猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

「猿の惑星」リブート・シリーズ第3作

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のフル動画を無料視聴する方法を続編込みのシリーズ網羅でレコメンドしています! 不正広告を表示するサイトは紹介していません。
今すぐ『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:War for the Planet of the Apes / アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年10月13日 / 140分 / 制作:Chernin Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:4億9000万ドル / 前作:『猿の惑星:新世紀(ライジング)

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告A
Go Behind the Scenes of War for the Planet of the Apes (2017)

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

動画
▼『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 多機能視聴

VOD2 Huluで動画を見る 字幕or吹替

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

イージーな初心者向けだから安心
圧倒的な映像表現で観客の度肝を抜くような凄まじいビジュアルが魅力の作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用するのがオススメ。画質が心配という人もいますが、ネット配信はそんな問題はもはやありません。DVDと遜色のないハイクオリティな映像を大画面でも鑑賞できるので、これ以上の悩みはないですし、DVDはいらないくらいの利便性がプラスであります。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「退会は決められた時期にしかできないの?」「やめるには何かの手続きが必要になってしまうのかな?」という問いについて、問題ないですと回答できます。あなたを縛り上げる制約はありません。好きな時期時間にすぐさま利用ストップできるので万全。マット・リーヴス監督の「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」もアリ。

信頼できないからこそコワイ!
不正な動画ウェブサイトは重大な問題を山積みにしている適法性・実用性の二点で非推奨。アンディ・サーキス出演の「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」もダメです。そういう動画サイトの中には「バツ」印をクリックして広告を消さないといけないものがありますが、それは巧妙に仕組まれている嫌な罠です。そうやってユーザーの行動を誘い、別の不正ウェブサイトに誘導したり、悪質プログラムを動作させたりします。動画視聴欲が仇になるのです。どう考えても問題点だらけの世界から立ち去りたいでしょう。公式保証のサービスでベスト体験をすべきです。

あなたの選択は自由!
たいていはディスク販売よりも1か月程度早く始まるデジタル媒体での各配信の開幕。こうなればVODにも期待大です。気を抜くのはストップ。「登録して覗いてみたら自分の求めている動画作品はどこにもない!」という苦情は主に確認不十分のミスです。チェックを怠るとこうなります。ジュディ・グリア出演の「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。絶対の配信を確約するものではないですが(今日にも変化したりするので必ずリアルタイムというわけにはいきません)、事前にサイト内で確認しておけば失敗を軽減できるので大丈夫です。

字幕・吹替、選択は自由
外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。ここで大きな分かれ道をどこに進むのかを考えないといけません。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の面白さの発見につながるかもしれません。

パスワードは大事
バリエーションが売りとなるVODはとても魅力的。利用者も老若男女さまざまで、そのユーザー数も桁外れ。でも「何からすればいいの?」とオロオロしている人はいるでしょう。そういう状態になるのも無理はないと思います。まずはアカウント作成が必要です。メールアドレスさえあれば簡単にできます。気をつけたいのはパスワード。安易に他サービスでも使ったパスを流用しないでください。リスト攻撃という種類の不正アタックで、大事なアカウントが乗っ取りの被害に遭う危険性があります。安全なウッディ・ハレルソン出演の「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」動画体験をするには大事な基礎徹底必須ルールです。

ホーム鑑賞のご提案
どこでアミア・ミラー出演の「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を見るか。それは重大なこと。いろいろなトラブルが起きます。健康に問題があって動きづらい高齢者、育児がかなり大変で時間がとれない親、仕事が忙しくてスケジュールに調整ができない人も。これらの要望にサクッと応えるのが動画配信サービス。もうレンタルショップもシアターもそこまで必須ではありません。もちろんそれが無用になるわけではないですが、選択肢があるのが映画業界にも保険になります。動画はいつでも好きなように再生して、暇つぶしから映画の熱烈なファンに進化していくのもいいです。

