コララインとボタンの魔女

世界を魅了したストップモーション・アニメ

映画『コララインとボタンの魔女』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告表示サイトはお断りしています。
今すぐ『コララインとボタンの魔女』を見るなら動画リンクをチェック。

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』や『The Boxtrolls』などストップモーション・アニメーションを手がけてきたスタジオ「ライカ」がおくる、ニール・ゲイマンによる小説をストップモーションアニメ映画化したファンタジー。製作はヘンリー・セリック、ビル・メカニック、クレア・ジェニングス、メアリー・サンデル。好奇心旺盛な少女コララインは、引っ越してきたばかりの古いアパートで、怪しげな封印された小さなドアを見つける。ドアの向こうには不思議なサーカスやミュージカルで賑わう異世界が広がっており、明らかに現実とは似て非なる空間だった。そこにはコララインのいうことを何でも聞いてくれる優しい両親がいたが、彼らの目はなぜかボタンでできていた。

原題:Coraline / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開:2010年2月19日 / 100分 / 制作:Laika / 配給:ギャガ

コララインとボタンの魔女(吹替)

(C)Focus features and other respective production studios and distributors.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『コララインとボタンの魔女』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

イージーな初心者向けだから安心
不思議な世界に迷い込ませてくれるファンタジーアニメーションは観てみるととても幻想的な気分になれます。そんな映画を観たいときは、動画配信サービスが役に立ちます。何よりも自由にネット配信作品を横断的に探せるのはもちろん、それを見る媒体もスマホやパソコンなど自由自在。自分のライフスタイルに一番ぴったりな視聴を選ぶことができます。紹介しているVODの中から、とくに自分が利用していないサービスがあれば、無料動画を体験するチャンスです。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「映画はフルでないと話にならないのだけど」そんな要望にも難なくお答え。お試しだからと何かの視聴制限がかけられることはないので、本来のフルクオリティで欠落もなく、映画全編を完璧に楽しめます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「コララインとボタンの魔女」の鑑賞はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。低クオリティサイトなんてものは動画も酷いもので、映画の本来の良さなんて1ミリも理解できずに、終わってしまいます。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。でも、ダッシュするのはちょっと待ってください。うっかりお目当ての作品が存在しないVODに突っ込むヘマをしでかすかもしれません。それはなんとしても避けたいところ。「コララインとボタンの魔女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。使い始めればもう後は毎日映画を見続けても観きれないほどの充実生活を送ることができるので、「最近、暇を持て余しているな」と思う人にこそお届けします。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「コララインとボタンの魔女」でもあります。例えば、今では誰でも所有しているスマートフォンですが、映画などの大容量動画の長時間再生となると、それなりのスペックが求められます。少なくとも安い低価格スマホだと、再生がカクつくこともあるかもしれません。スマホで映画鑑賞するなら、大画面で高画質&優れたCPU性能のものを選択すると後悔しません。ただし、スマホならば各VODごとに専用アプリがあるので、そこまで真剣に機能性を考えなくても視聴に不便しないです。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースは企業の枠を超えた総合集約的なデータベースなので、細かい情報がズラリと揃っています。主要制作スタッフやキャストの情報がわかるのは当然として、インタビュー抜粋やトリビア、ラジオなどの批評、感想など映画をさらに知り尽くすためのアシスタント・インフォメーションがいっぱい。予告動画を視聴して内容を探ってみるのも良し。批評家サイトの評価判断で参考にしてみるのも良し。「ヘンリー・セリック」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

動画はフルの方がいい
映画を途中までしか見られないなんてお預け状態は勘弁願いたいものですが、VODは当然そんなことにはなりません。たとえお試し期間中であっても動画はフルで最後までお楽しみいただけます。民放TV番組にあるようなカットされてばかりの穴抜けのものではないですし、映画チャンネルにあるような限られた時間にしか見れないものでもないです。好きなようにフル満喫できる最高の味方です。「コララインとボタンの魔女」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

ホームシアターのススメ
できれば最高水準の再生環境で映画を観たいですよね? だとしたら何がベストか。超高価格のハイスペックパソコン? 特大サイズのテレビ? いいえ、理想は視野いっぱいのホームシアターです。今や少し値段もお手頃になってきたこの家庭シアターの存在は映画好きでなくとも欲しくなるプライベート空間です。「コララインとボタンの魔女」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として極限の映像体験を目標にするのも良いでしょう。

『コララインとボタンの魔女』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『コララインとボタンの魔女』をさらに知る

★スタッフ
監督:ヘンリー・セリック(関連作品:『モンキーボーン』)
脚本:ヘンリー・セリック
撮影:ピート・コザチク
音楽:ブリュノ・クーレ

★キャスト
ダコタ・ファニング、テリー・ハッチャー、ジェニファー・ソーンダース、ドーン・フレンチ、キース・デビッド、ジョン・ホッジマン、ロバート・ベイリー・Jr.、イアン・マクシェーン

★『コララインとボタンの魔女』の評価

IMDbRTMETA
7.790%80
映画comY!FM
3.63.783.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『コララインとボタンの魔女』の受賞
第82回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネート。

★『コララインとボタンの魔女』の感想

●映画無料夢心地
まずその世界観に魅了された。可愛さもあるのだが、少しホラーテイストが漂う舞台。家にある小さな扉を潜り抜けると裏の世界があってそこには目がボタンの別の親や住人が暮らしている。その世界を満喫していると、目をボタンに変えさせられようとし、恐怖に変わる。童話としては鉄板のストーリー。それをここまで堂々とストップモーションで表現して見せた作り手の苦労に感服する。これを称賛しないなんてオカシイだろう。
●ユナイテッドシネマ
ミニチュアのおもちゃの人形で遊ぶのが好きだった人にとってこのコララインは夢のような作品だと思います。あれもこれも全部実際に作りこまれた人形なのです。CGじゃない。感動して当然です。しかもそれらがこんなにも滑らかに動いていくなんて。オープニングの人形を作り上げていく場面からすでに引き込まれていました。製作を手がけたスタジオ「ライカ」の技術は本当に凄いし、今後も素敵な作品を創造していってほしいと心から願います。
●CRUNCHYROLL
日本でも口コミで根強い支持を集めて見た人誰もが絶賛するライカのストップアニメーション「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」。そのライカが最初に生み出した長編作が「コラライン」でした。「クボ」から初めてライカの世界に入った人は、本作も非常に楽しめるでしょう。ちょっと小さな子どもが見るとトラウマになるのじゃないかというくらいの不気味な世界観、常に闇を抱えているようなシュールなキャラクター、全てが実にライカらしいです。