リヴォルト(2017)

南アフリカの斬新な侵略SFアクション

映画『リヴォルト』のフル動画を無料視聴する有益な方法をレコメンドしています! 有害な広告は完全排除しています。
今すぐ『リヴォルト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Revolt / 南アフリカ・イギリス(2017年) / 日本公開:2017年7月1日 / 88分 / 制作: / 配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム

目覚めたら世界は機械に侵略されていた/映画『リヴォルト』予告編

▼『リヴォルト』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】高水準
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『リヴォルト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率はピカイチ!
大規模なスケールのビックなSFもいいですが、小粒の個性が一発で光る低予算なSFも独自の味があって面白いものです。そんな作品を観たいのなら、人気も上昇している動画配信サービスを使ってお得に見ましょう。これはネット配信なので、レンタル店で借りるのよりも利便性が高いのがメリットです。それに加えて、マイナーな作品でもすぐに検索して探せるのも嬉しいポイント。気軽に映画を見つけて鑑賞したいならこのサービスは欠かせません。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。登録したら有料になる…のは通常のパターンですが、その例外措置となるのが無料期間。初回に限られますがその恩恵はかなり嬉しいものでこれ目当てで手を出す人も少なくはないです。「私はインターネットに慣れていないのですが大丈夫?」そんなドキドキも落ち着いてください。ネットを使い始めたばかりの人でも使うのは簡単。それこそ家を出られないお年寄りでさえも使えます。ジョー・ミアーレ監督の「リヴォルト」もアリ。

ダメなゾーンに入るな!
なお、巷に溢れる有毒でしかないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでリー・ペイス出演の「リヴォルト」の鑑賞はダメです。ブラックリスト化している問題ウェブサイト(動画コンテンツメイン)の数はかなりの量であり、ドメインだけでいっても100や1000を軽く超えてしまいます。それだけの量があればフィルタリングすらもしきれないので、自分は大丈夫だ無関係だと考えるのは怖い油断です。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→焦る→トラップにハマる→焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「リヴォルト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その疑問をなんたら知恵袋に相談するくらいなら、こちらのページで質問に客観的にお答えします。あれこれと情報に惑わされるくらいなら、ピンポイントで作業短縮化できる方が良いに決まっています。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、まんべんなく需要を満たすことが可能で見る価値はあります。興味のないあるに関わらず、無料動画体験は一度でも味わうとそれまでの印象とは違う便利さに気づくかもしれません。映画趣味はここから始まるかも?

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「リヴォルト」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「リヴォルト」も見れないかも?オカシイと感じたらまずはパニックになる前にブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
悪質な海賊版動画問題はその有害性が頻繁に報道されていますが、その横暴を食い止める手段としてVODは期待されています。海外の専門組織によれば、従来の手法として真っ先に挙げられるブロッキングやフィルタリングなどでは効果は限定的で、なによりも社会的な表現の自由の問題に抵触するので炎上化しやすいです。それよりもユーザーフレンドリーで魅力を持ったサービスを推薦する方が価値があると分析されています。安価で利便性が高いといえば、VODの右に出るものはいません。選択を間違って不正動画サイトに手を出してしまった人を更生させることも可能なので「リヴォルト」合法視聴方法を拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
映画を観る手段はいろいろですけども、見られる内容が同一とは限りません。例えばテレビで放映される映画。昔から気軽に鑑賞できる形態として一般化していますが、これは編集が加えられ、シーンカットされているケースが多いです。これでは何の意味があるのかもわからない映像になることも。尺を放送時間におさめるための避けられないことなのですが、フルで見れないので、映画の重要シーンや展開が削られていたりも。VODは制約無しなのでそんな心配は要りません。「リヴォルト」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアという既存にも有益性があるのは理解できますが、それと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『リヴォルト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月10日時点での『リヴォルト』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『リヴォルト』をさらに知る

新鋭ジョー・ミアーレ監督が南アフリカで手がけた、何者かに侵略され荒廃した地球を舞台にしたSFアクション。製作はロリー・エイトキン、ブライアン・カバナー=ジョーンズ、ベン・ピュー、ジェームズ・ハリス。留置所の檻の中と思しき場所で目を覚ました男は、自分が何者なのかも思い出せない記憶喪失になっていることに気付く。どうしてもその記憶を掘り起こそうとするが、なかなか上手くいかない。隣の独房には女がおり、「我々は侵略された」と言う。その発言の意図がさっぱり理解できないので、余計に混乱する。ひょんなことから、自分がアメリカ軍の兵士だったらしいことがわかり、医師だという女とともに檻の外に出ることができた男だったが、そこには見たこともないロボットが容赦なく人々を襲うショッキングな光景が広がっていた。

★『リヴォルト』のスタッフ
監督:ジョー・ミアーレ
脚本:ジョー・ミアーレ、ローワン・アトリー
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
音楽:ベアー・マクレアリー

★キャスト
リー・ペイス、ベレニス・マーロウ、エイミー・ルイーズ・ウィルソン、ケネス・フォク

★『リヴォルト』の評価

IMDbRTMETA
5.2??%??
映画comY!FM
?????2.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『リヴォルト』の感想

●無料ホームシアター 
音に反応して巨大なダチョウ型ロボットがわんさかと襲ってきて次々と人間を殺しまくる、南アフリカをフィルールドに繰り広げるSFです。スケールは大作と比べてかなり小さめ。当然ではありますが。あまりオチやストーリーに重きを置かずに見るべきで、未知のロボットとの銃撃戦などビジュアルで楽しめる人向けですね。個人的に謎多きヒロインの雰囲気も好きでした。約90分と上映時間は短めだし、気軽に観る分にはちょうどいい作品だと思います。
●シネマトゥデイ
侵略SFだが、背景も経緯も見事に何もない。超上級者向け。自分たちでそこは想像してくださいということです。機械なのか生命体なのかすら不明な存在が襲ってきます。ジョー・ミアーレ監督は聞いたことがなかったのですが、CMやPVで活躍していて、今作が初長編作品だとか。あえて世界の説明を行わず、ミニマルな周辺状況のみで引っ張る構成はなるほどPVっぽい。音楽の使い方もいいと思うし、テンポも良くて、これくらいの規模ならぴったり。
●ユナイテッドシネマ
世界観が侵略者の設定や目的、ビジュアルデザインに至るまで、ストラウス兄弟の「スカイライン-征服-」に似ている気もするが、だいたいこの手のSFは重なる部分も多いので、あまりうるさく言うべきではないかな。謎めいた兵士と医者と名乗る女の、味方を探すロードムービーは突っ込みどころ満載だったが、最終的な敵の倒し方とかも勢いがあって、まあ、満足して見れるレベル。エイリアンのカンガルー跳びという変わったものが見られる特典も。
●DAILYMOTION
国内の配給がアルバトロス。この時点で玄人は察しているはずだ。今作、普通の侵略モノなら前半の山場になる宇宙人が襲来するところがスッポリ抜けているという超斬新な省力表現があります。たぶん「第9地区」的な世界観を狙ったのでしょう。始まった時点でアメリカをはじめ滅んでいる国家が沢山あり、衛星も全て破壊されていると言う人類滅亡寸前の状態は、カオスでしかないですが、それでもノリと根性で事態を解決していくのです。