リメンバー・ミー / Coco|フル動画を無料視聴したいなら【字幕と吹替に対応】

その歌で、大切なものを思い出そう

映画『リメンバー・ミー』のフル動画を無料視聴する方法を網羅的にレコメンドしています! 悪質広告を表示するサイトは掲載していません。
今すぐ『リメンバー・ミー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Coco(「ココ」) / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年3月16日 / 109分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ディズニー

映画『リメンバー・ミー』日本版予告編

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

動画
▼『リメンバー・ミー』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【×】

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『リメンバー・ミー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

キッズでも使いやすい!
ディズニー・ピクサー作品の素晴らしさは語るまでもありませんが、たくさんの名作たちは何度でも見返したくなるような魅力に溢れています。そんな映画を観たいときは、動画配信サービスを使ってお得に見るのもいいでしょう。DVDやブルーレイを購入するのは高すぎるし、借りるのもめんどくさい。そういう場合はネット配信がオススメです。すぐに見たいときに見れるほか、視聴媒体を選ばないので、スマホでもタブレットでもテレビでもOKです。

「無料」を嫌う人はいない!
初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。登録して「あれ、なんか自分には合っていない気がする」となったら最悪ではないでしょうか。無料期間があれば、その不安になるリスクはどこかへ綺麗さっぱり消えうせます。「上手い話には裏がある。登録にてこずるのでは?」「明らかに障害が立ちはだかるのは嫌ですが…」と信じていない人も楽勝。要するにアカウント作成と同じ。パパッと済ませれば、最速でも1分はかからないでしょう。審査も無しです。リー・アンクリッチ監督の「リメンバー・ミー」もアリ。

危険はどこにでもある!
違法な動画サイト等はどうやっても言い訳は使えないものであり、手を出さないように気を付けてください。それでアンソニー・ゴンサレス出演の「リメンバー・ミー」の再生はダメです。そういう動画サイトの中には「バツ」印をクリックして広告を消さないといけないものがありますが、それは地獄の起爆地点になってしまう最初の罠です。そうやってユーザーの行動を誘い、別の不正ウェブサイトに誘導したり、悪質プログラムを動作させたりします。動画視聴欲が仇になるのです。どう考えても問題点だらけの世界から立ち去りたいでしょう。公式保証のサービスでベスト体験をすべきです。

あなたの選択は自由!
ネットのデジタル流通の映画はDVDよりも先行することが多く、VODでも意外に早めにお目にかかれたりもします。苦しいほどではないにせよ、少し厄介さに固まってしまうのが、VODの圧倒的量。各社展開数も多く、加えて内部の作品数も多い。これでは何から見るべきかもわからないです。ガエル・ガルシア・ベルナル出演の「リメンバー・ミー」フル動画を視聴できるVOD(ビデオオンデマンドサービスとして有用なモノ)はどれなのか気になると思います。この今まさに見えているページは該当作品映画の配信中のVODを一覧化し、かつ更新がバンバン行われていくので参考情報として有効です。アイコン表示なのでビジュアルありきで瞬間理解可能。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、見る価値はあります。「リメンバー・ミー」をより深く知れるのです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

字幕・吹替、選択は自由
字幕動画か吹き替え動画か、それは大きな人生の分岐点。それは言いすぎでも体験はかなり変わってきます。だからこそ安易には決められないものです。文字で翻訳するのは限られたスペースにおさめないといけないのであれですが、役者の生の声を聞けるのは嬉しいです。しかし、吹替は翻訳がストレートになる一方で、声優として吹き替える人の力量に左右されてしまい、イメージ変化してしまうこともあります。VODは用意済みならどちらでも選択できるので好みにピタっとフィットできるはず。フレッシュな「リメンバー・ミー」の面白さの発見につながるかもしれません。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純にベンジャミン・ブラット出演の「リメンバー・ミー」の配信の有無だけでなく、誰でも安心できることと映画愛を増幅させることを両立できるようなディープな出会いを届けていきたいと思います。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているソーシャルコミュニケーションの本場であるSNS。映画を見た後にもその感想などを上限なしで自由に語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。アランナ・ウバックも声で出ているピクサー作品「リメンバー・ミー」の視聴ですっかりご満悦になって「あとは寝るだけ」そんな感じで就寝する前に、ちょっとだけその感想をSNSに呟いてみましょう。それだけで始まるのです。交流が開始になります。現在進行形の利用者だけでいいのです。できれば作品のハッシュタグをつけて。運が良ければ公式配給アカウントがリツイートしてくれるかも。それだけでなくそれがきっかけで鑑賞者をぐんと増やすこともできたり、この動画促進効果は侮れません。

