死霊館 / The Conjuring(2013)

シリーズ第1弾。恐怖の始まり

映画『死霊館』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『死霊館』を見るなら動画リンクをチェック。

実話をベースに描いて全米ではR指定ながらも興行収入1億ドルを突破する大ヒットを記録し、シリーズ化していった人気ホラーの第1作。製作はトニー・デローザ=グランド、ピーター・サフラン、ロブ・コーワン。1971年、アメリカ・ロードアイランド州に建つ一軒家に、両親と5人の娘たちが引っ越してくる。かなり歴史を感じさせるほどに古ぼけてはいるが広々とした夢のマイホームに沸き立つ一家。しかし、なぜか視線や存在感を感じ、怪しい奇妙な現象が次々と発生して、困惑していく。それだけでなくいよいよ娘たちに危害が及んだことから、自分たちではどうすることもできず、一家は心霊学者のウォーレン夫妻に助けを求める。こういう現象に精通している夫妻が周囲の土地を調べると、恐るべき血ぬられた歴史が明らかになり、夫妻は一家を救おうと館に巣食う邪悪なものに立ち向かうが…。

原題:The Conjuring / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2013年10月11日 / 112分 / 制作:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース / 次作:『アナベル 死霊館の人形

映画『死霊館』予告編

(C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『死霊館』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

恐怖を動画で満喫!
戦慄の世界観と恐怖の演出で肝を冷やすのはどうですか。ときにはそんなホラーな気分を味わいたいなら、動画配信サービスが役に立つでしょう。多種多様な作品が揃っており、監督別や出演俳優別など、幅広い検索システムも兼ね備えています。自分にあった作品を探すのは簡単です。また、ネット配信といえども、テレビでも視聴できるので、大画面でまるでDVDで映像を見ているようなノリで作品をウォッチするのも可能であり、自由自在の鑑賞が実現できます。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。どんなサービスでも最初は不安があるもので、自分に合わないものだったらどうしようなどとミスマッチを不安視しますが、初回無料ならば実際に触って感触を確かめることが可能。「登録は絶対に必要なのですか?」その疑問については、わずかながら登録なしでも利用できるものもありますが、基本は登録が必須。アカウント作成しないと動画を見れないですがすぐ終わります。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは危険性の塊です。それで「死霊館」の鑑賞はダメです。災厄とは言い過ぎですがとんでもない目に遭うのは明確な真実です。迷っている暇はありません。なにせその有害性はあなたの動画ライフスタイル一帯に拡散し、運が悪いどころではなくなります。ただ広告がうざい程度の問題ではないので気を付けましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

使うべきはどれ?
「動画がズラリと並んだ壮観な光景はまるで巨大図書館に来たような気分!」そんな感激の声が各地で聞こえています。でも、ダッシュするのはちょっと待ってください。うっかりお目当ての作品が存在しないVODに突っ込むヘマをしでかすかもしれません。それはなんとしても避けたいところ。「死霊館」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎても頭が痛くなるだけ。無用な苦しみから解放されるために、このページ内に掲載中の視聴可能なVODアイコンを確認していきましょう。それだけで完了するのでテキストは忙しいなら無視してもOKです。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。リコメンデーションしているアイコンの中をあれこれと探ってみるうえで、基準になるのは自分が使っていない未経験のもの。それなら無料はすぐそこ。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画を観る時の分かれ道となる分岐点は「字幕」「吹き替え」の選択肢です。ネット上では論争になっていることもしばしばですが、もうこれには明確な正解はありません。字幕だと俳優の音声がそのまま聞けるのでオリジナル派には必須。しかし、文字を追うのは大変(リスニング力があるならOKですが)。吹替は翻訳センスを問われるのでかなりの運試しでもあり、お墨付きの出来栄えなら安心できます。VODでいっそのこと見比べしてみるのも、見慣れた「死霊館」の面白さの発見につながるかもしれません。

フェアにオススメします
一括チェックツールにもなるフルムビバースは、氾濫するVODの配信変化地獄をわかりやすく整理するだけでなく、その扱いを公平性を重点に徹底しています。よくありがちなグダグダと説明したあげくに結局はひとつのサービスを紹介するにとどまるようなことはしません。ユーザー適正は個人の問題であり、それを無視して押し付けることは玄関をガンガン叩く悪徳勧誘でしかないので絶対にしません。単純に「死霊館」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

表現規制を避けるなら
表現の規制はやむを得ない場合もあります。どうしても子どもには見せられない映像はありますし、それを避けるのは教育的にも必須。一方で全部が子ども向けになるのは困るので、なんとかバランスをとりたいところです。VODは基本的な制約はないので、割と暴力的な内容でもセクシャルな描写でも遠慮なく規制なしでぶっこんでくれるという、産地直送・添加物なしの提供をしてくれることが多いです。もちろんレーティングで作品は分類されていますから、しっかり事前に対応しながらの付き合いができます。「死霊館」も規制なしでどうぞ。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。「死霊館」が無料視聴可能という雰囲気を英語サイトのわけがわからないテキストを適当に翻訳して理解したつもりでもそれは危険。きっと利用規約の長文英語までは読んでいないでしょう。そこに有料などの罠があったらもうおしまいです。不注意1秒で損害永遠です。

『死霊館』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『死霊館』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジェームズ・ワン(関連作品:『インシディアス』)
脚本:チャド・ヘイズ、ケイリー・W・ヘイズ
撮影:ジョン・R・レオネッティ
音楽:ジョセフ・ビシャラ

★キャスト
ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リビングストン、リリ・テイラー、ジョーイ・キング、シャンリー・キャズウェル、ヘイリー・マクファーランド、マッケンジー・フォイ、カイラ・ディーバー、スターリング・ジェリンズ

★『死霊館』の評価

IMDbRTMETA
7.586%68
映画comY!FM
3.63.783.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『死霊館』の感想

●シネマトゥデイ
「ホラー+家族愛」の2010年代の決定版はまず間違いなくこれです。呪われた人形アナベルにまつわる、超常現象研究家のウォーレン夫妻が恐ろしすぎて話すことが出来なかった実体験を映画化という宣伝文句を聞くと、またまた大袈裟なと思うでしょうが、意外なくらい良くできたホラーになっています。これがのちにシリーズ化していくのも頷けるクオリティです。さすがジェームズ・ワン監督。確かな実力があります。観ていない人はぜひ鑑賞を。
●TOHOシネマズ 
怖い、面白い、恐ろしい、楽しい、そして最後はまさかの感動。こんな感情を突き動かすホラーに出会えて最高です。暗闇や気配のじわじわくる悪魔的怖さをわかりやすく見せる演出。かなり幅広い人にオススメしやすい敷居の低い、誰でもウェルカムなホラーです。もちろん、恐怖を感じさせるところはしっかりしていますから、ちゃんと上手くできています。スプラッタ描写は苦手な人は今作は大丈夫ですよ。そこの部分は安心してください。
●イオンシネマ 
不気味な雰囲気を漂わせながら、心拍数がどんどん上がっていく感覚。これです。これがホラー映画です。良質なホラー作品なので、あまりネタバレ的な事は避けたいのですが、劇中ではウォーレン夫妻が「邪悪な存在は、心の弱い人に取り憑く」と言うセリフをよく心にとどめながら観ていくと良いでしょう。中には雑なB級映画も数あるジャンルでも、今作はとびきりの素晴らしい一作ですので、この最初の映画体験は大事にした方がいいです。