猿の惑星(1968)

「猿の惑星」シリーズの第1作

映画『猿の惑星』のフル動画を無料視聴する方法を昔の映画も含めてレコメンドしています! 不正広告を表示するサイトは紹介していません。
今すぐ『猿の惑星』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Planet of the Apes / アメリカ(1968年) / 日本公開:1968年4月13日 / 112分 / 制作: / 配給:20世紀フォックス / 次作:『続 猿の惑星

吹替の帝王シリーズ第6弾!史上最強の『猿の惑星』 2014/9/3発売!

▼『猿の惑星』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】スマホ可
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『猿の惑星』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

歴史的名作を目撃せよ!
不朽の名作として有名な映画シリーズは一度は観ておきたいものですが、まだ未見という人も多いはずです。そんなときには動画配信サービスを用いることでお得に観ることができます。これはネット配信なので、レンタル店と違って、作品を探すのはとても簡単。「あの一作だけが見つからない」ということもありません。さらにスマホでも鑑賞できるので、外出先ではダウンロードしておいて通信制限を気にせずに鑑賞することも便利です。

「無料」はやっぱり魅力的!
100作品を観ても無料なんてことがあるのでしょうか。はい、あり得ます。それが嬉しい無料トライアルなのです。お試しには期間があるというだけで(2週間まで、1か月までなど)、機能自体の制限はないので、スマホでは使えませんというような煩わしい欠点もなく、完全な利用が最初からできます。「何かの理由で莫大な料金が請求されたりしない?」「こういうのは本当に支払いに問題が起きたりしないのか」それは絶対にありません。そもそも料金は決まっており、何かの延滞金や解約料が生じることはないので、支払いにあたふたすることはないでしょう。フランクリン・J・シャフナー監督の「猿の惑星」もアリ。

旧作であったとしても!
なお、巷に溢れる致命的な課題を抱えているイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでチャールトン・ヘストン出演の「猿の惑星」の鑑賞はダメです。そういう動画サイトの中には「バツ」印をクリックして広告を消さないといけないものがありますが、それはあまりにもよく使われている定番の罠です。そうやってユーザーの行動を誘い、別の不正ウェブサイトに誘導したり、悪質プログラムを動作させたりします。動画視聴欲が仇になるのです。毎年大勢の人が人知れずに大損害を受けているので、聞き流すことなく、マニュアルだと思ってオフィシャル一択にしましょう。

これに決めた!
「まるでショッピングセンターのお買い得コーナーを見ている気分!」そんな動画つかみ取りの幸福世界へようこそ。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。キム・ハンター出演のレジェンド級の名作SF「猿の惑星」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこの作品ページが絶大な効果を発揮。一日は24時間しかないですが、貴重な時間を無駄にはさせません。配信サービスをアイコン画像でわかりやすく整理して紹介しています。動画サイトがメンテナンス中であろうとも、こちらのサイトには影響はありません。観たい作品に目星を付けておきましょう。リコメンデーションしているアイコンの中をあれこれと探ってみるうえで、闇雲にクリックしまくることはありません。基準になるのは自分が使っていない未経験のもの。それなら無料はすぐそこ。

古い作品ならもしかして…
合法的な無料鑑賞はひとつではありません。これは隠し技とかではないのですが、著作権のルールに基づいた正当な、でもあまり認知されていない手法です。というのも映画の中には著作権切れというものがあり、いわゆるパブリックドメインと呼ばれるものがあります。聞きなれないかもしれませんが、一般的な知識のひとつ。これであればフル動画をアップしてもOKです。古い作品に限定されますが、あの超古典的名作も案外とすんなりおカネを出すことなく見れるものです。ちなみに字幕には別個で権利が生じるのでDVDの作品を勝手にネットにあげるのはやはりダメです。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。モーリス・エバンス出演の話題作すぎて名前だけが知られている「猿の惑星」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く己の「見た映画」に加えるべく視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
子ども向けによく利用されているフィルタリング、法的実用性の議論がなされているブロッキング、著作権侵害に基づくサイト検索削除システム。いずれも個々の有効性は理解できますが、世に蔓延る有害サイトの排除にはつながりません。それどこか全然違うところに労力が割かれるのは不都合です。大事なのはそのウェブサイトに置き換わる利便性の高いサイトで上書きすることだという研究もあります。そんな存在はあるでしょうか。もちろんここにあります。VODです。安価で、気軽で、ニッチな需要も満たす膨大なラインナップ。救世主として「猿の惑星」合法視聴方法を拡散しましょう。

