オール・アイズ・オン・ミー

音楽史に残る「2Pac」の伝記映画

映画『オール・アイズ・オン・ミー』のフル動画を無料視聴する方法を一発判断可能にレコメンドしています! 悪質広告を表示するサイトは掲載していません。
今すぐ『オール・アイズ・オン・ミー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:All Eyez On Me(「オールアイズオンミー」) / アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年12月29日 / 140分 / 制作:Morgan Creek Productions / 配給:パルコ、REGENTS / 製作費:4000万ドル / 興行収入:

映画『オール・アイズ・オン・ミー』予告編

(C) 2017 Morgan Creek Productions, Inc.

動画
▼『オール・アイズ・オン・ミー』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る 安定再生

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『オール・アイズ・オン・ミー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ビートを刻む動画を!
ミュージック・アーティストの知られざる秘話を描く映画はファンにとっても知らない人にとっても興味深い一作です。そんな作品がたくさん揃っているのが動画配信サービスです。ネット配信なので、スマホでも鑑賞できます。最近はテレビを持っていない人も多いですが、安心して自分のAndroidやiPhoneなどのスマートフォンでウォッチできます。通信制限が気になる場合は、ダウンロード機能があるサービスを利用するといいでしょう。

「無料」を嫌う人はいない!
初散歩ならぬ初VODならば無料お試しトライアルの切符をゲット。これは各サービスで用意済みなのでチャンスは多め。「家にいながらどこでも自由に映画を観たい。それこそ無料ホームシアターのように」そんな思いに答えるサービスで、お試し期間によって一定の間、本当にタダとなります。「登録自体の難しさに不安が残る…」「結局は使えないままになったら意味もないし…」そんな心配も払しょくできます。やってみればすぐにわかりますが、肝心の登録内容は実にシンプルで、子どもでも入力できるような基礎ばかりです。ベニー・ボーン監督の「オール・アイズ・オン・ミー」もアリ。

アウト行為をしてはいけない!
不正な動画ウェブサイトは言い訳出来ないレベルで適法性・実用性の二点で非推奨。それでディミートリアス・シップ・Jr出演の「オール・アイズ・オン・ミー」の視聴はダメです。ブラックリスト化している問題ウェブサイト(動画コンテンツメイン)の数はかなりの量であり、どんどん増えていることもあって、ドメインだけでいっても100や1000を軽く超えてしまいます。フィルタリングすらもしきれないので、自分は大丈夫だ無関係だと考えるのは怖い油断です。警告を無視するのは最後は自分の損失に発展します。100%セーフティなシネマ動画の世界が最も快適で落ち着くでしょう。

これに決めた!
「DVDをお安くレンタルすることを考えていた自分がバカみたい」そうです。VODを利用することこそが本当の賢い家計術です。注意はあります。「え、加入したはいいけど視聴したい映画の影も形もないのだけど!」こういう叫びが起こるのはそれが確認という必要ステップを怠ってしまったからです。ジャマール・ウーラード出演の「オール・アイズ・オン・ミー」フル動画を視聴できるVODはどれなのかという謎は放置できないのですが気になると思います。その疑問は一般的な方法ならばひたすら公式サイトを確認しまくるしかないですが、それだと時間がかかります。そこでこのページのアイコンによるレコメンドを参考材料にすれば過程を大幅に短縮できます。とにかく新サービスが頻発するVODですが、フルムビバースはその名に恥じないようにフルで対応。新入り動画も見逃しません。もうVODビギナーとは言わせません。利用を開始すればもうあなたのパソコンやスマホは映画館に早変わり。観きれないほどの動画でエキサイティングです。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「オール・アイズ・オン・ミー」のご尊顔を崇めることはできないと…失望です。肝心のサービス継続利用方法は各自のサービスで入念チェック。一部では何かしないと自動更新にならない(解約される)場合もあるので気を付けましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はジャンル関係なしに再生機器の条件を満たす必要が、ミュージック人生を捧げた人物のドラマをエモーショナルに描きだす「オール・アイズ・オン・ミー」でもあります。テレビを考えているなら、対応しているものを購入しているのかの確認です。最新TVは大丈夫でしょう。パソコンはどのブラウザどのメーカーでも基本は不都合なく問題なしです。ただし使用中のブラウザのアップデートはしておくべきですのでネット環境に接続してチェックしておきましょう。スマホはアプリのインストールだけで済むので一番ラクチン。ストアから公式のものを選んであなたの長年愛用のスマートフォンに入れておけばいつでも膨大な映画にアクセス可能です。こちらも更新を忘れずに。

