インターンシップ / The Internship

グーグルに仮入社してみた…ビジネス・コメディ

映画『インターンシップ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告表示サイトはお断りしています。
今すぐ『インターンシップ』を見るなら動画リンクをチェック。

倒産した会社のセールスマンが巨大企業のインターンシップに挑む姿をユーモラスに描いたコメディ。製作総指揮にはアーノン・ミルチャン、ダン・レビン、ジョシュ・マクラグレン、メアリー・マクラグレンなどが名を連ねる。ビリーとニックは、時計販売会社のやり手中年セールスマンコンビ。そんなキャリアも思わぬ形で転んでしまうことになる。ある日突然、二人は上司から会社が倒産したことを告げられる。その理由はスマートフォンが普及したことで、わざわざ時計を買う人が少なくなったため。自分たちの仕事がすっかり通用しないことにがっかりしながらも、どうすればいいのかもわからない。デジタル時代に取り残され、突然職を失った二人は途方に暮れるが、ある日ビリーが思ってもみなかった予想外の提案をニックに持ちかけてくる。それは、デジタル時代の代名詞である今では誰でも知っている巨大企業「Google」が募集しているインターンシップに自分たちも参加しようというものだった。

原題:The Internship / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2015年4月(DVDスルー) / 120分 / 制作:Regency Enterprises / 配給:20世紀フォックス

『インターンシップ』2015.3.18 先行レンタル配信/4.3ブルーレイ&DVDリリース

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『インターンシップ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ガンガン普及しています!
ビジネスの世界を面白おかしくコミカルに描いた作品は笑いと同時に勉強にもなる役立つ映画です。そんな作品群を観てみたいなら、動画配信サービスで探してみるのが手です。近年になって人気が上昇し、今ではすっかりポピュラーなスタイルになったこのサービスは利用者数も増えて、鑑賞するうえでは当たり前のものになりました。レンタル店よりも利用頻度は圧倒的に多いという人も珍しくありません。まだ利用したことがないなら検討する価値ありです。

「無料」はやっぱり魅力的!
考える前にまずはもっと情報を聞いてください。あなたのような初心者には特別な無料トライアルがプラスされます。ビデオオンデマンドと呼ばれるサービスの多くで採用されている初回限定の無料施策。とりあえず言えることはユーザーにとってまたとない大きなお手軽チャンスだということです。「無料期間真っ最中の間に退会はできたりする?」との問いには「YES」と答えられます。本音はずっと使ってほしいところですが、事情は個人の都合もあるので無理は言えません。継続の判断はご自由に。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「インターンシップ」の視聴はダメです。災厄とは言い過ぎですがとんでもない目に遭うのは明確な真実です。迷っている暇はありません。なにせその有害性はあなたの動画ライフスタイル一帯に拡散し、運が悪いどころではなくなります。ただ広告がうざい程度の問題ではないので気を付けましょう。無料に釣られて変なサイトの術中にハマらないように、必ず公式の提供する安心さを享受して映画人生を彩りましょう。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。「インターンシップ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎても頭が痛くなるだけ。無用な苦しみから解放されるために、このページ内に掲載中の視聴可能なVODアイコンを確認していきましょう。それだけで完了するのでテキストは忙しいなら無視してもOKです。紹介している文章がどの作品もみな同じということはなく、個々の映画に合わせてのフィッティングによって質と適正を適度に維持しています。使っていないVODがありませんか? それは絶好のウルトラチャンスです。無料体験を手に入れられるのはその最初の出会いのときだけなのですから。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「インターンシップ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

動画はフルの方がいい
シーンがカットされるのは嫌ではないですか。「地上波初放送!特別版!」なんて宣伝されているなら、それはもう残念なことに編集がされていることが濃厚です。テレビは放送時間の制約もあるのでしょうがないですが、本音はフルで見てみたいものです。でも、ビデオオンデマンドはサブスクであろうと単体購入であろうと基本はフルコンテンツを配信しています。動画は映画本編丸々を見れるのが普通です。「インターンシップ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

海賊版サイトは無料ではありません
「Free Download」と書かれたボタンらしきものをクリックすると怪しげなページに飛ぶ…これは海賊版サイトやそれモドキのウェブサイトに普通に見られるスパム騙しコンテンツです。あなたに動画を正常に見せる気などなく、隙あらば個人情報を狙う腹をすかしたハイエナのように群がってきます。「インターンシップ」が見れるという誘い文句についていくと、無料どころが大損害でノックアウトされます。一度利用すればあなたの使用履歴は残ってしまうのですでに袋のネズミ。こうなっては後々のリカバーも難しいので、最初から関わらないのが得策です。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「インターンシップ」だって何度でも鑑賞したいのでは? 1回ではわからないネタもあります。動画を一時停止して初めて「え!」と気づく場合も。実はこんな伏線になっていたことを知る瞬間は快感です。でも劇場でリピートするのはちょっとマニアすぎてハードルは高いです。複数回見ると下手をすれば5000円とかかかってしまいます。でもVODならば何度見ても追加の発生料金は無し。そこはDVDと同じです。好きなように動画を停止してもいいし、巻き戻しても構いません。

『インターンシップ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『インターンシップ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ショーン・レヴィ(関連作品:『リアル・スティール』)
脚本:ヴィンス・ヴォーン、ジャレッド・スターン
撮影:ジョナサン・ブラウン
音楽:クリストフ・ベック

★キャスト
ヴィンス・ヴォーン、オーウェン・ウィルソン、ローズ・バーン、アーシフ・マンドヴィ、マックス・ミンゲラ、ジョシュ・ギャッド、ジェシカ・ゾー、ロブ・リグル、ハーヴェイ・ギリェン、エリック・アンドレ

★『インターンシップ』の評価

IMDbRTMETA
6.335%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『インターンシップ』の感想

●シネマトゥデイ  
ストーリーはシンプル。学歴のない2人が人生経験からGoogleにインターンで入る話です。トントントンとストーリーが進んで気軽に見れて明るい気持ちになっていくので、難しく考えずに鑑賞ください。それにしても日本の就職事情と全然違って、そういう意味ではへこんできます。こういう海外の就活ものは観ておくことで、自分がいかに狭い世界にいるかを実感できるので、オススメです。この作品で海外を知れるならお得で安いものですよ。
●DAILYMOTION  
Google本社の雰囲気を垣間見る貴重な機会を提供する、映画というよりはバラエティー番組の小芝居みたい感じ。王道の逆転サクセスものとして普通に面白いけどコメディ要素としてひたすらバカなことをするみたいな展開はありません。経営学を学びたいならこの映画を推奨できます。本を読むよりも視覚的にわかりやすく、最先端企業の取り組みがわかるし、人生における大切なことを示すような教育的なメッセージも響いてきますからGOODです。
●VUDU 
口に出して伝える事が益々少なくなり近くにいてもメールで伝える時代。インターネット時代の最盛期の中で、会社の在り方も変わっていく。就活中の人にはぜひこの映画を観てほしい。とりあえず就職できればいいと思っているのならば、これはそんなあなたの妥協的な精神にアタックを仕掛けてくる。「テッド」のスタッフがこの映画を製作しているということもあり、有名映画のオマージュが満載で、そこも気にしながら見るとさらに愉快。