インフィニット / Sleight

サンダンス映画祭で絶賛!予測不能の特殊能力

映画『インフィニット』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告を表示するサイトは紹介していません。
今すぐ『インフィニット』を見るなら動画リンクをチェック。

異色にして衝撃のストーリーがサンダンス映画祭で絶賛された、ジェイコブ・ラティモア主演のSFアクション。製作総指揮はマイケル・J・ルイジ、ジェイソン・ブラム、キース・フォウラー、ブレント・アイエロ=オートナー、ジェレミー・アイエロ=オートナー。本物の超能力を持つ若きストリートマジシャンのボーは、母親が死んでから、麻薬取引に関わりつつ、ひとりで妹の面倒をみていた。ある日、麻薬の元締めといざこざを起こし、妹が誘拐されてしまう。どうにかして妹を取り戻したい彼は、自らが持つある能力を開放し、麻薬組織のリーダーの家に乗り込む。はたして、ボーは妹を救えるのか…。

原題:Sleight / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年11月(DVDスルー) / 89分 / 制作:Diablo Entertainment / 配給:

SLEIGHT – OFFICIAL TRAILER (2017)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『インフィニット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

イージーな初心者向けだから安心
有名作ばかりでなく、あまり知られていない隠れた映画を探して見るのも楽しいものです。そんなときにぜひともオススメなのが動画配信サービス。すでに知っている人も多いと思いますが、ネット配信の作品を一度にたくさん扱っているものです。もちろん作品の種類はバラエティに富んでおり、普通のレンタル店よりも多いくらいです。しかも、他にはないメリットとして、無料お試し期間が設定されています。つまり、その期間内であれば、機能を自由に試しつつ、お得にタダ鑑賞もできるわけです。ひとつ厄介なことがあるとすれば、たくさん存在する動画配信サービスの中で、自分の見たい作品を扱っているVODがどれなのかわからないという問題。そこでこのページでは配信しているVODを整理して、一覧にしており、判断をするための手助けになります。具体的には表示されているVODで作品を視聴することができます。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。ビデオオンデマンドと呼ばれるサービスの多くで採用されている初回限定の無料施策。とりあえず言えることはユーザーにとってまたとない大きなお手軽チャンスだということです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「インフィニット」の鑑賞はダメです。最近は厄介さが増しています。有害サイトにアクセスすればうんざりです。誰でも広告が大量に表示されると幻滅ですが、それで終わりません。さらなる深刻な悪質性ばかりで本当にイライラします。これでは不快な気持ちが蓄積されるだけです。どう考えても問題点だらけの世界から立ち去りたいでしょう。公式保証のサービスでベスト体験をすべきです。

あなたの選択は自由!
たいていはディスク販売よりも1か月程度早く始まるデジタル媒体での各配信の開幕。こうなればVODにも期待大です。注意すべき大きな特徴は配信の状態であり、これは1年ごとに変わるのではなく、週単位、下手をすれば1日単位でチェンジしてしまうということであり、目が追い付きません。「インフィニット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこの作品ページが絶大な効果を発揮。一日は24時間しかないですが、貴重な時間を無駄にはさせません。配信サービスをアイコン画像でわかりやすく整理して紹介しています。大事なのは情報の高鮮度な質であり、定期的に刷新することが求められますが、フルムビバースはそのあたりも抜かりなしです。このサイトはCookieの使用を前提にしているのでシークレットモードなどのブラウザでは機能しないこともあります。気をつけてください。

フェアにオススメします
VODはビデオオンデマンドですが、フルムビバースはビデオオンユニバース。各社サービスを勝手に優劣つけることなく、フェアにレコメンドするのが役目です。他サイトにありがちな、特定サービスをピックアップしてそれだけを推奨することはしません。何が合っているかは人それぞれ。営利的な狙いで決めつけはしません。どれがいいのかを判断する支援に徹しています。普通の味気ない「インフィニット」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