情報の充実度はピカイチ
情報量は多いほうが良いでしょう。単純な紹介文だけではガッカリです。そこでこのサイトではかなりの情報数を完備。他サイトのレビュースコアが一覧で確認できることはなかなかありません。しっかり更新も定期的にしているのが売りです。他にも受賞実績からインタビュー、トリビアまでマニアが喜ぶネタも揃っています。予告動画は当然のように掲載していますし、中にはあの製作裏話がわかるメイキング動画もあったり(もちろんオフィシャル提供なものです)。「ベニー・ボーン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点だけでもその映画の全体評判を理解することができ、これを観ておこうという目星にすることができます。

解約はすぐできます
ネットサービスは便利なのはわかるとしてもVODの解約方法を気にする人もいるでしょう。ダナイ・グリラ出演の「オール・アイズ・オン・ミー」鑑賞完了後に解約もアリ。考えすぎかもしれませんが、解約が難しかったら…との心配を抱く人は結構います。世の中にはそういう悪質性のあるものが存在するのも確かです。でもVODはそこの件に関してはしっかりしており、全行程の作業は1分くらいで済みます。これはネット慣れしているかどうかにもよりますが簡単です。解約ページにたどりつき、「契約解除」の手続きに進んでください。クリックorタップするのみです。電話や本人認証の複雑なステップは必要ないので、退会するのに数週間かかることはなく、テキパキと完了させることができます。

『オール・アイズ・オン・ミー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月21日時点での『オール・アイズ・オン・ミー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『オール・アイズ・オン・ミー』をさらに知る

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」にも選ばれた、アメリカの伝説的なヒップホップMC「2Pac」の伝記映画。2Pacことトゥパック・シャクールの激動の半生を描く。『オール・アイズ・オン・ミー』の製作はジェームズ・G・ロビンソン、デビッド・ロビンソン、L・T・ハットン。ニューヨークのスラム街で生まれた2Pacは、周囲に馴染めず辛い日々を送っていた。自分にふさわしい才能は何なのだろうか。役者に憧れていた彼は、12歳の時に劇団に入団してデビューを果たす。俳優としても活躍し多方面から注目される中、幸先の悪いことが起こってしまう。レコーディングスタジオで強盗に銃で撃たれてしまったことで、状況は変わってくる。一命は取り留めるが、事件現場にライバルレーベルのザ・ノトーリアス・B.I.G.らが居合わせたことから、命を危うくしたトゥパックは彼らの関与を疑い…。

★『オール・アイズ・オン・ミー』のスタッフ


監督:ベニー・ボーン
音楽:ジョン・パエサーノ

★『オール・アイズ・オン・ミー』のキャスト


ディミートリアス・シップ・Jr、ジャマール・ウーラード、ダナイ・グリラ、カット・グレアム、ドミニク・サンタナ、ハロルド・ハウス・ムーア

★『オール・アイズ・オン・ミー』の評価

IMDbRTMETA
5.820%38
映画comY!FM
3.53.763.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『オール・アイズ・オン・ミー』の感想

●『オール・アイズ・オン・ミー』映画無料夢心地 
96年に25歳で亡くなったアメリカのラッパー2PACの半生を描いた作品です。2PACの山あり谷ありの人生というのは話に聞いていましたが、ここまでのものとは思いませんでした。どれもぶっ飛んでてびっくり。同じ地球上の話に見えない。アメリカのヒップホップシーンってまんまギャングのそれと同じなんじゃないか。感情移入は鼻から捨てていくべきですね。音楽の部分は、California Loveのレコーディングシーンはめちゃくちゃ最高です。
●『オール・アイズ・オン・ミー』FILMAGA 
本作のプロデューサーであるレントン・テレル・ハットンは、2pacを描くにあたって必須の知りたいことは、全て過去のインタビューで実際に彼自信が言ったセリフで答えるという“ザ・トゥパック・バイブル”というシステムを作ったという気合の入りよう。つまり、本編の要素にアレンジを入れずに2pacが実際に言った言葉を駆使して、言葉を映画にもあてはめていくと決めたそうです。なので、映画自体は単なる伝記以上の重みがあると思います。
●『オール・アイズ・オン・ミー』109シネマズ  
賛否両論激しいけど良かったと思う。あのレジェンドを2時間で映画化して全員が満足いく作品なんて到底作れるわけがないし、25年間を語るなら映画じゃなくて長いスパンでできるドラマシリーズにするべき。でも映画で良かったのは彼の作った音楽を映像と共に大音量で聞けるし、短い分わかりやすさが増して入門編として機能すること。これがきっかけで多くの人が2pacって人物に対して調べてくれるようになればじゅうぶん大きな価値がある。