リーサル・ウェポン2 炎の約束

シリーズ第2弾。まだ暴れたりない二人組

映画『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告を表示するサイトは掲載していません。
今すぐ『リーサル・ウェポン2 炎の約束』を見るなら動画リンクをチェック。

巨大な国際麻薬組織に立ち向かうロス市警の2人の刑事の戦いを描く「リーサル・ウェポン」シリーズ第2作。製作はジョエル・シルバー、リチャード・ドナー。ある夜、ロサンゼルスのダウンタウンで、リッグスとマータフの2人の刑事は、暴走するBMWの中から大量のクルーザーランド金貨を見つけた。それは何かの事件であることを示しているが、詳細を理解する暇もなく、運転手は逃亡するが、やがて彼は死体となって発見されるのだった。しばらくして2人は、麻薬組織が儲けた裏金を合法化させてきた銀行員レオの護衛を命じられる。その問題となっているレオにはかなりいろいろなヤバい状況が迫っていた。邪魔な存在となった今、組織から命を狙われたレオは、かつて一度連れて行かれた組織の影のボスの家を思い出し、2人を案内するが、激しい銃撃戦とカーチェイスが勃発し…。

原題:Lethal Weapon 2(「リーサルウェポン2」) / 製作:アメリカ(1989年) / 日本公開:1989年10月14日 / 114分 / 制作:Silver Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 前作:『リーサル・ウェポン』 / 次作:『リーサル・ウェポン3』


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『リーサル・ウェポン2 炎の約束』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者の声で納得!
多くの人から熱狂的に支持され続編が作られていくシリーズというのは時代を超えても確かな面白さがあります。そんな映画を一気に鑑賞したいときは、動画配信サービスを使ってお得に見ましょう。スマホでも見れるので、お手持ちのAndroidやiPhoneで視聴可能。古い作品を最新のスマホで見るのはなかなかできない体験です。DVDとは違って常に最新状態なので、旧作でも関係ありません。シリーズを一気見して作品の世界に浸ることができます。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。登録したら有料になる…のは通常のパターンですが、その例外措置となるのが無料期間。初回に限られますがその恩恵はかなり嬉しいものでこれ目当てで手を出す人も少なくはないです。「無料ホームシアター的な体験がしたいのだけど…」そんな要望にも限りなくお答え。視聴媒体を選びませんからどのような再生環境にも対応させやすいのが最大級の利点でもあります。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「リーサル・ウェポン2 炎の約束」の視聴はダメです。最近は厄介さが増しています。有害サイトにアクセスすればうんざりです。誰でも広告が大量に表示されると幻滅ですが、それで終わりません。さらなる深刻な悪質性ばかりで本当にイライラします。これでは不快な気持ちが蓄積されるだけです。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

使うべきはどれ?
「見ることには積極的なので、VODもガンガン使ってみようかな」そんな好奇心は満たされていくべきです。しかし、各社の打ち出すサービスを整理しつつも、自分の理想を見つけるのは降参してしまう難所。個々で「これは良し」「これはない」と目視チェックすると疲れてきます。「リーサル・ウェポン2 炎の約束」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。動画サイトがメンテナンス中であろうとも、こちらのサイトには影響はありません。観たい作品に目星を付けておきましょう。未体験VODの存在があるなら、それは初心者スタートのサポートを受けられるチャンスです。これを見逃せば次は保証できません。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画を観る時の分かれ道となる分岐点は「字幕」「吹き替え」の選択肢です。ネット上では論争になっていることもしばしばですが、もうこれには明確な正解はありません。字幕だと俳優の音声がそのまま聞けるのでオリジナル派には必須。しかし、文字を追うのは大変(リスニング力があるならOKですが)。吹替は翻訳センスを問われるのでかなりの運試しでもあり、お墨付きの出来栄えなら安心できます。VODでいっそのこと見比べしてみるのも、見慣れた「リーサル・ウェポン2 炎の約束」の面白さの発見につながるかもしれません。

