートで、安全第一を確保しながら、「リディバイダー」視聴を妨げません。ひと目でわかる違いがあると実感できるでしょう。スマホからこのページを閲覧しても広告量がゼロに近いほど少ないということを。画面を埋め尽くす広告などは皆無なので不快指数は最小限のフレンドリーなサイトです。

無料動画サイトとの違い
ネットの発達の黎明期の頃から動画鑑賞を牽引してきたのは動画共有サイトで、世界ではYouTube、日本ではニコニコ動画が席巻してきました。しかし、今や問題点だらけです。とくに子どもには本来は勧めづらいところもあります。不適切なコンテンツもあり、視聴制限も機能していません。大人でも厄介なのは低品質な無価値動画の多さ。イライラして動画探しが嫌になった人もいるのではないでしょうか。完全な公式動画の管理がしっかり徹底されているVODならば杞憂ですので、「リディバイダー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『リディバイダー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『リディバイダー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ティム・スミット
脚本:オミッド・ノーシン

★キャスト
ダン・スティーヴンス、ベレニス・マーロウ、チャリティ・ウェイクフィール、ティゴ・ゲルナント、チャリティー・ウェイクフィールド

★『リディバイダー』の評価

IMDbRTMETA
4.910%??
映画comY!FM
?????2.5
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『リディバイダー』の感想

●無料ホームシアター 
かなり最近のFPSゲームやオープンワールド・シューティングアクションにありそうな世界観と演出の作品でした。心にグサッと刺さる人は絶対にいると思うし、下手をしたらドハマりするかもしれません。映像的な迫力も最上級ではないにせよ、それなりのものが揃っているし、申し分ないクオリティ。あとは知名度の問題です。その点は全然ない作品で、きっと知る人知るといういつもの扱いで終わってしまうでしょう。なんとも悲しい運命の映画です。
●DAILYMOTION  
雰囲気からして変わった作品です。それもそのはず、アメリカとオランダの合作で、本国での配給はあの「パワーレンジャー」でおなじみのSaban Filmsなんですね。どおりでちょっとエンターテインメント色が独自の個性で際立っていたはずですよ。主演はダン・スティーブンス。筋骨隆々なボディで有名な彼が、今作ではどんな活躍を見せるのか、それは秘密にしておくとして、ユニークな作品を見ておきたいならこの映画を視聴候補にすべきです。
●イオンシネマ  
思った以上に映像がぐらんぐらんと動き、苦手な人は酔います。巨大な画面で釘付けになって見るのは危ないかもしれません。そもそもこういう視点がグルグル動く系の作品は、好み以前に人の三半規管にダイレクトダメージを与えてきますので、最初からヤバいと思った人は気を付ける必要があります。かといって、それを理由に観ないのはもったいないわけで。対策としては画面を注視せず、チラ見程度で酔いを適度に防ぐのがベストでしょうか。