コラテラル(2004)

トム・クルーズ、プロの殺し屋になる

映画『コラテラル』のフル動画を無料視聴する方法を安心整理でレコメンドしています! 悪質広告を表示するサイトは掲載していません。
今すぐ『コラテラル』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Collateral / アメリカ(2004年) / 日本公開:2004年10月30日 / 120分 / 制作:Parkes/MacDonald Productions / 配給:UIP / 製作費:6500万ドル / 興行収入:2億1700万ドル

コラテラル – 予告編
動画
▼『コラテラル』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 高品質

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『コラテラル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者向けのメリットも多数
人気俳優出演作は欠かせず観るという人も、これは見逃していたという人も、便利なサービスが動画配信サービスです。通勤通学途中などの外出先で鑑賞したいならスマホで見ることができます。加えて、ノートパソコンやデスクトップパソコン、タブレットでも見れます。もちろん、テレビでも見れるので、大画面で観たいときは、ネットに接続したテレビで思う存分鑑賞しましょう。自由自在に鑑賞できるのはネット配信のこのサービス独自のメリットです。

「無料」を嫌う人はいない!
新入生のようにワクワクの気持ちでこの動画パラダイスにやってきたのなら、それはもう大歓迎となりますので、無料のトライアルをどうぞ持っていってください。この耳寄りな情報は今の作業を一旦中断してでもメモしておきたいものです。なにせ一定の期間に限るかたちで無料お試しが可能なのですから、それはまるで無料動画スタイルです。「登録は絶対に必要なのですか?」その疑問については、わずかながら登録なしでも利用できるものもありますが、基本は登録が必須。アカウント作成しないと動画を見れないですがすぐ終わります。マイケル・マン監督の「コラテラル」もアリ。

それは危険に満ちている!
不正な動画ウェブサイトはどういう作品であったとしても適法性・実用性の二点で非推奨。それでジェイミー・フォックス出演の「コラテラル」の視聴はダメです。そういう動画サイトの中には「バツ」印をクリックして広告を消さないといけないものがありますが、それは最も利用されている典型的な罠です。そうやってユーザーの行動を誘い、別の不正ウェブサイトに誘導したり、悪質プログラムを動作させたりします。動画視聴欲が仇になるのです。安全じゃないと映画を観ている間も何も集中できませんし、視聴中にトラブル多発で鑑賞気分が吹き飛ぶことになります。

迷ったときは?
今では新作配信もVODであればさほど待機することもないです。むしろDVDより先行することもあります。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。ジェイダ・ピンケット=スミス出演の「コラテラル」を視聴できるVODはどれなのかアンサーを追求して気になると思います。そこでこの作品ページが絶大な効果を発揮。あなたの需要に答えることができます。一日は24時間しかないですが、貴重な時間を無駄にはさせません。配信サービスをアイコン画像でわかりやすく整理して紹介しています。全く初期状態から更新もないような鈍感不動の紹介サイトとは違います。こちらの掲載内容は変化するので鮮度は一定のほどよさ。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は持っている再生機器の条件を満たす必要が「コラテラル」でもあります。その条件に関しては各VODの公式サイトにて詳細が掲載されているので気になるならば熟読しておくと良いでしょう。基本的には多くのユーザーが保有している機器がそのまま使えるはずです。それがよほど特殊な機器か、はるか10年前の端末だとか、ちょっと適応できないレベルで古いものではない限りは平気です。主要なブラウザにも対応していますし、スマホならアプリでラクラク。簡単操作でインストールしておくだけであっさり視聴環境はクリア。できるのであれば、高画質の方が良いのは当然ですので、選択肢の優先順位を決めるのに役に立つでしょう。

