RAW 少女のめざめ(2016)

失神者続出の問題作、あなたは見届けられるか

映画『RAW 少女のめざめ』のフル動画を無料視聴する方法をお得さ込みでレコメンドしています! 悪質な広告表示は一切ありません。
今すぐ『RAW 少女のめざめ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Raw(Grave) / フランス(2016年) / 日本公開:2018年2月2日 / 99分 / 制作:Frakas Productions / 配給:

映画『RAW〜少女のめざめ〜』予告編
動画
▼『RAW 少女のめざめ』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 ポイント動画

VOD2【Hulu】 機能充実

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)

▼『RAW 少女のめざめ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

鑑賞チャンスはスルーできない!
普通の平凡な作品やわかりきったシナリオの映画には飽きたという人には個性的なインパクトのある作品がオススメです。そんな作品をお得に探しているときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。マイナー作品をレンタル店で探すのは大変な時もありますが、ネット配信であればすぐに発見してその場で視聴することが可能です。もちろん、必ずすぐに見なくても、家に帰ってゆっくり鑑賞するのも可能です。自分の生活スタイルに合わせられます。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。どんなサービスでも最初は不安があるもので、自分に合わないものだったらどうしようなどとミスマッチを不安視しますが、初回無料ならば実際に触って感触を確かめることが可能。「解約を阻むあれこれがあって登録損するとか?」「上手い具合に退会にたどり着けさせない罠ではないのかな?」と厳重警戒モードな人も安心しましょう。解約行為は自由なのでことさら意味もない規制はありません。断られてしまうような残念な事態は起きません。ジュリア・デュクルノー監督の「RAW 少女のめざめ」もアリ。

有益どころではないのです!
なお、巷に溢れる優しく近づいて血まみれにさせるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでガランス・マリリアー出演の「RAW 少女のめざめ」の鑑賞はダメです。強制表示される広告はアダルト系のものが多いですが、中には登録しないと動画が見れないかのように明らかな嘘で相手を誤認させるものも。それで登録でもしてしまえば、プライバシーはなくなると思ってください。流出騒ぎになってからではもはや手遅れとなります。オフィシャルは100%の有用性が保証済み。これを上回るものはないと現状は言い切れるので迷わず使ってください。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、各社の打ち出すサービスを整理しつつも、自分の理想を見つけるのは降参してしまう難所。個々で「これは良し」「これはない」と目視チェックすると疲れてきます。エラ・ルンプフ出演の「RAW 少女のめざめ」を視聴できるVODはどれなのか期待と不安がぐちゃぐちゃになって気になると思います。このページは不健全で法令違反しているリーチサイトではありません。コンプライアンスに基づき、正しいリーチ・ルートを提供するものです。各作品ごとに提案するVODは当然ピンポイントで変わってきます。似たり寄ったりなサイトは無数にありますが、フルムビバースは意図的に紹介VODを絞ることはせず、平等な扱いにこだわっています。ずっと機会があるとは考えないでください。焦らせるつもりはありませんが、かといって変に悠長にさせるつもりもないのです。残念ながらいつかは配信も終わります。せっかくの無料動画でも意味なしです。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「過激な内容とか、アダルトな映像だったら、どうする?」という疑念です。細かく設定可能なフィルターはないですが、その代わり、子ども仕様にアカウントを切り替えることができます。それ自体は簡単設定で完了です。これで大人向けの作品が表示されることはなくなります。家族で好みも違うので、私はこれが見たいという需要があるときに、誰が一番に望みをかなえていくのかで終わりなき喧嘩をするかもしれませんが、使い分けで不要なトラブルも回避できます。安心に家族の平和を保てるでしょう。逆に中には完全な大人オンリーの動画を集めたサービスも別個にある場合も。ラバ・ナイト・ウフェラ出演の「RAW 少女のめざめ」は子どもには刺激強すぎです。

