ザ・サークル(2017)

SNSでつながりすぎた社会の恐怖を描くスリラー

映画『ザ・サークル』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質な広告表示は一切ありません。
今すぐ『ザ・サークル』を見るなら動画リンクをチェック。

ソーシャルメディアでつながりすぎた人々とテクノロジーがもたらす超管理社会を描くデイヴ・エガーズのディストピア小説「ザ・サークル」を原作としたSFドラマ。製作総指揮にはステファニー・アズピアズー、ロン・シュミット、サリー・ウィルコックス、スティーブ・シェアシアンなどが名を連ねる。世界最大のインターネット企業「サークル」。この大企業に就職することができたメイは、最先端で進歩的な職場環境にワクワクする。それは普通の仕事ではない、やりがいに満ちている。「サークラー」と呼ばれる社員たちとともに、日々の出来事や趣味、同僚への評価を逐一SNSで共有する環境を新鮮に感じていたが、それは少しずつ変な感じへと変わり、次第にこれでいいのかと違和感を覚え始める。そしてついにとある事件が起きたことで事態は一変する。

原題:The Circle / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年11月10日 / 110分 / 制作:Image Nation Abu Dhabi / 配給:ギャガ / 製作費:1800万ドル / 興行収入:

映画『ザ・サークル』本予告 11月10日(金)公開

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『ザ・サークル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの俳優もバッチリ見られます!
日本でも有名な海外俳優が出ている作品はどんなジャンルであれ、とりあえずチェックしておきたいというものです。そんな気になる作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを使ってみましょう。ネット配信という特性を活かして、自由に視聴メディアを選べることができます。人によっては家にテレビやパソコンがない場合も最近は増えましたが、このサービスであればお手持ちのAndroidやiPhoneで鑑賞できるので安心です。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。どんなサービスでも最初は不安があるもので、自分に合わないものだったらどうしようなどとミスマッチを不安視しますが、初回無料ならば実際に触って感触を確かめることが可能。「解約できないというトラブルが怖い…」そんな気持ちもよくわかりますが、そのような厄介な事態にはなりません。なぜなら解約ステップは単純で、思いついた時にすぐにアカウント削除が可能。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ザ・サークル」の視聴はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

これに決めた!
「トイレを我慢するよりも映画動画視聴の欲求を抑える方が厳しい?」それは言い過ぎですが夢中になるのは納得です。ここで留意すべきはVODのお約束な悩みごと。自分の鑑賞要望のある作品は本当に現在配信しているのか、これを視認しないことには動画体験は幕を開けることはありません。「ザ・サークル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはその疑問の解消のサポートができます。フルムビバースでは各作品が視聴可能なVODをアイコンによって一覧化。このインフォメーションは固定ではなく状況変化に合わせ更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。配信は頻繁に変わるのでこれだけを鵜呑みにすることはできません。サイト上での目視は欠かせませんが、最初の参考材料には使えるでしょう。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画を観る時の分かれ道となる分岐点は「字幕」「吹き替え」の選択肢です。ネット上では論争になっていることもしばしばですが、もうこれには明確な正解はありません。字幕だと俳優の音声がそのまま聞けるのでオリジナル派には必須。しかし、文字を追うのは大変(リスニング力があるならOKですが)。吹替は翻訳センスを問われるのでかなりの運試しでもあり、お墨付きの出来栄えなら安心できます。VODでいっそのこと見比べしてみるのも、見慣れた「ザ・サークル」の面白さの発見につながるかもしれません。

邪魔な広告は無し!
どういうサイトであれ、管理者が粗雑なものならば、何の前触れもなく広告画像が動画上に表示されたり、リンクに触れるだけで無関係の宣伝ページに移動したり、ユーザーを不快にさせる挙動を見せるものはすべからく危険です。ダントツな安全を追求するフルムビバースでは有害性のある広告は一切ないと確証をもって宣言し、「ザ・サークル」視聴を妨げません。スマートフォンでのサイト閲覧では広告がしつこいほどに画面に表示され続けるという嫌な体験をした人もいるでしょう。しかし、このページにはそんな邪魔広告はありません。間違ってタップしてしまうこともないです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ザ・サークル」の鑑賞はそれで終わるのではなく、SNSで感想を流すことでさらなる変化が生まれます。バズることで映画が大ヒットするかもしれませんし、思わぬ発見につながって映画の楽しさを発掘できるかもしれません。友人との輪を強固にして、さらなるフレンドの増加にもつながることも。どんな媒体でもいいので鑑賞報告をしてみるだけでもぜひともお試ししてみてください。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ザ・サークル」もリピート視聴でウォッチしたいと思いませんか? 映画なんて1回見ればじゅうぶんという人は聞き流して結構ですけど、演技やセリフの印象が1度目とはガラッと変わりますし、シーンの味わいも別格です。伏線にだって気づくでしょう。でも映画館で複数回同じ作品を観るのはさすがにちょっとマニアすぎると思っている人も大勢のはず。確かにそのとおりで、ハードルは高め。だったら最高クラスに気軽なVODを駆使すればイージーに連続鑑賞も実現できます。

『ザ・サークル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・サークル』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジェームズ・ポンソルト(関連作品:『人生はローリングストーン』)
脚本:ジェームズ・ポンソルト、デイブ・エガーズ
撮影:マシュー・リバティーク
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト
エマ・ワトソン、トム・ハンクス、ジョン・ボヤーガ、カレン・ギラン、エラー・コルトレーン、パットン・オズワルト、グレン・ヘドリー、ビル・パクストン、フレッド・コーラー

★『ザ・サークル』の評価

IMDbRTMETA
5.316%43
映画comY!FM
2.92.983.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ザ・サークル』の感想

●映画無料夢心地
巨大SNS企業に入社した主人公の話。IT企業もここまでくると、気持ち悪くて、もう狂った宗教みたいなものですね。集団心理の危うい世界ですね。人を惹きつけるプレゼンは、見事だった。24時間をネット上に公開してのであれば、エマ・ワトソンさんの私生活をもっと見せて欲しかったですね。色っぽさは全くなかったのが残念かな。なんか24時間ライブ配信の割にはあっさりしてましたよね。生々しい感じが伝わってくると思ったのですが…。
●ユナイテッドシネマ
エマ・ワトソン主演に惹かれて観ました。サークルの規模の大きさにはリアリティは感じられませんでしたが…近年ますますSNSは生活に密接してきているので、メイがマーサーの作品を投稿して、それが炎上するというシーンは十分あり得るし、もうあるかもしれない話だなと強く思いました。日常生活でずっとカメラを付けていたシーンも、プライバシーがどんどん無くなっていく感じがとてもリアルな恐怖を感じるシーンでした。ネット、怖い!
●DAILYMOTION
新入社員がどんどん会社の世界観に染まっていき、反道徳的行為にも手を染めていく。この感覚がマヒしていく状況は完全にブラック企業そのものである。主演しているのがエマ・ワトソンというのも効果的で、彼女の持つ生真面目さや凛とした正統派な姿が企業という枠にハマって自己陶酔していくキャラにピッタリだった。こういう人間はきっと身近にいるのではないか。SNSにばかり張り付いているあなたもきっと覗き願望があるのかもしれない。