君の膵臓をたべたい(実写映画)

ラスト、きっとこのタイトルに涙する

映画『君の膵臓をたべたい』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 有害な広告は完全排除しています。
今すぐ『君の膵臓をたべたい』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:君の膵臓をたべたい / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年7月28日 / 115分 / 制作:東宝映画 / 配給:東宝

「君の膵臓をたべたい」予告

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『君の膵臓をたべたい』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

鑑賞チャンスはスルーできない!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の生き方を模索していくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、そのユーザー数の勢いの良さは驚くほどです。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更でき、忙しい現代人にも合わせやすいです。

「無料」を嫌う人はいない!
粛々と使い始めようとするなら「ちょっと待った」です。まずはあなたが初回の無料トライアル適用可能かを調べましょう。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「どうせ素人には全然扱えないんじゃないの?」なんて怖がらず、リラックスしてください。どちらかといえば、普段はネット系のサービスに慣れていないお年寄りにさえもラクラク利用できるほどです。「君の膵臓をたべたい」もアリ。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「君の膵臓をたべたい」の再生はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。自分の重大な個人情報が洩れて良いことなんてひとつもありません。そこまでして見たい動画があるといえますか。

これに決めた!
「まるでショッピングセンターのお買い得コーナーを見ている気分!」そんな動画つかみ取りの幸福世界へようこそ。ここで留意すべきはVODのお約束な悩みごと。自分の鑑賞要望のある作品は本当に現在配信しているのか、これを視認しないことには動画体験は幕を開けることはありません。「君の膵臓をたべたい」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。リコメンデーションしているアイコンの中をあれこれと探ってみるうえで、基準になるのは自分が使っていない未経験のもの。それなら無料はすぐそこ。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは便利な「ウォッチリスト」機能によるサポートがあるので、マイアルバムやお気に入りリストのような感覚で、気になる映画をリスト化できます。今は無理だけど後で見ておきたい…。そういう作品もたくさんあるはず。一期一会で終わるのはもったいないので、しっかり記録しておきましょう。ブラウザやメモアプリよりも楽です。Cookieを有効にしないと利用できないのでその点は留意してください。「君の膵臓をたべたい」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

原作もついでに見よう
映画も楽しいですが、そのもとになった原作を読んでみると「え、こんな展開になっていたの?」「ここはこういう気持ちだったのか」そんな新発見があり、ただのファンアイテムではない面白さに満ち溢れています。でも本屋に行ったり、Amazonのような通販サイトをチェックするのは面倒です。そこでVODの出番。サービスの中には電子書籍提供もしている複合マーケットを完備しているものもあり、さすがに全ての原作は置いていないですが、見つけやすくなるのは事実。流れるように原作読破も可能なのです。

『君の膵臓をたべたい』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『君の膵臓をたべたい』をさらに知る

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘と上田太地、プロデュースは臼井央と春名慶。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出を回想していく。あれは忘れたくても忘れられないような出会いだった。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、普段なら絶対に関われないような桜良と一緒に過ごすようになる。そこには懸命に生と向き合う彼女の姿があった。他愛もないやりとりの日々。そして桜良の死から12年後、彼女の親友だった恭子もまた、結婚を目前に控え、桜良と過ごした日々を思い出していた。

★スタッフ
監督:月川翔(関連作品:『君と100回目の恋』)
脚本:吉田智子
撮影:柳田裕男
音楽:松谷卓

★キャスト(キャラクター)
浜辺美波(山内桜良)、北村匠海(僕)、大友花恋(恭子:学生時代)、矢本悠馬(一晴:ガム君)、桜田通(隆弘)、森下大地(栗山)、上地雄輔(宮田一晴:現在のガム君)、北川景子(恭子)、小栗旬(現在の僕)

★インタビュー
・浜辺美波「こんなにたくさんの豪華な方々のなかで主演をやらせていただくなんて、最初の頃は緊張ばかりしていました。でも、いざ撮影が始まってしまうと、桜良を演じる苦悩の方が上回りました。もう精一杯で主演ということは頭から離れていきました。だからこそ演技に集中できましたし、夢中になれたんだと思います」

★『君の膵臓をたべたい』の評価

IMDbRTMETA
7.5??%??
映画comY!FM
4.14.063.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『君の膵臓をたべたい』の感想

●映画無料夢心地
ぼろぼろ泣いた。あの学校の図書館の独特な雰囲気が本当にいい。映画のキャッチコピーが「あなたは最後このタイトルに涙する」みたいものでしたが、わざとらしくて懐疑的でした。でも、原作本を読んでからタイトルの意味と重さがより深くわかった気がします。これは私が悪かったですね。偏見は良くなかった。どんな人でも明日があるのは幸せなことだと実感するし、前向きになれます。きっと過酷な運命もそれを乗り越える過程に意味があるのです。
●シネマトゥデイ 
ハンニバル・レクターが言いそうなインパクトのあるタイトルですが、ホラー映画では当然ありません。コミュ障の主人公と余命一年の少女が織りなす恋愛ドラマ。難病をテーマにしたドラマは山ほど沢山あるが、病気そのものよりも今をいかに生きるべきかをテーマにしている。原作にはない大人になった主人公のパートが挿入され、恋人に取り残された孤独とどう向き合えばいいのか葛藤する様子も描かれ、味を増している。非常に良くできた良作です。
●BILIBILI 
桜良役の浜辺美波はセカチューの長澤まさみを思い起こさせる瑞々しい演技でした。これは今後飛躍していきそう。非常に抽象的な役柄ですが、上手くバランスをとっていましたね。恋愛映画という枠に収まらない、素敵な人間ドラマのなかで、彼女の魅力がキラキラと輝く、美しい作品です。主人公が不治の病というのはありがちな設定ですが、だからといって雑ではなく、作り手側も丁寧にマンネリを抑えるように意識しているのが感じられます。
●TOHOシネマズ 
末期の膵臓の病気の主人公と、地味な同級生が、運命なのか偶然なのか、ふとした縁で、残された僅かな日々を共に過ごし心を通い合わせる。不覚にも感動して涙出そうになってしまった。小説がとても好きで映画化されて見にいくとがっかりすることが多かったが、この映画は難しい設定、小説の書き方をうまく映像化していると感じた。映像化する上で多少の設定のズレやストーリーが変わっていても違和感なく最後まで見ることができると思います。