ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

猫に出会って変わった人生

映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告を表示するサイトは紹介していません。
今すぐ『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を見るなら動画リンクをチェック。

ホームレス同然のストリートミュージシャンが一匹の野良猫との出会いによって再生していく姿を描き、世界的ベストセラーとなったノンフィクションを映画化。製作総指揮にはダミアン・ジョーンズ、ティム・スミス、ポール・ブレット、アンダース・エアデンなどが名を連ねる。ロンドンでプロのミュージシャンを目指すジェームズは、夢を果たせず、薬物に依存、家族にも見放され、ホームレスとしてどん底の生活を送っていた。その姿を道行く人はまるでゴミでも見るような目つきで見つめる。そんな彼のもとに迷い込んできた一匹の野良猫。足をケガしていたその猫はボブと命名され、ジェームズはそんなボブを有り金をはたいて看病する。見放された存在という立場がなぜか自分と通じているように思えた。それ以来、いつも一緒に行動をすることになったジェームズとボブ。そんな彼らの姿は次第に世間の注目を集めるようになり…。

原題:A Street Cat Named Bob / 製作:イギリス(2016年) / 日本公開:2017年8月26日 / 103分 / 制作: / 配給:コムストック・グループ

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」予告編

(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画で時間を有意義に!
犬や猫が登場する動物モノの作品はついつい見てしまう魅力があり、好きな人はぜひ見逃せない一作です。そんな作品を観たいときは、人気も増している動画配信サービスがオススメです。利用者も増えており、今ではレンタル店よりも身近になりつつあります。メリットも多く、作品を探すのも簡単で、観たいときにすぐに見ることができます。字幕や吹き替え双方に対応しているので、自分の好きな方を選べるユーザーに嬉しいものもあります。

「無料」を嫌う人はいない!
初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。登録して「あれ、なんか自分には合っていない気がする」となったら最悪ではないでしょうか。無料期間があれば、その不安になるリスクはどこかへ綺麗さっぱり消えうせます。「解約できないというトラブルが怖い…」そんな気持ちもよくわかりますが、そのような厄介な事態にはなりません。なぜなら解約ステップは単純で、思いついた時にすぐにアカウント削除が可能。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の視聴はダメです。「それはあくまでオーバーな言い方であって本当は気をつければいいだけでは?」そんな油断が危うい落とし穴に引き込まれます。カメラが乗っ取られて盗撮されたという事例から、メールアカウント流出で大量情報漏れという事例まで何でも起こりえます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

迷ったときは?
今では新作配信もVODであればさほど待機することもないです。むしろDVDより先行することもあります。「動画を観るぞ!」と意気込んでいると思わぬぬかるみに足がハマるかもしれないです。お目当ての作品配信が終了していたり…なんていう失望絶望は経験しない方が良いのは当然です。「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VOD自体が明快に配信通知システムを広く展開してくれると嬉しいのですが、現実的に厳しいので、まずはこのページで配信確認を補助して視聴の準備に使ってください。もちろんこのサイトは何も登録は求めません。大事なのは情報の高鮮度な質であり、定期的に刷新することが求められますが、フルムビバースはそのあたりも抜かりなしです。VODはいくつもあるのでそれごとに無料お試しは可能。つまり、まず1つ目の1か月体験が終わって、次の2週間体験に、そしてまた別の…と連続利用もできなくはないです。

情報の充実度はピカイチ
ただの動画データベースではないフルムビバースでは掲載情報は他のサイトとは毛色が違います。まずは紹介VODのラインナップはスポンサー契約など関係なしに網羅的に採用。どこよりも多いです。もちろん法律に準拠した正規の許可を得たサービスです。そのサービスごとに配信映画をズラッと一覧表示することもでき、公開年月や製作国、細かいジャンルなどで分類しているので、そこからの検索も可。予告動画を見るのも良し。「ロジャー・スポティスウッド」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

フェアにオススメします
数多のVODを一括チェックできるサイトであるフルムビバースは、他の紹介サイトと違って、取り扱いをフェアプレイで決めています。基本は正確な情報を重視し、全部のサービスを網羅しようと心掛けているので、そのラインナップはどこよりも充実しており、作品によっては10種類上の選択肢を提示していることも。あえて一つに絞らない理由はユーザーのパーソナルな判断を尊重しているからです。単純に「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

邪魔な広告は無し!
急に広告画面がバッと表示されるサイトというのは、何かしらのユーザー不利益を発生させることもいとわないものです。なるべくなら公式サイトを活用すべきであり、すぐさま鑑賞を安全にするものが必要です。導いてくれる案内板のようなものが。そこでフルムビバースのレコメンドサポートで、安全第一を確保しながら、「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」視聴を妨げません。どういう広告がアウトになるのかは、すでに業界団体が自主的に認定している基準というのがあり、それに当てはめながらの視認となりますが、原則的に他のどこよりも厳しく見ているので広告は極少です。

海賊版サイトは無料ではありません
「Free Download」と書かれたボタンらしきものをクリックすると怪しげなページに飛ぶ…これは海賊版サイトやそれモドキのウェブサイトに普通に見られるスパム騙しコンテンツです。あなたに動画を正常に見せる気などなく、隙あらば個人情報を狙う腹をすかしたハイエナのように群がってきます。「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」がタダ見できるならば手を汚してでも…という邪の感情は負のスパイラルで起こし、ろくな目に遭いません。今では無料性をともなう正規プレゼンツのサービスがしっかり揃っているのですから、それを無視する言い訳には何もならないでしょう。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ロジャー・スポティスウッド(関連作品:『氷の上のふたり』)
脚本:ティム・ジョン、マリア・ネイション
撮影:ピーター・ウンストーフ
音楽:デビッド・ハーシュフェルダー

★キャスト
ルーク・トレッダウェイ、ルタ・ゲドミンタス、ジョアンヌ・フロガット、アンソニー・ヘッド

★『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の評価

IMDbRTMETA
7.477%54
映画comY!FM
3.84.223.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の感想

●無料ホームシアター 
ただのネコ映画だと思って舐めている人は損をしている。実はこの映画、すごくシリアスで社会派な映画だ。もちろん、ネコの可愛さも楽しめるが、物語は社会問題を一貫して描いている。ドラッグの怖さ。止めようと思っても止められない。抜け出すのが難しいことがよく分かる。それにホームレスの現状も見えてくる。そして、そういう社会の底辺に生きる人に対する風当たりの冷たさが残酷に表れている。世間は温かいのか、冷たいのか、考えさせる。
●シネマトゥデイ 
ジェームズが持つ自己評価の低さに共感できてしまう私のような人間には、彼の何とかしてマトモになろうと努力する姿が痛いくらいにブッ刺さってきます。心がホッコリする感動の実話…なんて生易しいものではないのが痛烈です。ネコを買い取ろうとする人間とか、ほんと酷い。こうやって金の力で大切なものを奪おうとする人たちがいるから、ジェームズやボブは捨てられているのに。本当に弱者のことを想って行動しているのは誰なのでしょうか。
●DAILYMOTION 
ボブさん、ご本人も出演されてたということですが、どの部分が本物のボブさんだったんでしょう、プロのねこ役者の演技と遜色ないくらいで、新人とは思えないくらいでした。ラストのサインの所で、本人が登場して「これは僕の人生だ」と言う辺りが笑えます。ドラック依存についてはいまだに本人の精神力の問題だみたいな偏見が根強いなか、この主人公たちに立ちはだかる壁は非常に大きかったのだろうな。ただでさえイギリス社会は冷たいですから。