シェーン(1953)

西部劇映画史に残る名作

映画『シェーン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告を表示するサイトは掲載していません。
今すぐ『シェーン』を見るなら動画リンクをチェック。

ジャック・シェーファーの小説を原作に、雄大な自然が広がる西部開拓時代のワイオミングを舞台に、流れ者シェーンと開拓者一家の交流や悪徳牧場主との戦いを描いた名作西部劇。美術はハル・ペレイラとウォルター・タイラー、編集はウィリアム・ホーンベックとトム・マカドゥ。南北戦争後の西部。厳しい自然や横暴な牧場主ライカーとのいさかいに悩まされていた開拓者ジョーとその家族の前に、シェーンと名乗る流れ者の男が現われる。その男は多くを語るような人間ではないが、人を惹きつける不思議な魅力があった。ジョーの息子ジョーイと仲良くなり一家のもとに身を寄せることになったシェーンは、ジョーの仲間の開拓者たちとも友情を育んでいく。しかし、その友情とは裏腹にトラブルが起こってしまう。ライカーの暴力は日ごとにエスカレートしていき、最終的にはある一線を越えてしまい、ついに開拓者の1人が殺し屋に命を奪われてしまう。ライカーとの話し合いに向かおうとするジョーを止めたシェーンは、たった1人でライカー一味に立ち向かう。

原題:Shane / 製作:アメリカ(1953年) / 日本公開:1953年10月1日 / 118分 / 制作: / 配給:東北新社

Public Domain


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『シェーン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

魅力がギッシリ!
歴史に残る往年の名作は語られることは多くても、実際に観たことのある人は少ないかもしれません。そんな名作を実際に鑑賞したいときは、動画配信サービスを使ってお得に視聴しましょう。これはネット配信なので、映像の劣化などは当然ありません。古い作品でも常に最新状態で提供されています。また、場合によってはデジタル処理で映像がより鮮明になっていることもあります。これを機にまた再び名作に触れて見るのも良い体験でしょう。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。お試しには期間があるというだけで(2週間まで、1か月までなど)、機能自体の制限はないので、スマホでは使えませんというような煩わしい欠点もなく、完全な利用が最初からできます。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「シェーン」の鑑賞はダメです。どうせ使用していても捕まらないと思っていませんか? そんなことは絶対にありません。まずそういう不正サイトは利用すると必ずアクセス記録(IPアドレス)が残ります。サイト取り締まり時に警察は利用者のデータを得るので追跡はじゅうぶん可能です。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

あなたの選択は自由!
ネットのデジタル流通の映画はDVDよりも先行することが多く、VODでも意外に早めにお目にかかれたりもします。視聴意欲が急上昇する中でおあずけする嫌がらせをしたくはないのですが、VODは10を超える種類が各社で乱立しており、一体どれがベストなチョイスなのか悩んでしまいます。「シェーン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。全ての各社サービスをイチイチ目視チェックしていたら目が疲れてきます。そこでこのページは作業の大幅簡略化に貢献することが可能。アイコンを見れば、何となくな最近の動画傾向もわかるでしょう。必ずどんな作品でも同じVODを推薦してくるサイトもあり、それは量産型の方法でページが作られています。一方、こちらは全部がオリジナルで個別対応。もうVODビギナーとは言わせません。利用を開始すればもうあなたのパソコンやスマホは映画館に早変わり。観きれないほどの動画でエキサイティングです。

古い作品ならもしかして…
言うまでもなく公正な動画サイトを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料でウォッチできる事例があります。これはオールレンジではないですが、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でもフル動画がアップされているものがあるのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「シェーン」は? サブスクリプションというのは所定の金額を支払うと一括でサービスを満喫できるというもので、レンタル店とは全く違います。見放題と一般に呼ばれるタイプであれば、話は簡単で、配信している全作品をお試し期間中は無料で見れます。コンテンツをポイントで交換するようにして視聴するタイプはやや特殊で、登録時に貰えるポイントの範囲内であれば、その制限の中では作品を無料感覚で好きに視聴できます。この違いはしっかり誤解しないように。

高評価作品は観る価値あり
手当たり次第に映画を貪るのもそれはトレジャーハントのようでテンションをあがりますが、忙しい現代人にとっては無駄なく生活したいので良作だけを鑑賞して効率性を重視したいかもしれません。普段は見たことがない傑作映画はそれだけの価値があるものです。基準となるのは著名な賞に輝いている作品、もしくは批評家や評論家に絶賛されている作品。専門家の見識や眼は侮れませんから、セレクト時の材料になります。「シェーン」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「シェーン」もリピート視聴でウォッチしたいと思いませんか? 映画なんて1回見ればじゅうぶんという人は聞き流して結構ですけど、演技やセリフの印象が1度目とはガラッと変わりますし、シーンの味わいも別格です。伏線にだって気づくでしょう。でも映画館で複数回同じ作品を観るのはさすがにちょっとマニアすぎると思っている人も大勢のはず。確かにそのとおりで、ハードルは高め。だったら最高クラスに気軽なVODを駆使すればイージーに連続鑑賞も実現できます。

『シェーン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『シェーン』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョージ・スティーブンス
脚本:A・B・ガスリー・Jr.
撮影:ロイヤル・グリッグス
音楽:ビクター・ヤング

★キャスト
アラン・ラッド、ジーン・アーサー、バン・ヘフリン、ブランドン・デ・ワイルド、ウォルター・ジャック・パランス、ベン・ジョンソン、エドガー・ブキャナン

★『シェーン』の評価

IMDbRTMETA
7.797%??
映画comY!FM
?????3.7
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『シェーン』の受賞
第26回アカデミー賞で撮影賞(カラー)を受賞。

★『シェーン』の感想

●シネマトゥデイ
ここまで銃社会を痛烈に批判したアメリカ映画が1953年に存在していたなんて。ヘイズコードがありながらも迫力のあるアクションとアメリカの現状を表した完璧な名作といえるでしょう。流れもの、そしてガンマンとしてのシェーンの生き様。過去が語られる事がないだけにクライマックスシーンに哀愁があり、彼の去り際はこの映画だけではなく、映画史そのもののあるひとつの終焉を観たような気分がします。これは語り継がれるべきです。
●ユナイテッドシネマ 
アメリカの田舎のさっぱりした風景と、遥かなる山の呼び声のテーマ曲がとてもマッチして、さすが西部劇の名作だと思いました。「シェーン、カムバック!」のラストは定石どおり、何度観ても感動するもので、このセリフだけを知っている人はなぜこんな言葉に心が動くのかと思うでしょうが、ストーリーの流れを観ていくと凄まじい意味があるのです。「銃なんて一丁もなければ幸せになれるのに」そんな言葉に代表される非暴力への渇望なのですから。
●DAILYMOTION  
流れ者と悪党、西部劇の基礎となる勧善懲悪な王道的なストーリーではあるが、シンプルで充実したパーフェクトさがある。いわゆる定番の西部劇ではあるがアクションに頼る部分は少なく、流れ者のシェーンとそれを受け入れる一家、田舎のチンピラ臭全開の悪党どもを巡る開拓者の怒りなど、静かなドラマの中での多様な立場の人々の理解を丁寧に描いている。響き渡る最後の名セリフにはどこまでも良い後味が残り、何度でもリピートしていきたい。