邪魔な広告は無し!
いい加減に視聴中に広告が不格好に邪魔してくるのはうんざりではありませんか。そんなものに付き合っていたら最悪です。どうしたって意味はないものに振り回されるのは嫌です。そもそもそういう広告はたいてい違法性の高いものであり、迂闊に加担しようものならばあなたにもリスキーです。アクセス記録は残っているので足がつきます。動画を見ているだけでは済まない事態になってくるのです。綺麗な身でいたいならフルムビバースの安全空間にようこそ。カニバリズムが炸裂する「RAW 少女のめざめ」視聴を妨げません。ひと目でわかる違いがあると実感できるでしょう。スマホからこのページを閲覧しても広告量がゼロに近いほど少ないということを。画面を埋め尽くす広告などは皆無なので不快指数は最小限のフレンドリーなサイトです。

表現規制を避けるなら
映画という映像媒体コンテンツなら避けられない表現規制の問題。劇場上映やテレビ放送ではレーティングという独自の業界規則で諸々の制約が生じ、人知れず内容が精査されています。このままでは提供不可と判断されると、シーンカットやモザイク処理などがあったり、倫理的なトラブルで自粛という事態も起こります。これではクリエイティブな自由度は鎖につながれるだけ。しかし、独立性の高いVODならば、そうした枠とは外れて展開していることがあるので、映画を純粋に視聴できます。ローラン・リュカ出演の「RAW 少女のめざめ」も無規制で。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。そういう場合の選択術はノウハウはいるのでしょうか。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。ショッキングすぎて話題騒然となった「RAW 少女のめざめ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画にはサブテキスト解説が必要かもしれませんけど間違いなく面白いです。

『RAW 少女のめざめ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月7日時点での『RAW 少女のめざめ』の動画配信
  • 「dTV」「ビデオマーケット」です。

▼『RAW 少女のめざめ』をさらに知る

あまりのグロテスクな展開に上映会で失神者や吐き気を催す観客が続出したことで話題となったホラー。製作はジャン・デ・フォレ、ジュリー・ガイエ、ナディア・トリンチェフ、ジャン=イブ・ルバン、カッサンドル・ワルノー。家族全員が獣医で菜食主義者の家庭に育ったジャスティン。一切肉を食べない厳しい食生活を送っていた彼女が、その生活から逃れるためだけに獣医学校に入学。新生活は刺激が待っていた。そして、生徒の間で行われている禁断の儀式に参加しているうちに、彼女の意外な本性が露わになっていく。

★『RAW 少女のめざめ』のスタッフ
監督:ジュリア・デュクルノー
脚本:ジュリア・デュクルノー
音楽:ジム・ウィリアムズ

★『RAW 少女のめざめ』のキャスト
ガランス・マリリアー、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ、ローラン・リュカ

★『RAW 少女のめざめ』の評価

IMDbRTMETA
7.091%81
映画comY!FM
3.63.423.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『RAW 少女のめざめ』の感想

●『RAW 少女のめざめ』無料ホームシアター
ベジタリアンの少女がウサギの腎臓を食べさせられた事で肉への欲求が抑えられなくなり遂にカニバリズムに目覚めてしまう傑作ドラマ。世界中で観客が失神したり吐きまくったりして話題になった今作。直接的なゴアは少ないもののこれまでのカニバル映画の常識を覆す物語となっている。カニバルを通して少女が大人へと成長する過程を描いている。キャリースタイルの過激な洗礼を受け姉から伝授される過激な体験が少女の人生を変えていく。
●『RAW 少女のめざめ』シネマトゥデイ
今までのカニバル映画からは想像も出来ないほど独創的で女性監督ならではな巧みな演出が光る。これは稀有な傑作だろう。女性的な問題、例えば初潮などをこれまでも題材にしてきた監督が長編デビューでまたもやどストレートに女性的なストーリーを題材に選んできた。この揺るがない作品のテーマ性はそのまま作家性にダイレクトにつながっている。しかし、それを食人の要素で表現する人がこれまでいなかったのでその独創性に引き込まれてしまった。
●『RAW 少女のめざめ』TOHOシネマズ
予備知識無しで観られる事をおすすめしますが、かなりグロテスクな場面がありますのでご注意を。手で顔を覆っている方が目立ちました。でも単なるグロい映画じゃないのです。思春期、学校生活、コンプレックス、恋、LGBTにカニバリズムの掛け算で、恐ろしいほどの化学反応が起きています。ネタバレできないのが悔しいほど。後から全部回収もできる精巧な作りで、ストーリーも完璧。あまりにクオリティが高すぎて、グロも吹き飛びますよ。