忍びの国(2017)

忍びません! 戦います!

映画『忍びの国』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 有害な広告は完全排除しています。
今すぐ『忍びの国』を見るなら動画リンクをチェック。

戦国時代に伊賀忍者と織田信長軍との間に起こった天正伊賀の乱を題材にした同名小説を映画化。エグゼクティブプロデューサーは藤島ジュリーK.、プロデューサーは辻本珠子、原藤一輝、下田淳行、藤井和史。天下統一に向け、諸国を次々と攻め落としていた織田信長が攻め入ることができなかったただひとつの国、伊賀の国。それは武士の戦いが通用しない、独自の生き方をしている者たちの里。人でなしの忍者衆が住む伊賀の国に暮らす忍者の無門は、伊賀一の凄腕を持つ忍者でありながら、怠け者の性分で、普段は女房のお国の尻に敷かれる毎日を送っていた。基本は強いのだが、その能力を活かすことはたいしてしていない。そんな中、ついに圧倒的な軍勢を率いた織田軍が伊賀に攻め込んできた。その力は数でも強大であり、武力、兵力では太刀打ちできない無門率いる忍びの軍団は人知を超えた秘策で織田軍に抗戦する。

原題:忍びの国 / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年7月1日 / 125分 / 制作:ツインズジャパン / 配給:東宝

(C)2017 映画「忍びの国」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『忍びの国』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者向けのメリットも多数
人気俳優が総出演している見ごたえのある話題作はそれだけでワクワクしてくる面白さがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使えないか検討してみましょう。パッケージディスクを手にしてしまった後に配信に気づいてしまうと、それまでの苦労が無駄に感じてしまうので、まずは確認が先決。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもはるかに素早く動画に到達できるので試す価値があります。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。映画を見るならおカネがかかる。この世は商業経済で成り立っている以上、これは市場原則。でも初回はお試しできますよという嬉しい配慮で思いっきり甘えることもできます。「どうせ素人には全然扱えないんじゃないの?」なんて怖がらず、リラックスしてください。どちらかといえば、普段はネット系のサービスに慣れていないお年寄りにさえもラクラク利用できるほどです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な悪い事例を頭に入れておきたい人もいるはず。例えば、一見すれば無料で見られる動画でもいきなり邪魔な広告にブロックされ、それを取り除こうとすると関係ないページに遷移し、ウイルス感染…などの極めて悪質なトラップです。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。ここで動画氾濫警報です。あなたの見たい映画が大量の動画に埋もれてしまい、退避する時間もなく、捜索に時間がかかることもあります。そのためには準備が必要でしょう。「忍びの国」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの動画リンク下部にアイコン表示があるならばそれこそ配信アクセス可能なお知らせです。数が多ければ多いほど選択肢は増えます。気分でも選んでいいですし、できれば動画の有無だけでない要素も検討材料に。「VODなんてみんな同じでしょう?」なんて発言は見当違いもいいところ。実際はそれぞれに個性があり、パーソナライズできます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

登録情報は最小限
何を登録時に情報として必要なのか。基本はユーザーネーム(名前)、使用可能なメールアドレス(使えないのは論外)、パスワード(複雑なもの)、生年月日、認証用の電話番号など、最小限のみです。これらの情報はサービス利用のみに使われ、不要な電話がかかってきたりはしません。この登録作業完了時にいきなり料金が生じるのかといえば、初回お試しの条件を満たしているなら(つまり初利用者なら)、無料としてしばらくは使えます。情報は後で変更できるのでご安心を。あとは「忍びの国」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

悪いサイトを追い出すために
世界中のインターネットのダークな一面を象徴する海賊版動画の存在は、消しても消えないしつこさです。この効果的な業界の健全化の役割を担うと期待されているのがVOD。専門的な認識では、フィルタリングやサイトブロッキングなどの手段ではその場しのぎにしかならず、それよりも安価で使いやすいサービスを広める方が悪質な動画を駆逐することができると言われています。VODは見事にその効果を発揮しつつあり、これからもより多くの人に紹介していけばプラス効果となるので「忍びの国」合法視聴方法を拡散しましょう。

『忍びの国』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『忍びの国』をさらに知る

★スタッフ
監督:中村義洋(関連作品:『殿、利息でござる!』)
脚本:和田竜
音楽:高見優

★キャスト(キャラクター)
大野智(無門)、石原さとみ(お国)、鈴木亮平(下山平兵衛)、知念侑李(織田信雄)、マキタスポーツ(長野左京亮)、平祐奈(北畠凛)、満島真之介(下山次郎兵衛)、伊勢谷友介(日置大膳)、立川談春(百地三太夫)

★インタビュー
・石原さとみ「(共演の大野智について)一番感じたのは、ひょうひょうとしているという表現が正しいのかわかりませんが、自分らしくその場にいる方だなと思いました。肩に力が入っていないというか、自然にお芝居に入っていかれるんですよね」

★『忍びの国』の評価

IMDbRTMETA
9.4??%??
映画comY!FM
3.73.523.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『忍びの国』の感想

●無料ホームシアター
確かにジャニヲタホイホイ映画です。明らかに作品評価もファンの組織票で過剰上方されていることは否めません。ただ、シンプルに楽しむだけならじゅうぶん満足できる一作でしょう。ストーリーは忍VS侍という子どもにでもわかる、というか完全に子ども向けとしか思えない内容で、単純明快。今回の主人公無門は、大野くんの当たり役であり代表作になったと思う。これまでの作品キャリアを順当にパワーアップさせた感じで嬉しい進化でした。
●FILMAGA 
映画としては長くない時間なのに、ボリュームがすごい映画です。そして和田さん、中村監督が、この映画を通じて伝えたいことも、短い時間の中でしっかり盛り込まれているのが、またすごい! アクションの凄さもさることながら、単なるアクション映画の枠に収まらない、新たなジャンルの映画だと思います! 私が時代劇に持っていたイメージとは違う、新しい時代劇でした。まさに現代に適応させた正当な時代劇の新しい姿といえるでしょう。
●BILIBILI 
一見、コミカルな忍者たち、シリアスなサムライたちの構図に見えて、老若男女分かりやすくテンポよく進む。無門演じる大野智と、平兵衛こと鈴木亮平とのラストのアクションは、後世に語り継がれる名シーン。息をする事さえ忘れて、1カットも見逃せない、あえてセリフさえもカット。良い意味で裏切る予告、手に汗握る、見終えた瞬間に爽快な気持ちともう一度、あの無門に会いたくなる。もの凄く計算された戦国エンターテインメントだ!
●TOHOシネマズ 
歴史に基づく時代物でありながら、笑いあり、アクションありのエンターテインメント作品というだけでない意欲作。とりわけアクションにジークンドーやパルクールを取り入れた所が新しい時代劇と言われる所以だ。コメディ要素を前面に出しながら、クライマックスへ向けて観客をぐいっと惹きつけていき、心を離さない、切なさに涙が止まらなくなるのも、余韻がたまらなく心地よい。まだ見ていない人がいるなんて羨ましい。