鋼の錬金術師(実写映画)

大人気コミックをついに実写映画化

映画『鋼の錬金術師』のフル動画を無料視聴する方法を直球でレコメンドしています! 悪質広告を表示するサイトは掲載していません。
今すぐ『鋼の錬金術師』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:鋼の錬金術師 / 日本(2017年) / 日本公開:2017年12月1日 / 133分 / 制作: / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『鋼の錬金術師』本予告【HD】

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

動画
▼『鋼の錬金術師』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高水準

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『鋼の錬金術師』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者向けのメリットも多数
原作が絶大な人気を集めている作品の映像化はそれだけで期待を高める大きな見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信はさらにラクチン。まずはパッケージディスクを手にしてしまった後に配信に気づいてしまう失態をしないために、ウェブサイトにアクセスして自由に視聴できないかを確認するのが吉です。

「無料」はやっぱり魅力的!
「無料でお試し券が欲しい人は集まってくださ~い」そんな呼びかけは冗談にしても初回特典は多くのサービスで用意済みです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「上手い話には裏がある。登録にてこずるのでは?」「突っかかることになったら本当に嫌すぎる」と信じていない人も楽勝。要するにアカウント作成と同じ。パパッと済ませれば、最速でも1分はかからないでしょう。審査も無しです。曽利文彦監督の「鋼の錬金術師」もアリ。

デンジャーな世界は怖い!
違法な動画サイト等は禁断の行為でしかなく気を付けてください。山田涼介主演の「鋼の錬金術師」もダメです。最近は厄介さが増しています。有害サイトにアクセスすればうんざりです。誰でも広告が大量に表示されると幻滅ですが、それで終わりません。さらなる深刻な悪質性ばかりで本当にイライラします。これでは不快な気持ちが蓄積されるだけです。パーフェクトな安全性はあり得ないというのは詭弁で、そもそも安全を脅かしながら動画を見ること自体が根本的に間違いです。

使うべきはどれ?
「見ることには積極的なので、VODもガンガン使ってみようかな」そんな好奇心は満たされていくべきです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。水石亜飛夢出演の「鋼の錬金術師」を視聴できるVODはどれなのか相当な混乱を招きつつも気になると思います。もう配信しているかどうかを各サイトのページを開いて作品名で一回一回検索することもありません。このページ内でアイコン一覧にし、そこから特定したうえで動画リンクでサービスサイトに直行。初利用者も迷いません。動画サイトがメンテナンス中であろうとも、こちらのサイトには影響はありません。観たい作品に目星を付けておきましょう。巨大スクリーンが待っている劇場体験を重視する方も帰らないでください。このVODは映画館料金を安くできるサポートメリットもあったりするのです。

配信はいつ終わる?
配信終了時は盛大に教えてくれるといいのですが、配信開始時は結構お知らせしてくれるのに、終了時期はあっさり通過することが多いです。待ってくれるようなことはありません。これはストリーミング権の都合でおそらくサービス側も事前通告しづらいのでしょうが、ユーザーには不便です。そこでこちらの専用ページでもなるべく整理しています。ただそれでも当日確認を前提にする方がいいということは頭に入れておいてください。本田翼出演の「鋼の錬金術師」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに即効鑑賞というのも心掛けて視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

悪いサイトを追い出すために
子ども向けによく利用されているフィルタリング、法的実用性の議論がなされているブロッキング、著作権侵害に基づくサイト検索削除システム。これらは大事なことになっていますし、意味はあります。いずれも個々の有効性は理解できますが、世に蔓延る有害サイトの排除にはつながりません。大事なのはそのウェブサイトに置き換わる利便性の高いサイトで上書きすることだという研究もあります。そんな存在はあるでしょうか。もちろんここにあります。VODです。安価で、気軽で、ニッチな需要も満たす膨大なラインナップ。救世主として「鋼の錬金術師」合法視聴方法を拡散しましょう。

原作もついでに見よう
漫画や小説を映画化した作品動画を見た後に「原作も見てみたいな~」と思ったことはありませんか? でもわざわざ本屋に足を運んで原作を探したり、ネットオンラインショップで漁るのも面倒だったりします。そういうシチュエーションでもVODは大きなサポートができます。動画を鑑賞したら、そのままの流れで原作も電子媒体で読むことができる機能を備えたものも登場。すべての動画と電子書籍を作品ごとに紐付けることでシームレスなエンタメ体験を実現しているので、経験すれば病みつきに!「鋼の錬金術師」も必読。

その動画サイトは使える?
蓮佛美沙子やディーン・フジオカ出演の実写映画「鋼の錬金術師」を無料でウォッチするのに変なサイトに行っていないでしょうか。なんとか無料動画シアターとか、なんとか無料映画ホームシアターみたいな名称のサイトは違法性の高いリーチウェブサイトです。「9tsu」「dailymotion」「Miomio」「mixdrop」「openload」といったアウトな動画を紹介して利益を出すという法的には極めて論外な存在です。実際には逮捕者も出ているのであなたは関わってはいけません。それは常に動画で手招きしてくるものでありますが、有害以外の何者でもないことを頭に入れておきましょう。

