猿の惑星 征服(1972)

「猿の惑星」シリーズ第4作

映画『猿の惑星 征服』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告を表示するサイトは紹介していません。
今すぐ『猿の惑星 征服』を見るなら動画リンクをチェック。

SF映画の金字塔「猿の惑星」シリーズの第4作。製作はアーサー・P・ジェイコブス。1990年、ここはアメリカ・メガロポリス。生活は厳しく統制され、非常に発達したテクノロジーによって高度にコンピューター化されている。20年ほど前、人間に殺されたコーネリアとジーラの子シーザーは成人し、アーマンドに可愛がられていた。なかば警察国家を形成している、このメガロポリスの支配者たちは、猿を奴隷化して、重労働を押しつけていた。これにより一部の上流階層に暮らす権力者は豊かな生活をできる余裕が生まれる。人間に愛されて育ったシーザーは、アーマンドに初めて町に連れていかれ、猿たちがいじめられているところを目撃し、思わず大声をあげる。それはあまりにも理不尽で許せない、怒りに震える光景だった。アーマンドはシーザーを逃し、潔く警察に出頭した。この事件はブレック知事と警察署長コルプの耳に入り、一件に怒る2人にカマをかけられた彼は、ついに20年前、人語を話す猿の子を処刑の手から救ったことを白状させられ…。

原題:Conquest Of The Planet Of The Apes / 製作:アメリカ(1972年) / 日本公開:1972年7月22日 / 93分 / 制作: / 配給:フォックス / 前作:『新・猿の惑星』 / 次作:『最後の猿の惑星』

猿の惑星・征服 (字幕版)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『猿の惑星 征服』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの映画も見れます!
人気シリーズの映画は追いかけている人は別として新しく見ようと思った人も多くなりやすい作品群です。そんなシリーズものをお得に見るのであれば、動画配信サービスを使うのがオススメです。シリーズは一作でも見逃したくはないですが、このサービスであれば、そんなことはありません。ネット配信という特性を活かして、観たいときにすぐに見ることができ、スマホでもパソコンでもテレビでもOKという自由度が売りです。

「無料」で感謝!
ありがたさはここからが本領発揮。初心者を救いだす理想の導きのような無料サービスお試しが完備しているものが多数です。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「解約制限みたいなのはないのだろうか」との素朴な疑問の答えは「ご安心を」です。登録したらいつどのタイミングでも自由に解約はできますし、退会する作業になんら負担は発生しませんので、大丈夫です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「猿の惑星 征服」の鑑賞はダメです。具体的な怖さを提示してくれないとわからない? だったら恐ろしい話をしましょう。ネット上の体験談ではこんなとおり。パソコンが壊れた。メールアドレスが乗っ取られた。クレジットカードが不正使用された。結局は警察も相手してくれません。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

使うべきはどれ?
「友人に勧められていたから絶対に見ておこうと思ったのに…時間が…」そんな状況ならVODは最強の助っ人になります。苦しいほどではないにせよ、少し厄介さに固まってしまうのが、VODの圧倒的量。各社展開数も多く、加えて内部の作品数も多い。これでは何から見るべきかもわからないです。「猿の惑星 征服」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればアイコンでご案内しています。似たり寄ったりなサイトは無数にありますが、フルムビバースは意図的に紹介VODを絞ることはせず、平等な扱いにこだわっています。もうVODビギナーとは言わせません。利用を開始すればもうあなたのパソコンやスマホは映画館に早変わり。観きれないほどの動画でエキサイティングです。

古い作品ならもしかして…
「映画を合法的に無料で視聴可能!」なんてセールストークみたいなものは典型的な都合のいい話であり、いかにも怪しい裏がありそうです。実際に違法性のあるものを除き、そのとおりの体験が実現できるのはVODの無料お試しが主。しかし、それ以上の別の手段がないわけではなく。それはパブリックドメインという特殊な事例。これは古い映画に当てはまることですが、著作権が消滅したゆえにネットに法律上の問題なくアップされているのです。アーカイブサイトで発見できるので50~70年前の旧作は要チェックです。

