トリガール!(実写映画)

空飛ぶ青春エンターテインメント

映画『トリガール!』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告を表示するサイトは紹介していません。
今すぐ『トリガール!』を見るなら動画リンクをチェック。

鳥人間コンテストに挑む若者たちの青春をつづった中村航の同名小説を、土屋太鳳主演で実写映画化。プロデューサーは大畑利久、薮下維也、吉川真理、亀井利之。女子大生の鳥山ゆきなは、一目ぼれした先輩・高橋圭に誘われて人力飛行サークルに入部する。実際の活動云々よりも完全に下心が前に出ていないのは否めない。圭先輩との幸せなキャンパスライフに期待を膨らませるゆきなの前に現われたのは、サークル史上最高のパワーを持つ先輩・坂場大志だった。そのあまりにも圧倒的なエネルギーにすっかり最初の妄想は砕け散る。ヤンキー被れの坂場先輩を一瞬で大嫌いになるゆきなだったが、パイロット班は圭先輩、坂場先輩とゆきなのたった3人だけ。もう今さら逃げるわけにもいかない。憧れの圭先輩と空を飛びたいというゆきなの夢は、早くも風に消えるが…。

原題:トリガール! / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年9月1日 / 98分 / 制作: / 配給:ショウゲート

映画『トリガール!』予告編

(C)2017「トリガール!」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『トリガール!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

気分爽快で映画を観よう!
何かに夢中になって目標に向かって青春を突き進む映画は思わず応援したくなる魅力があります。そんな作品をたっぷり観たいときは動画配信サービスを使ってお得に観ることができます。テレビが家にないという人も大丈夫です。AndroidやiPhoneなどのスマホでも鑑賞することができます。さらにダウンロード機能によって、事前に端末にデータを入れておけば、通信制限にひっかかることなく、自由に安心して見れるのも嬉しいです。

「無料」で感謝!
その通常の利点に加えて、無料お試しサービスという形式で動画視聴を含む機能を試せる、初利用者の救援サポートも用意済みです。利用料金を支払うことになるのが基本的な当たり前ですが、無料試用登録では一定期間が終了した後に、おカネの請求が発生するので、その間に利用を続けるか検討できます。「映画はフルでないと話にならないのだけど」そんな要望にも難なくお答え。お試しだからと何かの視聴制限がかけられることはないので、本来のフルクオリティで欠落もなく、映画全編を完璧に楽しめます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な怖さを提示してくれないとわからない? だったら恐ろしい話をしましょう。ネット上の体験談ではこんなとおり。パソコンが壊れた。メールアドレスが乗っ取られた。クレジットカードが不正使用された。結局は警察も相手してくれません。どう考えても問題点だらけの世界から立ち去りたいでしょう。公式保証のサービスでベスト体験をすべきです。

迷ったときは?
今では新作配信もVODであればさほど待機することもないです。むしろDVDより先行することもあります。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「トリガール!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこの作品ページが絶大な効果を発揮。一日は24時間しかないですが、貴重な時間を無駄にはさせません。配信サービスをアイコン画像でわかりやすく整理して紹介しています。他の類似サイトと違って、フルムビバースでは情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。「こんな名前のVODは全然知らなかった」もしそんな出会いができれば、無料動画への道筋が目の前に開けてくるので、天の恵みみたいなものです。

登録情報は最小限
記念すべきビギニング・デーとなる日にすべき登録作業。この段階で入力することになるのは、名前、生年月日、メールアドレス、パスワード、他には電話番号も要る場合も。そんなに情報を提供して大丈夫かなと思っているなら、ご安心ください。迷惑メール&迷惑電話はありませんし、アカウントは簡単に削除ができます。忘れそうになりますが、支払い情報も欠かせません。最初に入力してもお試しが適用される人なら請求はすぐにはされないので、過度に不安がらなくてOKです。あとは「トリガール!」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

