日本沈没(2006)

日本が終わる。その時、私たちは何をするか

映画『日本沈没』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告を表示するサイトは紹介していません。
今すぐ『日本沈没』を見るなら動画リンクをチェック。

1973年にもオールスターキャストで映画化された小松左京によるSF小説を樋口真嗣監督がリメイクした、日本の総力を結集した一大スペクタクル・パニック・ムービー。日本海溝直下の大規模な地殻変動により日本列島の大部分が海中に沈むという恐ろしい予測が発表され、混乱する暇もなく、その発表を前後してマグニチュード8クラスの大地震が連続発生する。日本国民は未曽有の危機に震撼し、対応を迫られることになるが…。

原題:日本沈没 / 製作:日本(2006年) / 日本公開:2006年7月15日 / 135分 / 制作: / 配給:東宝


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『日本沈没』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

イージーな初心者向けだから安心
かつてその年を代表する大作は公開されたときは盛り上がりますが、時が過ぎてからはなかなか出会える機会が少ないものです。そんなときに最近になってますます存在感が増している動画配信サービスを利用してみると、普段は出会えない映画にも遭遇できるかもしれません。このサービスは各社が展開していますが、基本的な仕組みは同じ。見放題という扱いで月額や年額の料金を払えば対象作品を好きなだけ見られるタイプから、ページ・ピュー的に作品ごとにコンテンツ課金をしていくタイプまで。どちらも合わさったものがあります。気軽に試すことができるでしょう。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。ビデオオンデマンドと呼ばれるサービスの多くで採用されている初回限定の無料施策。とりあえず言えることはユーザーにとってまたとない大きなお手軽チャンスだということです。「あっけなくサービス終了とかないのかな?」と不安になりますが、実際のところVODが急に使えなくなるような事態はほとんど起こっておらず、運営母体が安定しているものばかりですので、お気にせずに。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「日本沈没」の再生はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。詳細な被害例は個人情報にあたるので迂闊には言えないですが、世間ではマズいサイトの使用で大損した人は無数にいます。

これに決めた!
「DVDをお安くレンタルすることを考えていた自分がバカみたい」そうです。VODを利用することこそが本当の賢い家計術です。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「日本沈没」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの動画リンク下部にアイコン表示があるならばそれこそ配信アクセス可能なお知らせです。数が多ければ多いほど選択肢は増えます。気分でも選んでいいですし、できれば動画の有無だけでない要素も検討材料に。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。なお、どんなに配信状態を正確にリアルタイムで反映していたとしても、今日の中身は今日、自分でラスト確認するのを推奨します。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「日本沈没」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

登録情報は最小限
最初は何事も不安がつきもので、何からすればいいのやらと悶々と悩むかもしれません。手始めに登録が必須です。何でもいいので使用可能なメールアドレス(フリーメールでも携帯メールでも可)、電話番号(二段階認証でセキュリティアップ)、支払い情報(クレジットカードが基本)。これが基礎で、逆にこれ以上はありません。登録は速やかに終わり、登録内容の確認はないです。本人証明のような手続きもないので、そのままお試し無料利用に移行して動画生活が始まります。あとは「日本沈没」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

高画質で見られる?
今のインターネット動画のクオリティを知っている人ならともなく知らないのならば驚きます。すでにDVDを通り越してスマホですらも4K標準になりつつあり、シネマモードを搭載して映画鑑賞に最適化された視聴をサポートするものまで出現。ネット動画=低品質という認識は古いのです。「それだと重いから通信制限がなぁ」という不満があるなら、事前にWiFi環境でダウンロードして動画をローカル内で観れる機能もあったりします。これで通信制限に引っかかることはないので怖くはないです。「日本沈没」の動画を楽しみましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「日本沈没」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『日本沈没』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『日本沈没』をさらに知る

★スタッフ
監督:樋口真嗣
脚本:加藤正人
撮影:河津太郎
音楽:岩代太郎

★キャスト
草なぎ剛、柴咲コウ、及川光博、國村隼、石坂浩二、豊川悦司、手塚とおる、國村隼、大地真央、北村和夫、矢島健一、大口広司

★『日本沈没』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.42.592.7
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『日本沈没』の感想

●無料ホームシアター 
邦画ではなかなか良くできた作品であると思う。理論は別として科学的要素も多く、少なくとも30年前の子供たちにとっては興味をそそる作品である。DVDのサブトラック音声解説で解ったのですが、この作品は前作の「日本沈没」のアンチテーゼでもあるみたいです。なのでかなりいろいろな視点から語りがいがある作品であり、一度見た程度で評価を確定させるのは違うだろう。多角的な分析をされている人の意見は参考になるので確認してみると良い。
●映画無料夢心地 
おそらくあの震災を経験した今の日本ではこのような映画を単純に楽しむことはできない。さすがのお気楽日本人も災害的パニックをベタなドラマにしてしまうことには抵抗がある。不謹慎だし、無謀だし、非現実的だ。だからこの映画は公開当時の状況を忖度しながら、ディザスターパニック・エンターテインメントとして開き直って見るしかないでしょう。少なくともたぶん今作は一生涯、永久的にお蔵入り的な扱いで終わるのではないでしょうか。
●DAILYMOTION
どう見てもいろいろ言いたくなる出来ではあります。手に汗を握るはずのラストシーン、一回しかないチャンスを奇跡的にものにしてしまうハイパーご都合展開、やっぱりやってしまったかという唐突なラブシーン…これはもうお約束として受け止めようという広い心が必要です。日本にもこんな気楽でいられた時代があったんだという忖度です。そして、今の時代との差を噛みしめる。これはこれで日本が成長したということなんじゃないだろうか。
●MOVIX
ジャニーズ主演の大スペクタル・ビック・タイトル。今であれば絶対に特大ヒット確実なインパクトを約束ているはず…だった。しかし、どうだろうか。今の観客の目にはこの映画はどう映るだろうか。この作品がほとんど露出なく、今ではレアな扱いになってしまったのも、さまざまな要因の圧力を感じてしまうのも無理ない話だ。日本は沈没しなかったが、この映画は沈没してしまった。再び復興して浮上することはないだろうと思ってしまう。