アトミック・ブロンド

シャーリーズ・セロンが女スパイに!

映画『アトミック・ブロンド』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告表示サイトはお断りしています。
今すぐ『アトミック・ブロンド』を見るなら動画リンクをチェック。

アンソニー・ジョンストンとサム・ハートが2012年に発表したグラフィックノベル「The Coldest City」を原作とし、シャーリーズ・セロンが大胆不敵な女スパイを演じるサスペンス・アクション。製作総指揮にはニック・メイヤー、マーク・シャバーグ、ジョー・ノーゼマック、スティーブン・V・スカベリなどが名を連ねる。冷戦下のドイツ。ベルリンの壁崩壊が迫った1989年の秋。イギリス人の女スパイ、ロレイン・ブレートンはある任務の為にベルリンを訪れていた。彼女の実力派折り紙付きで、たとえ男でも圧倒できる。そんな時、ロレインとかつて関係のあった工作員が謎の死をとげる事件が発生。その裏には何かあることは明白だった。彼女は真相を探るべく現地支局の工作員、デヴィッド・パーシヴァルと手を組んで調査を始める。調査を始めた二人は、事件の背後に西ドイツ側に対する陰謀、そしてその陰謀に絡んだ二重スパイの存在を知る。事件の全容が少しずつだが見えてくる。ターゲットとなる二重スパイのリストを手に入れるため、デヴィッドとロレインは危険なスパイ同士の戦いに身を投じて、全てを武器に勝負を有利に進めようとする。卓越した体術と戦闘スキルで目の前に現れる敵を次々と倒していくロレインだったが…。

原題:Atomic Blonde(「アトミックブロンド」) / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年10月20日 / 115分 / 制作:Denver and Delilah Productions / 配給:KADOKAWA

映画「アトミック・ブロンド」日本版予告
Go Behind the Scenes of Atomic Blonde (2017)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アトミック・ブロンド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

手に汗握る動画でいっぱい!
アクション映画を幼稚なものだと思っていませんか? 作品の中には非常に丁寧に作りこまれた世界観と計算し尽くされたアクションで観客を夢中にさせるものもあります。そんなハイクオリティの作品を観たいときは、動画配信サービスがオススメです。様々な便利な機能がありますが、とくに有用なのが、ダウンロード機能。事前にスマホにダウンロードしておけば、WiFi環境のない場所でも通信量を気にすることなく、安心して視聴できます。

「無料」で感謝!
ありがたさはここからが本領発揮。初心者を救いだす理想の導きのような無料サービスお試しが完備しているものが多数です。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録自体の難しさに不安が残る…」そんな心配も払しょくできます。やってみればすぐにわかりますが、肝心の登録内容は実にシンプルで、子どもでも入力できるような基礎ばかりです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「アトミック・ブロンド」の鑑賞はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

迷ったときは?
新作の配信は大々的に宣伝されながらアピールされているので、使っていれば気づくのは難しくないでしょう。サブスクリプション・ビデオオンデマンドの難点は関連メーカーの多さです。配信映画数も膨大であり、簡単に一発でモニターできるような総合比較サイトが求められてきました。「アトミック・ブロンド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。薄ぼんやりと考えていても一向にらちが明かないので、このページでサクッと解決しましょう。配信中の可能性高めなVODをアイコンでリスト化。情報はこちらで公式から目視確認したものを材料にしています。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、見る価値はあります。体験をできる機会はいつあるかもわかりませんので、何も確かな断言はできないのですが、観たいと思ったときが観る方が良いでしょう。

字幕・吹替、選択は自由
海外の外国語映画ならば選択しないといけないのは「字幕」か「吹き替え」か。この二択は日本特有のジレンマを発生させます。なぜなら日本語は言葉の量が長いこともあって、どうしても翻訳上の範囲におさめるためには省略が増えてしまうのです。ピュアな気持ちとしては原語重視で楽しめると良いのですが、そんな語学力はない。となるとやっぱり翻訳してもらうしかない。どちらがいいのかという問題になります。元も子もない言い方をすれば、比べるのが最良。「アトミック・ブロンド」の面白さの発見につながるかもしれません。

お試し無料はいつまで?
魅惑なフレーズである「無料お試し期間」ですがそこにはひとつだけ飛び越えるべき大きな穴があります。それはその期間の長さ。これがまた各サービスで違ってくるために複雑。2週間、30日、31日、1か月、登録から月末までという場合も。登録前に必ずあなたのスケジュールを確認しましょう。もし忙しくて時間をとれないほどなら「シャーリーズ・セロン」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

フェアにオススメします
他の配信動画紹介サイトでよく見られる光景は、サービスをズラリと掲載しつつも、結局はひとつのサービスだけに固執して推薦してくるパターンです。それは個別のレコメンドにまで配慮が行き届いていません。フルムビバースの場合は、視聴可能なVODを情報に基づいて示して、該当動画リンクへと促すだけ。フェアであることを最優先にしているので、公正さについてはどこよりも自信があります。単純に「アトミック・ブロンド」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「アトミック・ブロンド」もリピート視聴でウォッチしたいと思いませんか? 映画なんて1回見ればじゅうぶんという人は聞き流して結構ですけど、演技やセリフの印象が1度目とはガラッと変わりますし、シーンの味わいも別格です。伏線にだって気づくでしょう。でも映画館で複数回同じ作品を観るのはさすがにちょっとマニアすぎると思っている人も大勢のはず。確かにそのとおりで、ハードルは高め。だったら最高クラスに気軽なVODを駆使すればイージーに連続鑑賞も実現できます。

『アトミック・ブロンド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アトミック・ブロンド』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・リーチ(関連作品:『ジョン・ウィック』)
脚本:カート・ジョンスタッド
撮影:ジョナサン・セラ
音楽:タイラー・ベイツ

★キャスト
シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカボイ、ソフィア・ブテラ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ、ビル・スカルスガルド、サム・ハーグレイブ、ジェームズ・フォークナー

★『アトミック・ブロンド』の評価

IMDbRTMETA
6.874%63
映画comY!FM
3.53.673.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アトミック・ブロンド』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●映画無料夢心地 
シャーリーズ・セロンの筋肉美には、始まった瞬間から惚れ惚れしました。とにかく何しても美しい。もうこのアクションは芸術級ですよ。女性で力が男性より弱いので結構ダメージ食らったりする。血だらけあざだらけになりながらも続ける主人公は今までにないリアル。漫画的な無敵ではないからこそ、現実社会で必死に生き抜く女性の投影としても機能しているのは見事。シャーリーズ・セロンの過去が過酷だっただけに余計に突き刺さるものがあります。
●シネマトゥデイ 
冒頭「blue Monday」がかかってテンションが爆上がりした。舞台は1980年代、冷戦末期の荒廃したベルリン。映像には青みがかったフィルターがかけられていて、冷戦末期の冷ややかで荒れたベルリンの質感が上手に出ていた。お話も結構硬派なスパイもので、昨今のエンタメ化したマイルドなものとは全然違う。80年代のカルチャーを感じる要素といい、完全に玄人向けの超大人な映画に仕上がっている。まさにわかるひとにはドはまりする作品である。