クロニクル(2012)

これは手にしてはいけない能力を手にした若者たちの記録

映画『クロニクル』のフル動画を無料視聴する方法をエンカウントさせてレコメンドしています! 不正広告表示サイトはお断りしています。
今すぐ『クロニクル』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Chronicle / アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年9月27日 / 84分 / 制作:Davis Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1200万ドル / 興行収入:

映画「クロニクル」予告編

(C)2011 Twentieth Century Fox


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】一時停止可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『クロニクル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フレッシュな体感にドキドキ!
特殊な映像表現で観客をあっと言わせるような作品は思わず見入ってしまう魅力があります。そんなビジュアルが大切な作品をたっぷり見たいなら動画配信サービスがオススメです。映像の質が大事な作品でもこのサービスなら大丈夫。画質を心配するかもしれませんが、HDクオリティ以上のじゅうぶんな動画再生環境が用意されています。加えて、テレビでも見れるので大画面で観たいという人の需要にも答えることができ、非常に便利なサービスです。

「無料」で感謝!
その通常の利点に加えて、無料お試しサービスという形式で動画視聴を含む機能を試せる、初利用者の救援サポートも用意済みです。わかりやすく言ってしまえば、初回登録をスタートにして一定期間を所定の月額料金なしで楽しめるもので、その間であれば無料動画気分で映画をいくつか堪能できてしまいます。「何かの理由で莫大な料金が請求されたりしない?」「それはちゃんと説明されたとおりの支払いになっていくのかな?」それは絶対にありません。そもそも料金は決まっており、何かの延滞金や解約料が生じることはないので、支払いにあたふたすることはないでしょう。ジョシュ・トランク監督の「クロニクル」もアリ。

ダメサイトに近づくな!
なお、巷に溢れる恐ろしいだけの危険イリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでデイン・デハーン出演の「クロニクル」の鑑賞はダメです。災厄とは言い過ぎですがとんでもない目に遭うのは明確な真実です。迷っている暇はありません。それはかなり喫緊の課題になってきます。なにせその有害性はあなたの動画ライフスタイル一帯に拡散し、運が悪いどころではなくなります。ただ広告がうざい程度の問題ではないので気を付けましょう。無料に釣られて変なサイトの術中にハマらないように、必ず公式の提供する安心さを享受して映画人生を彩りましょう。

あなたの選択は自由!
すでにネット上でのデジタル動画配信が盛んに始まっている場合は、もしかしたらとVODを覗いてみる価値はあるでしょう。ところが全力ダッシュすると障害に激突することに。無数のVODの中から自分が要求する作品配信サービスをキャッチしてサッと引っ張ってこないと動画には手が届きません。アレックス・ラッセル出演の「クロニクル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎて発狂する前にこのページです。お節介なことはしません。ただ黙って情報をわかりやすく提示するだけです。配信しているVODがあるなら四角いアイコンを並べているので誰でも評価できます。大事なのは情報の高鮮度な質であり、定期的に刷新することが求められますが、フルムビバースはそのあたりも抜かりなしです。使っていないVODがありませんか? それは絶好のウルトラチャンスです。どうしてもその機会は限定されてきます。無料体験を手に入れられるのはその最初の出会いのときだけなのですから。

字幕・吹替、選択は自由
「やっぱり役者さんの演技の声を聴きたいので字幕は必須だよね~」「字幕なんて省略されて翻訳されているから吹き替えの方が自然だよ」「いやいや吹き替えは芸能人起用で最悪のケースもあるし…」そんな喧々諤々のエンドレスな討論もVODには無縁です。もう議論したって意味はないのです。どちらがいいかは選択可能(作品によりますが)。映画を英語字幕で見て外国語学習に応用することもできたりします。どちらが間違いということもなく、別の価値があるこそ、双方を体感してこれまで気づかなかった「クロニクル」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、真っ先に文句が暴発してしまうことの多いサービス側の問題というよりは、ユーザーの利用している通信環境の影響も大きいです。マイケル・B・ジョーダン出演の「クロニクル」の動画を上手く再生できない? だったらまずは真っ先に自分の通信環境を疑いましょう。ノートパソコンを使っていて無線LAN利用者ならルーターに接近すべきです。もしくは有線ケーブルにしてみるとか。それで回復すればやはり通信状態の悪化が原因なので考慮してみるしかないです。無線のチャンネル(詳しくはメーカー説明書を参照)の設定変更で改善したという声もよく聞かれます。

