スクランブル / Overdrive

世界の名車、全部、盗みます

映画『スクランブル』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不正広告表示サイトはお断りしています。
今すぐ『スクランブル』を見るなら動画リンクをチェック。

スコット・イーストウッドが主演を務めたクライムアクション。製作総指揮はモーガン・エメリー、ジーン=チャールズ・レビ、ルネー・タブ、マリー・ウィンタンベルジェ。誰も思いつかない手口を使い、いかに美しく、そして完璧に車を盗むかをモットーにするこだわりの強い高級クラシックカー専門の強盗団・フォスター兄弟。彼らの今回のターゲットはオークション会場から搬出された世界に2台しかない37年型ブガッティ。しかし、その作戦は失敗に終わり、落札したマフィアのモリエールによって、兄弟は囚われの身となってしまう。完全な失敗を経験して困り果てる一同。命が助かる条件として提示されたのが、モリエールと敵対するマフィアが所有する62年型フェラーリを1週間以内に盗むことだった。それはハイレベルのミッション。フォスター兄弟は一流ハッカー、天才スリ、爆弾オタクたちの個性派のメンバーを従え、「走る芸術品」と称される3800万ドルの62年型フェラーリ250GTO強奪ミッションに挑む。

原題:Overdrive  / 製作:フランス(2017年) / 日本公開:2017年9月22日 / 94分 / 制作:Kinology、Sentient Pictures / 配給:ギャガ

映画『スクランブル』予告

© 2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS –KINOLOGY– TF1 FILMS PRODUCTION –NEXUS FACTORY


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『スクランブル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あちこちに普及しています
複雑なストーリーはどこかに置き去りにして素直に痛快なアクションを満喫したい。そんなときは動画配信サービスで映画を探して見ましょう。単純明快な作品をひたすらどんどん観ていくだけでも時間がつぶせます。しかも、無料お試しキャンペーンを活用することで、あらかじめ指定された最初の期間は無料でサービスを利用できます。つまり、その期間であれば、配信されている作品動画をタダで見られるわけです。問題になるのはどの動画配信サービスで自分が見たい作品を扱っているのか判断することですが、VODはとにかく種類が豊富なので確認はメンドクサイです。そこでこのページでは配信しているVODを作品ごとにまとめています。情報も更新しているので、確認作業を大幅に短縮できるでしょう。とくに利用していないサービスがあればぜひ登録してみましょう。すぐに無料動画にアクセスできます。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。映画を観たらお金を払うのは当たり前の世の理。でも、それはお試しというマジカルワードによって一時的にではありますが、なかったことにできます。これぞ贅沢というものです。「無料で動画を見られる期間もいつのまにか終わったら嫌だな」そんな不安は払拭できます。期間の終わりがアナウンスされないことはなく、メール通知もあるので、動画に夢中でも安心です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「スクランブル」の鑑賞はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

これに決めた!
「動画がズラリと並んだ壮観な光景はまるで巨大図書館に来たような気分!」そんな感激の声が各地で聞こえています。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。「スクランブル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「この作品を配信しているVODはこちらです」というアナウンス(厳密には補助情報)としてお役に立てることができるのがこのページであり、自力でなんとかするよりも作業工程を短縮できてスムーズに進みます。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。無料動画で夢心地になれる数少ない絶好の機会です。いつまでも配信が続くわけではないので、観たいと思った時に行動しましょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「スクランブル」の肝心な動画が連発で停止する、頻繁な遅延を起こしてしまう、画質が荒いものに切り替わる…そういうシチュエーションに遭遇したら家のネット設定環境などを再検討しましょう。無線LANはかなり障害物に弱いので1階にルーターがあると2階には届かないこともあります。また他の隣家などにある無線電波と競合してしまっていることも。こうなると大幅な見直しが必要かもしれません。

登録情報は最小限
登録の際の個人情報入力に不安を持っている方向けのアナウンスとしては、無関係な事項に流用されることはないです。迷惑メールが増えたりすることも、電話がくることも当然なし。原則的にサービス内でのユーザー情報としてのみ利用されます。もちろん後で変更できるので、メールアドレスのチェンジや支払い先の再入力も可能。アカウントを削除すればこれらの情報は消えます。情報入力が済めば、その流れで動画視聴に移行できるので、審査もなく無料体験へとたどり着けます。あとは「スクランブル」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
昔から、具体的には2000年代初期のジェネレーションZ誕生の少し前の時代、動画を見るという文化がネットに定着しました。そこで使われていた動画共有サイトは瞬く間に繁栄を極め、今日に至っています。しかし、問題点もまた無数に拡大してしまいました。品質の悪いもの、粗悪な内容のもの、法律を守っていないもの、動画の自由投稿が逆に環境を悪化させています。そこでVODです。こちらは管理がフルサービスで行き届いているものであり、ましてや全ての動画が高品質。「スクランブル」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「スクランブル」の動画を楽しみましょう。

『スクランブル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スクランブル』をさらに知る

★スタッフ
監督:アントニオ・ネグレ
脚本:マイケル・ブラント、デレク・ハース

★キャスト
スコット・イーストウッド、フレディ・ソープ、アナ・デ・アルマス、ゲイア・ウェイス、クレメンス・シック、シモン・アブカリアン、アフィフ・ベン・バドラ、ムーサ・マースクリ

★『スクランブル』の評価

IMDbRTMETA
5.417%??
映画comY!FM
3.33.283.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『スクランブル』の感想

●無料ホームシアター 
クラシックカーが好きな方にオススメ! 公式サイトに車の解説が充実しているとおり、車を全面に出した映画で、そこはごまんとあるカーアクション映画とは違うところです。原題は「Overdrive」ですが、おそらく同じ邦題の映画があるので変えたのでしょうね。「緊急発進」を意味する「スクランブル」は少し違和感ですが。第2のファミリーカーアクションシリーズになるのかはいろいろとハードル高そうですが、末永く成長を待っています。
●シネマトゥデイ  
世界に数台しかないようなレア車がわんさか出てくるので、とっても安全運転なカーチェイス。そうです、車をガンガンぶつけて、ビルから落としたり、飛行機から落とすような奴らは車好きを名乗れないよね。でも、役者はかぶってないか。スコット・イーストウッド、キリッとした目元がお父さん似です。恋人役のアナ・デ・アルマスも人気上昇中。ファミリー路線よりTAXi路線になっていくのではないかと思います。フランスだしね。
●TOHOシネマズ 
南仏を舞台にしていてその景色の中で美男美女がクラシックカーでスタイリッシュにカーアクションをするという設定がシンプル。カーチェイスとか強奪シーンが意外に少なくて、終始兄弟やヒロインがトークしている感じは予算不足なのかもしれません。日本の配給会社は見当違いの邦題さえなければ、もっと印象も変わるのに…。ノスタルジックカーの鑑賞映画と割り切って観るのもいいですし、気楽に流して鑑賞するのがベターなのかな。