身体を売ったらサヨウナラ

元新聞記者でAV女優だった過去を暴露された実体験を映画化

映画『身体を売ったらサヨウナラ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質な広告表示は一切ありません。
今すぐ『身体を売ったらサヨウナラ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:身体を売ったらサヨウナラ / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年7月1日 / 88分 / 制作: / 配給:エクセレントフィルムズ

「身体を売ったらサヨウナラ」予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『身体を売ったらサヨウナラ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画で刺激と過激に挟まれて
人間の内側にある隠しきれない欲望とその残酷さを描いたヒューマンドラマは確かな魅力がある興味深い作品です。そんなアダルトな映画を観たいときは、動画配信サービスを活用してお得に見ましょう。このサービスの良いところは、レンタルショップと違って人目を気にするような心配もなく、観たいときにすぐに視聴できる部分もあります。スマホやタブレット、パソコンでも視聴可能なので、自分でじっくり作品動画を楽しめるので安心です。

「無料」で感謝!
考える前にまずはもっと情報を聞いてください。あなたのような初心者には特別な無料トライアルがプラスされます。なんともグッドニュースではありますが、これはスタート時点から一定の期間に限って、動画視聴も自由気ままに無料試用可能で、機能制限は基本ないので安心です。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。「身体を売ったらサヨウナラ」も配信中。

見えない恐怖に気を付けろ!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「身体を売ったらサヨウナラ」の再生はダメです。危険性の具体例はこのとおり。消しても消しても消えない悪質な広告、一向に再生が進まずに画質も低い劣悪な動画の品質、さらにはプライバシーを密かに盗む有害性、パソコンやスマホに極端な負荷を与えるダメージなど、嫌なことだらけ。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→焦る→トラップにハマる→焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。「身体を売ったらサヨウナラ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。全ての各社サービスをイチイチ目視チェックしていたら目が疲れてきます。そこでこのページは作業の大幅簡略化に貢献することが可能。アイコンを見れば、何となくな最近の動画傾向もわかるでしょう。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、見る価値はあります。実際に試してみた人の大半は「満足している」とおおむね高評価。すっかりハマってしまい、重度の映画趣味になった人も少なくありません。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「子どもに見せられない作品が表示されたら、どうしよう?」という問題です。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

情報の充実度はピカイチ
「これができると痒い所に手が届く」そんな機能もフルムビバースには搭載中。例えば評価を調べたいと思ったとき、各種サイトを確認して回るのは大変です。意外にそれぞれでスコアも違ったりして見ていくと興味深いのですが、ひとめで確認したい。こちらではまとまっているのですぐにわかります。しかも独自のオリジナルレビューやSNS賛否チェッカーもあるので、その情報量はトップクラス級。他にも参考材料はたくさん。「内田英治」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

悪いサイトを追い出すために
散々の危険視にもかかわらずその違法性を無視して拡大し続ける海賊版動画サイトの大反乱。これに対抗する手段はあるのでしょうか。フィルタリングで特定サイトを排除できるし、ブロッキングで根本から非表示にできる…そういう思考は通用しないこともあります。しかし、救世主ではないにせよ、役に立つ剣になるのが、VODの安価な手軽さ。不正な利用者に広めていくことで「あんな危ないものよりもこっちの方がいい」と思ってもらえれば、動画業界の利益を製作陣に還元できます。「身体を売ったらサヨウナラ」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「身体を売ったらサヨウナラ」は? 基礎としては初回という最初に限って特定の期間に料金発生がないということを意味します。永遠に無料ではもちろんなく、期間終了後にごく普通にお金は払うことになりますが、無料期間分がまとめて請求されることはないです。配信している作品が全て無料なのかどうかはサービスによります。見放題系なら問題ないですが、中には複雑な視聴システムがある場合もあるので要確認。どちらにせよ事前の把握のためにもサービス特徴をおさらいしましょう。

『身体を売ったらサヨウナラ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月10日時点での『身体を売ったらサヨウナラ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『身体を売ったらサヨウナラ』をさらに知る

元新聞記者で、AV女優だった過去を暴露された実体験を赤裸々に綴った社会学者・鈴木涼美の同名著書を映画化。エグゼクティブプロデューサーは川崎岳、プロデューサーは佐藤敏宏。有名大学から東大大学院修士課程を経て、某経済新聞社で記者を務め、いわゆるエリートコースを歩んでいた鈴木リョウコには大学在学中にAVに出演したという裏の過去があった。それは誰にも言えないことだったが、でも自分の人生にあったことには変わりない。間違いなく幸せな昼の世界の生活だけではどうしても満たされないので退屈な彼女は、友人たちや権力と金力を持つ彼氏らとホスト通いに明け暮れ、自分の感情を発散させるように昼と夜の世界で矛盾する日々を自堕落に送っていた。心の拠りどころを求めつづけ、「女の身体は何度でも売れる」とつぶやきながら理想すらもあやふやな状態でも幸せになりたいと願う1人の女性のドラマが、AV女優、AV監督、スカウトマンらのインタビュー映像を交えて映し出される。

★スタッフ
監督:内田英治
脚本:伊藤秀裕、内田英治
音楽:小野川浩幸

★キャスト
柴田千紘、小西キス、久保田悠来、内田慈、冨手麻妙、原田篤

★『身体を売ったらサヨウナラ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.33.042.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『身体を売ったらサヨウナラ』の感想

●映画無料夢心地 
有名大学から東大大学院修士課程、某経済新聞社の記者リョウコ。彼女には大学時代にAV出演した過去を秘めていた。AV女優や監督などのインタビューを途中で交えながらドキュメンタリータッチにリアルに描かれているひとりの人生の一片。今を進めながら、過去の時間軸を交差させ、切り貼りするように、良い意味で粗い映像の数々が29歳のリョウコの語りにより綴られていく。たとえ、何があろうとも、これが人生であることは変わりない。
●シネマトゥデイ 
タイトルから日活ロマンポルノ系を想起させるとして期待をしてみた人もいるかもしれないが、意外性のない真っ当な作品になっている。この理由はもちろんフィクションではない本物の人間の生き様だからである。実体験の映画化なので当たり前かもしれないが、ドキュメンタリー的な演出も含まれ、角度を変えて分析していくように、主人公を描写していくので、そこを一番に楽しむべきだろう。エンタメ性はあまり感じられず、かなり社会派な作品です。
●BILIBILI 
残念なことに世の中にはAV業界で働いているという事実だけで相手を見下す人間がいる。AV業界自体を毛嫌いして批判活動をしている団体とかならわからなくもない。不思議なのは絶対にAVを見て「お世話」になっているであろう男でさえ、なぜかAV業界で働いていた過去を持つ女性を卑下し始めるのだ。感謝はしても批判はできる立場ではないだろうに、この心理はなぜなのか。それはさておき、その差別や偏見に苦しむ人間はいるのは辛いものである。
●PARAVI 
「AV女優=身体を売っている」という事実とどう向き合うかを問いかけるような映画でした。といかくそういう世界で生きる人間は社会の闇に堕ちた人みたいな「下」に見られるもの。人間性だってろくなものじゃないし、目立ちたがりで自業自得だと思っている人も多い。インタビュー映像では、そんな世間のイメージは完全に間違っていると伝えていきます。自分の体を消耗しているとはいえ、それは他の業種の労働も基本は同じ。性はやはりタブーなのか。