広告ブロックに気をつけて
何事もなく動画が視聴できれば万々歳ですが、見たいと思ったときに予想外のトラブルにてんやわんやすることもあります。稀に起こる現象といえば、「ポップアップのブロック」が見境なく突発する事態です。何がどうなっているのか理解をするのも難しい状態にオロオロ。これはブラウザによるエラーなのですが、根本的な原因は拡張機能などで導入されている広告ブロックツール。これは役に立つものです。決してダメだしをしているわけではありません。本来は広告を排除するものですが、サイト動作に必要なプログラムまで妨害するという致命的問題がレアケースで報告されています。マーク・ラファロ出演の「コラテラル」も見れないかも?オカシイと感じたらまずは一息をついてブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉はいつまでも輝きを放ち魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。ピーター・バーグ出演の緊迫感満載な「コラテラル」は? サブスクリプションというのは所定の金額を支払うと一括でサービスを満喫できるというもので、レンタル店とは全く違います。すでに主流になっている映画鑑賞スタイルなだけはあります。見放題と一般に呼ばれるタイプであれば、話は簡単で、配信している全作品をお試し期間中は無料で見れます。コンテンツをポイントで交換するようにして視聴するタイプはやや特殊で、少しだけ整理しておきたい部分です。登録時に貰えるポイントの範囲内であれば、その制限の中では作品を無料感覚で好きに視聴できます。この違いはしっかり誤解しないように。

俳優好きにも必須
多彩な魅力を合わせ持つ映画エンターテインメントの立役者はまさしく俳優です。あなたの好きな人はいるでしょうか。マッチョなあの人、セクシーなあの方、アバンギャルドな異彩を放つあの子、熱狂してドハマりになってしまうファンが生まれるのも納得の唯一無二のカリスマ性。これはなんとも底なし沼です。そんなムービー・スターの出ている動画を抽出できるのも、検索機能を持つVODの強みです。圧倒的なカリスマ性を持っている「トム・クルーズ」の芝居は一見の価値ありと言い切れます。何度も繰り返し鑑賞してもその惚れ惚れとする姿勢にうっとりです。しかし個人的な資金力には限界が…。でも安心してVODで低コストで追いかけられます。

『コラテラル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月1日時点での『コラテラル』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『コラテラル』をさらに知る

マイケル・マン監督が手がけた、トム・クルーズがプロの殺し屋ヴィンセントを演じるサスペンス。『コラテラル』の製作総指揮はフランク・ダラボン、チャック・ラッセル、ロブ・フリード、ピーター・ジュリアーノ。ロサンゼルス。平凡で真面目なタクシードライバーのマックスは、ある夜、最初の客アニーと目的地に着くまでの時間に賭けをする。何気ない賭けはマックスの勝ちに終わり、彼は検事局に勤めるアニーから「何か困った時に」と連絡先を貰う。次にマックスは、「ヴィンセント」と名乗るビジネスマン風の客を拾う。目的地に着くと、ヴィンセントはマックスの律儀で生真面目な仕事っぷりを買い、彼にタクシーの貸切りを持ちかける。マックスは「貸切りは規定違反になる」と断るが、ヴィンセントの強引さと600ドルの誘惑に負け、そのまま流れに押されるように引き受けてしまう。しかし、それは簡単なものではなかった。単なる貸切りではなく、殺し屋の手伝いをさせられることを意味していたことにあとで気づき…。

★『コラテラル』のスタッフ


監督:マイケル・マン(関連作品:『ALI アリ』)
脚本:スチュアート・ビーティー
撮影:ディオン・ビープ、ポール・キャメロン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★『コラテラル』のキャスト


トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット=スミス、マーク・ラファロ、ピーター・バーグ、ブルース・マッギル、イルマ・P・ホール、バリー・シャバカ・ヘンリー、ハビエル・バルデム、ジェイソン・ステイサム

★『コラテラル』の評価

IMDbRTMETA
7.586%??
映画comY!FM
3.43.573.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『コラテラル』の感想

●『コラテラル』FILMAGA 
殺し屋の巡業にタクシー運転手が付き合わされるハメになる話。クライムアクションと一般には語られがちだが、トム・クルーズの台詞とか雰囲気がシャレオツで、明らかにエンタメとは違う路線になっている。いわゆる真面目なトム・クルーズが見られる作品です。巻き込まれストーリーのお手本みたいな作品で、どんどん展開は発展していき、ハラハラしっぱなし。地下鉄で死んだ人の話がラストに絡むのがクールなプロットになっている。
●『コラテラル』イオンシネマ 
クールな殺し屋に流されるうだつの上がらなさそうなタクシー運転手がその一晩で変わっていく姿を見守っていく一作で、急な事態発生によってガラッと物語の空気が変わるのが楽しい。余計な説明はないので出来事や状況から背景を理解しなければならないところが割と集中してみさせてくれて、没入感をもたらしてくれる。「よく見ず知らずの人間を殺せるな」「友達になってから殺せってのか?」そんな軽妙なセリフも楽しめる大人の映画でした。