原作もついでに見よう
日本でも海外でも小説や漫画の映画化は完全にスタンダードとなり、あらゆる有名作から名作まであちこちで映像化が進んでいます。となると原作を見てみたくなるのも頷けます。VODの中にはオールマーケットなコンテンツサービスを自称し、電子媒体で原作も同一機能として提供しているものもあります。これならばわざわざ購入のために本屋などに行かなくても済むのです。もちろん「私は応援の気持ちも込めてちゃんとカタチとして買っておきたい!」という意見も尊重しますので、上手く使い分けてください。

悪いサイトを追い出すために
ブートレグと呼ばれる法律上の権利を無視してイレギュラーな形で諸権利を有しない者により権利者に無断で流通している動画。それを集約している、いわばブラックマーケットのような動画サイトはなかなか消滅せずに取り締まりを逃れています。通報しても対応が進まないのがネックです。フィルタリングすらもドメインの変更で安易に回避してきます。そんなときVODの存在は不正利用者に正しい動画視聴をアピールし、こちらに誘導するための欠かせない存在になってきます。即応安価な「トリガール!」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「トリガール!」は? 混乱しやすいのはあくまでサービス利用料が初回の特定期間に限定して無料になるという点。つまり、映画動画自体の無料は副次的なもので、どれくらいのコンテンツが無料になるのかはサービスによって状況がガラリと変わってきます。見放題系ならば話は簡単。全部無料です。単品視聴型は登録時にもらえるポイントでの購入になるので、その初回ポイント分に限って実質的なタダと同じ感覚で見られます。この場合はオーバー防止のやりくりが必要になるのです。

『トリガール!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トリガール!』をさらに知る

★スタッフ
監督:英勉(関連作品:『ヒロイン失格』)
脚本:高橋泉
撮影:小松高志
音楽:遠藤浩二

★キャスト
土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、前原滉、佐生雪、ナダル

★『トリガール!』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.73.683.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『トリガール!』の感想

●無料ホームシアター 
冒頭から理系大学あるあるが全開で、理系大学出身者としてニヤニヤが止まらない。鳥人間コンテスト優勝目指して頑張る青春ドラマではなく、ゆきなと坂場の言い合いを楽しむコメディ。見た後に何かが残る訳ではないが、娯楽作として誰にでも勧められる。琵琶湖でのコンテストシーンのVFXは壮観で、気持ち良い。仲間同士で、同じ目標に向かって、協力しあうのって素晴らしいですね。そんな友情や青春が全て詰まった一作を見たいのであればこれです。
●シネマトゥデイ 
飛ぶ話一本に振りきった展開が潔く、100分を切る時間設定もあってスピード感溢れる了解でした! オープニングのチャリシーンからこちらの高揚を煽るBGMが最高でした!開始1分くらいでもう笑いが止まらないくらい面白くて、トリガールの世界観に引き込まれました! 脇役の人も主役の人も一人一人個性が出ていて、全体的にまとまりのある映画でした。恋愛に発展するのかなぁと思いながら観ていましたが、嫌味が無く、本当に青春映画、友情映画そのもの。
●BILIBILI
観おわった後に残るのは、何かに打ち込む素晴らしさと自分と仲間を信じる素晴らしさ…でした! 土屋大鳳という女優のポテンシャルを最大に活かせるのはこれしかないという最高のマッチングでした。飛べるか飛べないかということよりも、ひたすらがむしゃらに頑張るその姿がぴったり。テンポも入りやすいので、誰でも楽しめる王道さがありますし、これぞ青春ムービーですね。感動が残るというよりかは、笑わせてくれるので、気楽に見るのが一番いい。
●MOVIX
土屋太鳳と間宮祥太朗がずっと大声で漫才をやっているので、役者の人って大変だなと思います。人力飛行機はCGだけどまったく違和感なしで頑張っている。着水シーンをやるお金がなかったらしく、一番切ない着水シーンが誰かの顔に切り替わっちゃったという残念ポイントは、邦画界の資金の残酷さを見せつけるものでした。邦画は飛べないんですね。そのぶんを漫才劇に全力投球したのは正直いって今できる限界の飛行距離だったのでしょう。