高評価作品は観る価値あり
受賞作品は気になるのではないでしょうか。「う~ん、なんだか難しいんじゃないかな」「やたらと高尚な作品やアート寄りな映画を自分には理解できる自信がない」そういう気持ちもわかりますが、かといって毎度同じ映画ジャンルを見ていても飽きやすいです。これはちょっとしたことなのですが、大事なのは新規開拓をする心です。10本見て1本のお気に入りが見つかればいいと考えましょう。普通に動画を見るだけと思えばそんな難攻不落でもありません。レニー・ビクターの声も聞ける感動アニメーション映画「リメンバー・ミー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的にズラリと評判が並んでいるものはやはり見る価値もあるものです。

『リメンバー・ミー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年5月13日時点での『リメンバー・ミー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「Rakuten TV」です。

▼『リメンバー・ミー』をさらに知る

ピクサーが制作する、1年に1度だけ他界した家族に会えるという“死者の日”を題材にしたアドベンチャー。音楽を禁じられた少年ミゲルと、テーマパークのような“死者の国”に住むスケルトンのヘクターが繰り広げる冒険、そして音楽が巻き起こす物語を描く。『リメンバー・ミー』の製作総指揮はジョン・ラセター、製作はダーラ・K・アンダーソン。メキシコに住む12歳の少年ミゲル・リヴェラ。彼が生まれ育ったリヴェラ家には、先祖が音楽家としての夢を追いかけ家族を捨てた過去があることから「音楽禁止」という掟があり、代々靴屋を営んできた家庭だった。それは頑なに守られている厳しいルール。しかし、ミゲルは音楽に夢中で、その決まりを気にしていない。亡きミュージシャンであるエルネスト・デ・ラ・クルスに憧れ、彼のグッズを飾った部屋で家族に見つからぬようにこっそり彼を真似てギターを弾いていた。そうやって今は亡き自分の憧れの人に想いを馳せることしかできなかった。ところが奇跡が舞い込んでくる。1年に1度だけ他界した家族に会えるという死者の日、それは起こった。当日、デラクルスの霊廟を訪れて遺品のギターを演奏したミゲルは骸骨達が住む死者の国に迷い込み、そこで詐欺師のヘクターと出会う。

★『リメンバー・ミー』のスタッフ


監督:リー・アンクリッチ(関連作品:『トイ・ストーリー3』)
脚本:エイドリアン・モリーナ、マシュー・オルドリッチ
音楽:マイケル・ジアッキノ

★『リメンバー・ミー』のキャスト


アンソニー・ゴンサレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベンジャミン・ブラット、アランナ・ウバック、レニー・ビクター、ジェイミー・カミル、アルフォンソ・アラウ、ガブリエル・イグレシアス、アナ・オフェリア・ムルギア、ナタリア・コルドバ=バックリー、エドワード・ジェームズ・オルモス、ロンバルド・ボイアー、ダイアナ・オルテッリ、ブランカ・アラセリ、チーチ・マリン、ルイス・バルデス、ジョン・ラッツェンバーガー

★『リメンバー・ミー』の評価

IMDbRTMETA
8.897%81
映画comY!FM
4.24.264.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『リメンバー・ミー』の感想


・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式・映画評書き起こし] 
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『リメンバー・ミー』映画無料夢心地
日本とは違ったメキシコの死についての捉え方や価値観が作品の独自性に華を添えている。死者の世界が舞台というのはありきたりな気もするが、そうしたバックグラウンドがあるので問題にならないどころか、他の作品とは全く違う印象で楽しめるので安心してほしい。また、ストーリーに音楽がキーワードになっているだけあって、作品内の音楽演出が素晴らしく、メキシカンミュージックとでも言うのか味わいのある音の旋律が耳を弾ませてくれる。
●『リメンバー・ミー』FILMAGA
飽きない展開とメキシコの雰囲気が良かった。映像というか世界観がきれいすぎてため息がもれた。お話はピクサーやディズニー作品でこんなに泣いたのは初めてというくらい号泣できる感動大作でした。、誰もが考えたことがあり、多くの作品でも描かれる「死後」の世界観が素晴らしい。死者の弔いについて深く考えさせられました。「その人のことを覚えている人がいる限り、人は誰かの心で生き続ける」というシンプルなテーマが心に強く刻まれる。