チルソクの夏(2003)

日本と韓国の淡い恋

映画『チルソクの夏』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質な広告表示は一切ありません。
今すぐ『チルソクの夏』を見るなら動画リンクをチェック。

日本人の女子高校生と韓国人の男子高校生との淡い恋の行方を描いた青春ドラマ。プロデューサーは臼井正明と志水俊太郎。1977年7月7日、釜山で行われた下関と釜山の親善陸上競技大会に、親友の真理、巴、玲子と共に出場した高校2年生の郁子は、その異国の世界で色々な刺激をもらい、それだけでなく出会いもする。同じ種目の韓国人青年・安大豪と恋をし、来年また大会で会おうと、チルソク(七夕)の約束を交わす。それは淡い青春の約束だった。以来、ふたりは文通を通して絆を深め合うが、郁子の両親は自分たちと国の異なる韓国人との交際にいい顔をしない。それは、安の家族も同じことだった。やがて、何の前触れもなく安の手紙は途絶えるようになる。

原題:チルソクの夏 / 製作:日本(2003年) / 日本公開:2004年4月17日 / 114分 / 制作: / 配給:プレノンアッシュ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『チルソクの夏』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

素敵な動画がここにある!
さまざまな隔たりを超えて関係性を深めていくヒューマンドラマは確かな魅力があるものです。そんな作品をたくさん観たいときは、動画配信サービスがオススメです。このサービスは人気も上昇していった結果、今ではレンタル店よりも身近になり、利用者の割合もアンケート調査によれば6人に1人というデータもあります。これから初めて利用する人でも安心です。基本的な仕組みは難しくなく、アカウントさえ作ればすぐに利用を始めることができます。

「無料」より安いものなし!
耳寄りな情報はこれだけではありません。利用者歓喜のビギナーズ・プレゼントが無料体験というビッグな宝箱です。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「どうせ素人には全然扱えないんじゃないの?」なんて怖がらず、リラックスしてください。どちらかといえば、普段はネット系のサービスに慣れていないお年寄りにさえもラクラク利用できるほどです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「チルソクの夏」の再生はダメです。危険性の具体例はこのとおり。消しても消しても消えない悪質な広告、一向に再生が進まずに画質も低い劣悪な動画の品質、さらにはプライバシーを密かに盗む有害性、パソコンやスマホに極端な負荷を与えるダメージなど、嫌なことだらけ。自分の重大な個人情報が洩れて良いことなんてひとつもありません。そこまでして見たい動画があるといえますか。

これに決めた!
「視聴願望は高まるばかりだし、これは今しかないのでは?」そういう気持ちには嘘はつけませんから、レッツゴーです。煩わしい面倒部分があるとすれば、それは「一体自分の見たい映画はどこにあるのだろう?」と探さないといけないことであり、これがまた猫の手も借りたいです。「チルソクの夏」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。全ての各社サービスをイチイチ目視チェックしていたら目が疲れてきます。そこでこのページは作業の大幅簡略化に貢献することが可能。アイコンを見れば、何となくな最近の動画傾向もわかるでしょう。動かぬ岩のように内容が微動だにしないなんてことはなく、フルムビバースは更新頻度は適切に設定しており、なるべく有用な情報を探せます。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「チルソクの夏」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

登録情報は最小限
動画共有サイトと違って基本は登録しないと利用できないVOD(そのぶん最高の環境が整っています)。登録する際の個人情報入力に懸念を持っている人は多いはず。このご時世、何に悪用されるのかもわかりません。でもその危険性はそこまでの心配はいりません。少なくとも躊躇するほどではないです。なぜなら登録内容は最小限ですし、その中身は変更も容易いので、問題発生時もすぐさま対応できて、利用範囲も限定されています。あなたがそのパスワードをうっかり漏らさないなら大丈夫。あとは「チルソクの夏」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「password」「123456」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「チルソクの夏」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「チルソクの夏」は? 複雑難解というわけではなく、初回の料金が期間限定で無料になるという意味であり、利用を促進させるためのものです。「どれが見られるのか?」という最重要ポイントはサービスの中身を見ないとわかりません。見放題タイプは話が単純。全部が基本は無料です。単体作品ごとにポイント購入するタイプは、初回時にゲットできたポイントの範囲内で各自があれこれとやりくりしないといけませんが、新作が見れる可能性も高く、劣っているわけではありません。

『チルソクの夏』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『チルソクの夏』をさらに知る

★スタッフ
監督:佐々部清(関連作品:『陽はまた昇る』)
脚本:佐々部清
撮影:坂江正明
音楽:加羽沢美濃

★キャスト(キャラクター)
水谷妃里(遠藤郁子)、上野樹里(杉山真理)、桂亜沙美(藤村巴)、三村恭代(木川玲子)、高樹澪(26年後の郁子)、山本譲二(遠藤隆次)、金沢碧(遠藤光子)、田山涼成(寺田先生)、福士誠治(宅島純一)

★『チルソクの夏』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
??3.883.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『チルソクの夏』の感想

●映画無料夢心地
70年代の文化に乗せて当時まだ隔たりの多かった日本人と韓国人の淡い恋心を描き、ほのかなノスタルジーが漂うドラマです。日本と韓国、地理的には隣国でも対立が絶えません。それは歴史的・政治的軋轢が原因なわけですが、なぜかそれが波及して個人を中傷するような人さえも両国に現れています。しかし、この映画はそんな感情論的な対立とは真逆の、イデオロギーを排した徹底的に個人の交流を描くことで、2国に障壁などないことを示すのです。
●FILMAGA 
韓国と北朝鮮の融和をスポーツを通して描く作品はあったが、こちらは韓国と日本の融和である。しかし、劇中では政治的要素はほとんど感じない。もちろん、題材となった親善陸上競技大会は政治に振り回されたりしてきたわけだが、参加している当人たちにしてみれば重要ではない。彼ら彼女らは政治の代弁者ではない。あくまでこのフィールドで青春を謳歌しようとしているだけなのだ。そんな当たり前の世界で普通に存在するつながりを大事にしたい。
●ユナイテッドシネマ  
21世紀のラブロマンス邦画では個人的に3本指に入るぐらい好きな作品。特にラストシーンから「なごり雪」が流れるあの一連の流れがほんとに完璧だと思いました。メインの70年代がカラーで、00年代がモノクロの演出も不思議。上野樹里はこの作品でデビューしたのかな。非常に上手いです。これを機に、彼女は韓国でも知名度の高い女優になったので良かったですね。最後に全てがつながり、思わず「おおっ!」と声が出てしまうほど話の結び方に感動。
●BILIBILI
この作品の頃(1977~1978)は日韓の負の歴史が両国社会にまだまだ影を落としていた時代でした。韓国ではパク・クネ大統領の父親(朴正熙)が大統領で、戒厳令をしいて日本の歌も映画も禁止とされていたのです。日本でも在日朝鮮人に対する差別意識がまだまだ普通に残っていました(これは今もですが)。国境を超えた、歴史の弊害を超えたラブストーリーというと大げさですが、普遍的な愛が国をまたがって存在できる象徴的な映画ですね。