その動画サイトは使える?
スティーヴ・ザーン出演の圧倒的なSF世界観でマニアを唸らせた「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を無料鑑賞or動画ウォッチする場合の方法は探すのは勝手ですが、探しまわる際は足元には注意です。安全じゃないところでは怪我のもと。「dailymotion」なんてそもそも映画向きではないですし、「Miomio」など中国系サイトは管理がいき届いてないですし、「openload」「mixdrop」のような共有ファイルツールは完全に悪人のお決まりの武器になっています。これは一部。実際はこの数百倍はあると考えてください。不正サイト関連は無限大に増殖するウイルスのようなものなのです。こまめな手洗いでは防げません。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月8日時点での『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』をさらに知る

マット・リーヴス監督による、「猿の惑星」シリーズをリブートした『猿の惑星:新世紀』の続編で、猿のシーザーの激動の人生の最終章が描かれるSFドラマ。『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』の製作はピーター・チャーニン、ディラン・クラーク、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー。復讐心に囚われた猿のコバの反乱によって、猿と人間の戦争が引き起こされてから二年。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーは葛藤していた。このまま憎しみの連鎖のように戦いが続いていくだけでは何も得られず、結局は共倒れではないか。また、シーザーに粛清されたコバのかつての部下で、シーザーへの復讐に燃える赤毛のゴリラ・レッドを筆頭に、猿達の中でも人間側へと寝返る裏切り者も出始め、猿と人間の争いはもはや収拾がつかないほどに混迷を極めつつあった。そして、シーザーは旅立つことにする。愛する者を救うために。ついにこの星の運命を決定づける巨大な戦いが始まる。

★『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』のスタッフ


監督:マット・リーヴス(関連作品:『モールス』)
脚本:マーク・ボンバック、マット・リーヴス
撮影:マイケル・セレシン
音楽:マイケル・ジアッキーノ

★『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』のキャスト(キャラクター)


アンディ・サーキス(シーザー)、ジュディ・グリア(コーネリア)、ウッディ・ハレルソン(大佐)、アミア・ミラー(ノヴァ)、スティーヴ・ザーン(バッド・エイプ)、カリン・コノヴァル(モーリス)、テリー・ノタリー(ロケット)、タイ・オルソン(レッド・ドンキー)、マイケル・アダムスウェイト(ルカ)、トビー・ケベル(コバ)、サラ・カニング(レイク)、マックス・ロイド=ジョーンズ(ブルーアイズ)、デヴィン・ダルトン(コーネリアス)、アレクス・ポーノヴィッチ(ウインター)、ガブリエル・チャバリア(プリーチャー)

★『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』の評価

IMDbRTMETA
7.593%82
映画comY!FM
3.53.633.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』の感想

●『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』映画無料夢心地
過去作を見てきた人ならばシーザーの辿ってきた歴史を思い返し、その雄姿と成長に、どうしたって涙してしまう。はっきり言ってこの映画は過去作さえ見れば感動が2倍にも3倍にも倍増するので何としても過去2作を見ておくべきです。例えば、シーザーの人間の言葉の話し方が流暢になっている姿、最後に大佐を見つめる目とその葛藤、これらは過去作を理解していないとわからないでしょう。家族を何度も失っているシーザーが最期の瞬間に見たもの、それはやっぱり「家族」なのです。もうこれは…落涙しますよ。シーザー、ありがとう…。
●『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』シネマトゥデイ 
まずこれは誰が見てもわかる凄さですが、映像技術が凄まじいです。今はCGで驚く人はほとんどいないですが、この映画は大げさな表現抜きで本当に圧倒的なクオリティでした。ただのリアルではない、役者としての演技力さえ感じるレベルの表現力。フェイシャルをトレースした表情も圧巻だし、光源や環境で変化する毛並みも尋常じゃない。CGがあるからといって役者が廃業になるわけではない、むしろ役者の新たな活躍の場が開かれた、ものすごい未来を感じさせます。これから映画界の最先端はどうなっていくのでしょうか。震えるほどワクワクします。