高評価作品は観る価値あり
手当たり次第に映画を貪るのもそれはトレジャーハントのようでテンションをあがりますが、忙しい現代人にとっては無駄なく生活したいので良作だけを鑑賞して効率性を重視したいかもしれません。それが最もショートカットになります。普段は見たことがない傑作映画はそれだけの価値があるものです。基準となるのは著名な賞に輝いている作品、もしくは批評家や評論家に絶賛されている作品。専門家の見識や眼は侮れませんから、セレクト時の材料になります。ロディ・マクドウォール出演の「猿の惑星」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に歴史上に名を遺す有名映画に触れることで新しい扉が開けます。

『猿の惑星』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月23日時点での『猿の惑星』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「TSUTAYA」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『猿の惑星』をさらに知る

SF映画の金字塔となった歴史に残る傑作「猿の惑星」シリーズの第1作。製作はアーサー・P・ジェイコブス。地球から320光年の長い旅の末、とある惑星に不時着した宇宙飛行士。残されたテイラー、ドッジ、ランドンの3人は、沈みゆく船から急いで脱出し、近くの岸辺へと到着した。そこは荒れ果てた場所であり、言葉を話す猿たちが原始的な人間たちを支配する、どうやら未発達の惑星のようだった。まるで野蛮なその場所に踏み入れたことを後悔する時間もなく、人間狩りをする猿の軍隊に捕らえられた主人公テイラーは、何とかこの状況を脱するべく行動に出る。コーネリアスとジーラという猿の助けを借り、一緒に捕らえられた人間の娘ノバを連れ逃亡を図るのだが…。

★『猿の惑星』のスタッフ
監督:フランクリン・J・シャフナー
脚本:マイケル・ウィルソン、ロッド・サーリング
撮影:レオン・シャムロイ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

★キャスト
チャールトン・ヘストン、キム・ハンター、モーリス・エバンス、ロディ・マクドウォール、ジェームズ・ホイットモア、ロバート・ガナー、ルー・ワグナー、ウッドロウ・パーフレイ

★雑学(トリビア)
・映画と違って原作では、猿は独自の言語を用い、主人公がそれを習得して猿たちと意思疎通をするという展開になっている。
・作品中に登場する猿は「戦時中の日本軍」がモデルになったという通説がまかりとおっているが、とくに根拠はない。

★『猿の惑星』の評価

IMDbRTMETA
8.087%??
映画comY!FM
3.6???3.6
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『猿の惑星』の感想

●シネマトゥデイ 
あまりにも有名すぎるラストのオチなので、今さらネタバレが!という人はいないでしょうし、そんな戯言に付き合ってもられないのでスルー。結構チープな部分は多いのは製作時期の問題だからそれも無視してください。きっと今の最新映画も古いと言われるようになるのですから。予備知識なしで観た当時の人達はどう思ったんだろうという当時に想いをはせながら鑑賞していくとなんだかノスタルジーな感動が時を超えて味わえるような気がしてきていい。
●DAILYMOTION  
名作すぎるがゆえに鑑賞前からオチを知ってしまっていたのが悲しい。つまりこの映画を100%楽しめていないということ。記憶を消す装置があれば最高なのに。なかなか面白く皮肉に満ちていて、単なる猿が出てくるというアイディアありきの作品ではないことがわかる。当時としては新鮮だった設定と特殊メイクを評価することはできる。こういう旧作の評価を現代でするのは困難だが、それができる人は映画を客観視しながら分析できる人なのだろう。
●FANDANGONOW  
不朽の名作。立体を意識した寄りや引きの、臨場感と緊迫感溢れる独特のカメラワークだったり、アートなビジュアルとテクニックが混ざり合っている。続編ありきな感じなんて今の時代で鑑賞した人に言われているが、これは続編計画ゼロどころか、当たるかどうかも怪しい映画化だったことは言及しておかねばなるまい。生物の頂点に立った人間という生き物はそれがいつまでも続くと限らない。その視点を始めて大衆に突きつけた一作ではないか。