登録情報は最小限
「電話番号とか入力はしたくないな~」その気持ちもわかりますが登録時の入力する情報は主に本人確認とセキュリティ認証、そして支払い情報の確保のみに使われ、自分のあずかり知らぬところでの流用はないので極度に心配しなくてもOKです。「クレジットカードとか、無料お試しの利用でも必要なの?」と思っているかもですが、それは必ず求められ、悪ふざけでの登録を防止する意味もあります。規定の条件さえ適用できるならば、普通に無料になっていくので、問題はありません。あとは「猿の惑星 征服」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

フェアにオススメします
クロスチェックでビデオオンデマンドの配信をモニタリングできるフルムビバースでは、公平性を重視しています、他のウェブサイトだとなんだかんだとサービス紹介をあれこれしたあげく、最終的にはひとつのものだけを推薦してくるものがあり、それは明らかにアンフェアです。ただの配信現状だけでなく、本来はユーザーの適合度は個人差がありますから、それを無視するのは不自然でしょう。単純に「猿の惑星 征服」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「猿の惑星 征服」鑑賞完了後に解約もアリ。考えすぎかもしれませんが、解約が難しかったら…との心配を抱く人は結構います。世の中にはそういう悪質性のあるものが存在するのも確かです。でもVODはそこの件に関してはしっかりしており、全行程の作業は1分くらいで済みます。解約ページにたどりつき、「契約解除」の手続きに進んでください。クリックorタップするのみです。電話や本人認証の複雑なステップは必要ないので、退会するのに数週間かかることはなく、テキパキと完了させることができます。

『猿の惑星 征服』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『猿の惑星 征服』をさらに知る

★スタッフ
監督:J・リー・トンプソン
脚本:ポール・デーン
撮影:ブルース・サーティーズ
音楽:トム・スコット

★キャスト
ロディ・マクドウォール、ドン・マレー、ナタリー・トランディ、ハリー・ローズ、セヴァーン・ダーデン、ルー・ワグナー、ジョン・ランドルフ、エイサ・メイナー、H・M・ワイナント、デイヴィッド・チャウ、バック・カータリアン、ジョン・デニス、リカルド・モンタルバン

★『猿の惑星 征服』の評価

IMDbRTMETA
6.147%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『猿の惑星 征服』の感想

●FILMAGA 
前作から20年後の舞台ですが、これは設定に無理がありすぎとかツッコむ以前にいろいろと盛り付けし過ぎて通常の物差しで考えるべきラインを超えている。もうオリジナルと比べてうんぬんと語るべきでもないだろう。オリジナル1作とは逆の世界でリブート1作目の元ネタが見えるあたり、そちらとの比較の方が楽しいかもしれない。これが人類と猿の全面戦争の始まりなのかという不穏感を煽る内容といい、不気味なテイストが個人的には好み。
●DAILYMOTION  
シリーズの中では1番暴力的で過激。2作目の世界観の裏返しのように見えるような反転構造は狙っているのだろう。近未来のディストピアを舞台に奴隷化されている類人猿が武器をとる様を描くという続編のネタとしては妥当な線だと思う。黒人奴隷のオマージュで、猿に理解を示していくという流れだったのか。シーザーが他のチンパンジーに一本のバナナをちぎって分け与えるシーンが最も印象に残っている。さりげない共存を示す場面だった。
●VUDU  
前作の新から約20年後の1990年代が舞台。リブートのシーザーとは違う別のシーザーが主人公で、この作品が事実上の元ネタ。シリーズ5作の中では最も主人公の感情の起伏が大きく、見応えのある脚本でドラマ性がグッと増したし、なによりも猿に感情移入させるつくりは画期的。公民権運動を下敷きにシーザーの言葉の通り革命を起こすという解釈もとれるし、実際のアメリカ歴史を知っておくと、より興味深い内容に感じるだろう。