フェアにオススメします
クロスチェックでビデオオンデマンドの配信をモニタリングできるフルムビバースでは、公平性を重視しています、他のウェブサイトだとなんだかんだとサービス紹介をあれこれしたあげく、最終的にはひとつのものだけを推薦してくるものがあり、それは明らかにアンフェアです。ただの配信現状だけでなく、本来はユーザーの適合度は個人差がありますから、それを無視するのは不自然でしょう。単純に「リーサル・ウェポン2 炎の約束」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

邪魔な広告は無し!
どういうサイトであれ、管理者が粗雑なものならば、何の前触れもなく広告画像が動画上に表示されたり、リンクに触れるだけで無関係の宣伝ページに移動したり、ユーザーを不快にさせる挙動を見せるものはすべからく危険です。ダントツな安全を追求するフルムビバースでは有害性のある広告は一切ないと確証をもって宣言し、「リーサル・ウェポン2 炎の約束」視聴を妨げません。ひと目でわかる違いがあると実感できるでしょう。スマホからこのページを閲覧しても広告量がゼロに近いほど少ないということを。画面を埋め尽くす広告などは皆無なので不快指数は最小限のフレンドリーなサイトです。

無料動画サイトとの違い
昔から、具体的には2000年代初期のジェネレーションZ誕生の少し前の時代、動画を見るという文化がネットに定着しました。そこで使われていた動画共有サイトは瞬く間に繁栄を極め、今日に至っています。しかし、問題点もまた無数に拡大してしまいました。品質の悪いもの、粗悪な内容のもの、法律を守っていないもの、動画の自由投稿が逆に環境を悪化させています。そこでVODです。こちらは管理がフルサービスで行き届いているものであり、ましてや全ての動画が高品質。「リーサル・ウェポン2 炎の約束」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『リーサル・ウェポン2 炎の約束』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『リーサル・ウェポン2 炎の約束』をさらに知る

★スタッフ
監督:リチャード・ドナー
脚本:ジェフリー・ボーム
撮影:スティーブン・ゴールドブラット
音楽:マイケル・ケイメン、エリック・クラプトン、デビッド・サンボーン

★キャスト
メル・ギブソン、ダニー・グローバー、ジョー・ペシ、ジョス・アックランド、デリック・オコナー

★『リーサル・ウェポン2 炎の約束』の評価

IMDbRTMETA
7.283%??
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『リーサル・ウェポン2 炎の約束』の受賞
第62回アカデミー賞で音響効果編集賞にノミネート。

★『リーサル・ウェポン2 炎の約束』の感想

●シネマトゥデイ 
前作の特徴をデフォルメして万人受けらしくした、いかにも2作目らしい作品。「リーサルウェポン」シリーズはどんどんアクションが過激になって嬉しいという人と、それでも芯となるテーマ性を大切にしてほしいという人で、評価が分かれるけど、こうなるのは必然ともいえるので、仕方なし。あるがままに楽しむしかない。ツッコミどころ満載なハチャメチャ展開を純粋にエンジョイしていきましょう。まだ3作目と続いていくのですから。これからです。
●TOHOシネマズ  
パート1では少し暗いイメージのハードボイルドの定番作品だったが、本作からガラリと作風を変え、この後続くシリーズの新しい基盤を作ったと言って過言ではないといえるだろう。正統派なエンタメになっていく転換点でもある。とくにそれを象徴するのがレオの登場だ。この強烈なインパクトと言ったらおかしいくらい半端なかった。リッグスとマータフの間に入っては引っ掻き回すだけ引っ掻き回し「オーケー、オーケー」とやりたい放題とは…。
●DAILYMOTION 
「リーサルウェポン」シリーズの中で1番好きかもしれない。笑いが増えて見やすくなった。1番好きなシーンはロジャーがトイレで大をしようとしたら、そこになぜだか起爆装置があって、そこからどうしようもなくなり一日中動けなくなって、最終的に爆発するシーン。考えた人は頭が狂っている。人間兵器=リーサル・ウェポンと評されるように、キレると何をしでかすか分からないリッグスの暴走はシリーズの中で本作が一番じゃないだろうか。