『鋼の錬金術師』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月13日時点での『鋼の錬金術師』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『鋼の錬金術師』をさらに知る

2001~10年に「月刊少年ガンガン」で連載され、テレビアニメ版も大ヒットを記録した荒川弘の人気コミック「鋼の錬金術師」を実写映画化。『鋼の錬金術師』のエグゼクティブプロデューサーは濱名一哉、プロデューサーは藤原弓子。物質の構成や形状を変化させて新たなものに作り変える「錬金術」が存在する世界。そこでは錬金術を使いこなす人間は特別な存在として重宝されたり、国家に尽くすこともあった。幼い兄弟エドワードとアルフォンスは、死んだ母を生き返らせたい一心で錬金術最大の禁忌である人体錬成を行なうが、その力はあまりにもコントロール不能で失敗してしまう。それだけでなく、その代償としてエドワードは身体の一部を、アルフォンスは身体全てを失い鎧に魂を定着させた姿になってしまい、その取り返しのつかない過ちに気づいても遅かった。二人の普通の人生はここで決定的に終わりを告げた。数年後、国家錬金術師の資格を得たエドワードは、あの時の失敗を補い、失った身体を取り戻すため、通常の錬金術の法則を無視できるほどに絶大な力を持つという「賢者の石」を探す旅に出る。

★『鋼の錬金術師』のスタッフ


監督:曽利文彦(関連作品:『ドラゴンエイジ ブラッドメイジの聖戦』)
脚本:曽利文彦、宮本武史
撮影:橋本桂二
音楽:北里玲二、森悠也、高橋哲也、諸橋邦行

★『鋼の錬金術師』のキャスト(キャラクター)


山田涼介(エドワード・エルリック)、水石亜飛夢(アルフォンス・エルリック)、本田翼(ウィンリィ・ロックベル)、ディーン・フジオカ(ロイ・マスタング)、蓮佛美沙子(リザ・ホークアイ)、本郷奏多(エンヴィー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ教主)、原田夏希(グレイシア・ヒューズ)、内山信二(グラトニー)、夏菜(マリア・ロス少尉)、大泉洋(ショウ・タッカー)、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子

★インタビュー


・ディーン・フジオカ「僕の演じたマスタング大佐というのは軍人なので、彼らの所作、例えば敬礼の角度や、歩き方などはしっかり体に覚えさせようとしました。軍人としての説得力がなかったら、ちゃんと観てもらえないなと感じていたので」
・本田翼「小さいころから大好きな漫画だったので、特別な思いはありましたが、クランクインの前に、山田くんと、曽利監督と一緒に読み合わせをして、テンポ感やキャラクターの性格をしっかり見ていただいたんです。そのうえで、曽利監督から“ウィンリィはそのままでいいよ”と言っていただいたので、ほとんど不安はなかったです」

★『鋼の錬金術師』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.64.022.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『鋼の錬金術師』の感想

●『鋼の錬金術師』無料ホームシアター
山田涼介はテレビも映画も大活躍。なぜなのかはわからないけど、どのキャラにもあてはめやすいマスクをしているからなのかも。各キャラの再現はかなりこだわっていて写真でみると違和感を感じるけど、映画で動いているとそこまでの変な感じはしない。そういう計算なのかな。キャストに関しては個人的にはすごくいいと思う。松雪泰子のラストはメチャクチャ最高でしたし、思わず気合で力の入ってしまう展開には心の内で大盛り上がりでした。
●『鋼の錬金術師』シネマトゥデイ 
意外にいろんな人が読んでいる気がするハガレンという漫画。観ていない人向けに説明するなら、現代寄りなダークファンタジー。といっても少し時代は古い。そのためガッツリとした王道ファンタジーよりはまだ映像化しやすいけど、何よりも錬金術というインパクトのある要素と、原作の命をめぐるシリアスな主軸ドラマが、実写化のバランスを難しくさせます。つまり、トップクラスに映画化の困難な作品。それに挑戦しただけでも良しとしましょう。
●『鋼の錬金術師』BILIBILI 
日本人だけでキャスティングすると、やはりかなりコスプレ感が否めないよと思ったり、事前はかなり抵抗が強かったです。でも、いざ鑑賞してみると、そこよりもアクション面での演出などに気になり始め、キャラはわりとどうでもよく…。CGは凄い頑張っていて、上手くマッチしていたと思うのですが、今作は今一歩足りなかったですね。原作の名場面や名言だけを散りばめようとするのももう少し抑えてくれれば、もっと良いものが創造できたのかも。