ホームシアターのススメ
あなたは何で動画を見るのがお好きですか? スマートフォンは誰でも持っているでしょうが、もっと最高動画を楽しみたくないですか? お金をコツコツ貯めれば自宅にホームシアター環境をセットアップできます。それはそこまでの問題ではありません。今はかなりお買い得な値段で用意可能。まるで映画館が無料で手に入ったようなものです。マイケル・ケリー出演の「クロニクル」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

高評価作品は観る価値あり
映画探しはそれだけでアドベンチャーであり、宝くじのようにアタリ・ハズレで一喜一憂するのも一興。一期一会みたいなもので、駄作でもそれは出会いです。しかし、そんな時間に費やすことはできないなら、高評価作品だけに絞って鑑賞するのも名案です。例えば、賞の受賞作。批評家称賛のものであれば、万人受けを必ずしも保障はできませんが、とっておきの作品群が揃っているのは確実。優れた見識を持つ専門家の意見は素直に聞いておいて損はないので、モノは試しです。アシュレイ・ヒンショウ出演の「クロニクル」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある一発で批評家を満足させたのならば自分をどうだろうかと映画に触れることで新しい扉が開けます。

『クロニクル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月24日時点での『クロニクル』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『クロニクル』をさらに知る

ふとしたことで超能力を手にしてしまった高校生たちがその力に翻弄されていく姿をファウンドフッテージ形式で描いたSFアクション。製作はジョン・デイビス、アダム・シュローダー。平凡で退屈な日常生活を送る3人の高校生アンドリュー、マット、スティーブは、ある日、特殊な能力に目覚める。その力は平凡な若者にとっては格好のネタだった。手を触れずに女子のスカートをめくったり、雲の上まで飛んでアメフトをしたり、3人は手に入れた力を使って刺激的な遊びに夢中になっていく。あくまでただの遊びの延長のようなものだが、それでも良かった。しかし、そんなある時、あおってきた後続車両にいら立ったアンドリューが力を使って、かなり派手に事故にあわせたことから、3人は次第に自らの力に翻弄され、自分たちでもどうしようもないほどに事態は予期せぬ方向へと発展していく。

★スタッフ
監督:ジョシュ・トランク(関連作品:『ファンタスティック・フォー』)
脚本:マックス・ランディス
撮影:マシュー・ジェンセン
音楽:アンドレア・フォン・フォースター

★キャスト
デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュレイ・ヒンショウ、ボー・ピーターセン、アンナ・ウッド

★『クロニクル』の評価

IMDbRTMETA
7.186%69
映画comY!FM
3.53.603.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『クロニクル』の感想

●シネマトゥデイ  
尋常じゃない力を手にして、その力に溺れていく青年たち。ファンタジーSFではありますが、その中身は普遍的な青春映画にもなっていて、かなり身近なテーマになっている。いわゆるアメコミ映画とは全然違うものだと思った方がいい。自己承認欲求と蔑まれてきたことへの回答が極まったラストは切なくもどこか解放感もあって、この映画が清々しさと痛々しさを両立していることはバランスの絶妙さで成り立っているものといえるだろう。
●イオンシネマ  
ヒーロー物にもヴィラン物にもなりうる不安定な高校生を描くもので、少し日本のアニメっぽい「俺、強いぜ!」みたいな能力を手にした少年がどう世界を折り合いをつけるかというテーマでもある。POVにしていることで、主人公が悪に染まっていく様をより不気味に見せつつ、今のSNS映えを連想させるかのようなライトな盛り上がりも感じる。本作が作られた時期は「youtuber」なんて言葉も認知されていない状態だったのだけど…。
●VUDU 
この頃のデイン・デハーンは最上級。デハーンなどの怪しくて暗くて異形な美しさを持つ役者が好物な自分にとって、これはご褒美クラス。「手持ちカメラで撮りました」系のやつは苦手なんだけど、これは意外に大丈夫だった。上手く撮っているし、そこまで雑な感じもしないからか。哀しい物語、報われない物語で見ているとどんどん辛い感じになりますが、ハマる方にはとことんハマるかと思われます。隠れた名作です。