バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍

女性だけの秘密部隊が戦場に立ち向かう

映画『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告を表示するサイトは掲載していません。
今すぐ『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』を見るなら動画リンクをチェック。

第1次世界大戦時、ロシアの最終兵器として対ドイツ戦の最前線に送り込まれた女性部隊の実話を基に描き、ロシアのアカデミー賞といわれるゴールデン・イーグル賞で4部門を受賞した戦争ドラマ。製作はフョードル・ボンダルチュク、ドミトリー・ルドフスキー、ポール・ヘス、マイケル・シュリクト。1917年、ドイツ軍の毒ガス攻撃や塹壕戦によって壊滅の危機に追い込まれたロシア軍は、最後の手段として女性だけの秘密部隊を結成する。それは人手不足の中の苦肉の策であったが、戦争に勝つにはこの手段以外に選んでもいられない。集まったのは、貴族や学生、労働者など様々な身分の女性たちだった。当然、戦争とは直接縁のない者たちばかり。まずは何をするにしても、初歩からのスタート。トレーニングなどもしたことはなく、全ては初体験だった。それでも壮絶な訓練を耐え抜いて、なんとか兵士として育っていくことで準備が整う。そして、最前線へと送られた彼女たちは、激化していく戦いの中で勇猛果敢にドイツ軍に立ち向かうが…。

原題:Batalon / 製作:ロシア(2015年) / 日本公開:2017年7月18日 / 123分 / 制作: / 配給:アットエンタテインメント

「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」7/18公開 劇場予告

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画にもワクワク!
知られざる戦争の逸話を描いた作品は思わぬ史実の一片を知ることができてとても面白いものです。そんな作品がたくさん揃っているのが動画配信サービスです。AndroidやiPhoneなどのスマホで見れば外出先で視聴できますし、パソコンで見ればひとりで作業をしながら鑑賞もできます。また、テレビを用いれば、迫力のある大画面で映像を堪能できます。自分に合った視聴スタイルをその時々で選べるのもこのサービスの便利です。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。登録して「あれ、なんか自分には合っていない気がする」となったら最悪ではないでしょうか。無料期間があれば、その不安になるリスクはどこかへ綺麗さっぱり消えうせます。「上手い話には裏がある。登録にてこずるのでは?」と信じていない人も楽勝。要するにアカウント作成と同じ。パパッと済ませれば、最速でも1分はかからないでしょう。審査も無しです。

完全にアウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」の視聴はダメです。どうせ使用していても捕まらないと思っていませんか? そんなことは絶対にありません。まずそういう不正サイトは利用すると必ずアクセス記録(IPアドレス)が残ります。サイト取り締まり時に警察は利用者のデータを得るので追跡はじゅうぶん可能です。リカバリーできるとは思わないでください。損害の程度によっては1回の再生で取り返しのつかない問題に苦悩します。

迷ったときは?
今では新作配信もVODであればさほど待機することもないです。むしろDVDより先行することもあります。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはその疑問の解消のサポートができます。フルムビバースでは各作品が視聴可能なVODをアイコンによって一覧化。このインフォメーションは固定ではなく状況変化に合わせ更新しています。必ずどんな作品でも同じVODを推薦してくるサイトもあり、それは量産型の方法でページが作られています。一方、こちらは全部がオリジナルで個別対応。配信は頻繁に変わるのでこれだけを鵜呑みにすることはできません。サイト上での目視は欠かせませんが、最初の参考材料には使えるでしょう。

情報の充実度はピカイチ
「これができると痒い所に手が届く」そんな機能もフルムビバースには搭載中。例えば評価を調べたいと思ったとき、各種サイトを確認して回るのは大変です。意外にそれぞれでスコアも違ったりして見ていくと興味深いのですが、ひとめで確認したい。こちらではまとまっているのですぐにわかります。しかも独自のオリジナルレビューやSNS賛否チェッカーもあるので、その情報量はトップクラス級。他にも参考材料はたくさん。「ドミトリー・メスヒエフ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

動画はフルの方がいい
気づいていない人も珍しくないですけど、テレビの民放ロードショー番組などでは映画放映時は多くのシーンがカットされ、放送枠におさまるように編集されています。仕方がないこととはいえ、映画の持ち味は完全に見れないことは、フル動画とは言い切れず、欠落は隠せません。しかし、VODにはその点もカバー。ネット配信の柔軟性は余計な編集を必要とせず、ラストまでじっくり鑑賞をお約束できます。「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

海賊版サイトは無料ではありません
消して消しても無くならない違法なアップロード動画はそれ自体が無料であるように偽っているだけで実際はあらゆる手段でユーザーからカネを奪い取ろうとしてきます。それこそ悪質勧誘へハメたり、スパム系の攻撃で騙したり、個人情報を盗んで利益にしたり、あの手この手で待ち構えているのです。「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」がタダ見できるならば手を汚してでも…という邪の感情は負のスパイラルで起こし、ろくな目に遭いません。今では無料性をともなう正規プレゼンツのサービスがしっかり揃っているのですから、それを無視する言い訳には何もならないでしょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」だって何度でも鑑賞したいのでは? 1回ではわからないネタもあります。動画を一時停止して初めて「え!」と気づく場合も。実はこんな伏線になっていたことを知る瞬間は快感です。でも劇場でリピートするのはちょっとマニアすぎてハードルは高いです。複数回見ると下手をすれば5000円とかかかってしまいます。でもVODならば何度見ても追加の発生料金は無し。そこはDVDと同じです。好きなように動画を停止してもいいし、巻き戻しても構いません。

『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』をさらに知る

★スタッフ
監督:ドミトリー・メスヒエフ
脚本:イリア・アブラメンコ、エフゲニー・アイジコビッチ、ドミトリー・メスヒエフ、イーゴリ・ウゴルニコフ
撮影:イリア・アベルバク
音楽:ユーリ・ポテイェンコ

★キャスト
マリア・アロノバ、マリア・コジェーブニコワ

★『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』の評価

IMDbRTMETA
6.6??%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』の感想

●シネマトゥデイ
現代ならまだしも当時で女性だけの軍なんて、想像するだけで辛い事だと思う。しかし、意外にロシアというのは戦争に女性を雇用していたことで有名です。一般的な国では、戦争に女性を送るといえば看護師か、性的な理由です。それでもロシアはしっかり男性と同等の兵士として扱っていたのです。複雑な気持ちではありますが、平等であるという意味では良い事なのかもしれません。しかし、戦争はやはり戦争。待っているのは過酷な戦場でした。
●DAILYMOTION 
史実では「決死隊」は1917年6月に前線に投入されて、火花を散らしながら、170名中100名の死傷者をだしながらも、崩壊した戦線の一部を立て直している。ほぼ映画と同じと考えて良いだろう。映画でも少しづつ減っていくバタリオンの死が丹念に描かれ、各シーン毎に女性たちが国土防衛の大切さを説きながら戦うというベタな展開が並ぶ。今のロシア人にもグッとくるセリフにさぞ国内では感動を呼んだのだろう。日本であれば冷静になりますが。
●イオンシネマ 
バタリオンとは実在したロシアの婦人部隊のこと。別のと勘違いしないように。いきなり激しい戦地に送り込まれた「バタリオン」が屈強な恐ろしいドイツ軍相手に負けじと一歩も引かず、逆に一時的にでも戦局をこちらに引き寄せるくらいのとてつもない活躍をしますので、「実話」という文字が頭をチラつきながら「ほんとに~?」と疑問を持ちつつも、やっぱり現実を突きつけられる戦争映画は悲しいねといつものボンヤリな終着点でした。