広告ブロックに気をつけて
広告は邪魔だからブロックツールで表示を防止すればいいんだ!と考えて、実際に導入している人もいるかもしれません。ただし、意外な落とし穴があります。そういうツールを有効化した状態では、上手く正常に機能しないサイトもあるのです。それどころか「ポップアップ・ブロック」に関するバグでリンクが全然クリックできなくなる事例も。これはブラウザのアップデート時に起こりがちで、そういう場合の解決策はツール利用の中断のみです。「インフィニット」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。定番どころだと子どもでも知っているあのサイトやこのサイトをすぐに思い浮かべることができるでしょう。ただ、これらの動画サイトは非常に身近なわりには頭の痛い問題を多数抱えています。例えば、無限大の量産されている動画の質の低さは言わずもがな、コンテンツの中にはダミーのような騙し動画もいまだにあります。さらには違法性の高いものと、欠点が山積です。VODはそれらの心配が一切ない、「インフィニット」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

ホームシアターのススメ
スマホで映画を観ている人は信じられないかもしれません。それは何か? ホームシアターの世界です。名前は聞いたことはあっても無料ばかりを先行させているととてもじゃ手が伸びない代物。でもそのハイクオリティは個人の自宅映画館と呼ぶべきスケールで、動画鑑賞の次元が大きく激変するのです。「インフィニット」も最高級に。こうなってくるといかにしてそのリッチシアターを組み上げるか。無料ホームシアターとはいきませんし、コストは低いわけでもありません。でも価値はあります。大型家電店に行って実際の機器を見てイメージを膨らますのもいいでしょう。

『インフィニット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『インフィニット』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジャスティン・ディラード

★キャスト
ジェイコブ・ラティモア、セイチェル・ガブリエル、デュレ・ヒル、キャメロン・エスポジート

★『インフィニット』の評価

IMDbRTMETA
5.974%62
映画comY!FM
?????2.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『インフィニット』の感想

●FILMAGA
この作品は、両親を亡くした主人公のボーさんが、妹を養うため、もっといい学校に転校させたい為、昼は、道端でマジックをし、夜は、ドラッグのディラーをして日々を過ごしています。ストーリーは、変わったサイキックもので、麻薬組織の残忍な場面も出てきますが、いたって、坦々と進んでいきますが、ボーさんが、組織の金をチョロまかしたところから人生の歯車が、くるくると狂ってきます。小粒なアクションムービーとしてはこんなものかな。
●シネマトゥデイ 
全編、主人公のボーさんを演じているジェイコブ・ラティモアさんの優しそうな表情や彼の妹との関わりやガールフレンドのホリーさんへの優しい言葉かけに感動をしてしまいました。ラストは続編があるのかな? 個性の強さではピカイチな作品だったし、おそらくハマる人はハマるタイプの一作です。問題があるとすれば、知名度の極端な低さと、作風のインパクトが一般受けはしないので、世間の評価が低くなってしまうことでしょうか。
●BILIBILI
かなり独自色が鮮烈な作品。ドラッグディーラーとマジシャンという二つの要素組み合わせて話進めるあたりもなかなか個性的。パワーが炸裂するアクションシーンは相当よかったと思うんですが、作品のほとんどがストレスフルなギャングとのやりとりだったりして、結構人を選ぶ作品になるかもしれない。変わった映画を観たいなら、この作品はぴったりです。とにかく強烈な他にないオリジナリティを欲しているのならば、手を出すことに問題なしです。
●イオンシネマ
ポテンシャルの高さだけで言えば、100点。わかりやすは50点。映画的な映像のパワーは60点。強烈なアイデンティティの高みを見るのであれば200点。そんな案配です。批評家の評価が高めなことからもわかるように、これは映画ファンほど観るべき一作であり、普段そこまで映画愛はないという人は「なんだこれ」な状態になります。そこらへんもじゅうぶん把握しておけば、がっかり感は薄れるはずです。実験的な映画だと思って鑑賞しましょう。