大日本帝国(1982)

日本の戦争の記憶を忘れない

映画『大日本帝国』のフル動画を無料視聴する方法を網羅してレコメンド紹介しています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『大日本帝国』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:大日本帝国 / 日本(1982年) / 日本公開:1982年8月7日 / 180分 / 制作:東映東京 / 配給:東映 / 製作費: / 興行収入:14億円

大日本帝国(プレビュー)
動画
▼『大日本帝国』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高水準

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『大日本帝国』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あちこちに普及しています
過去を知ることは大切です。歴史を克明に描いた映画は知識になり、今の時代を生きるうえでも雑学以上の意味をもたらすかもしれません。そんな映画を見たいのであれば、動画配信サービスがオススメ。インターネット配信ではありますが、スマホで移動中に観るもよし、パソコンでじっくり見るも良し、テレビで迫力ある映像として観るもよし、あなたに合った視聴スタイルを選択できます。レコメンドされているVODの中からお好きなものを選びましょう。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。DVDでコレクションできればいいのですが、それはすぐに無理だと思ってしまうように、なにせかなり資金を余暇や趣味につぎ込める人のみの特権です。無料の試用を駆使することで倹約ライフを保ったまま映画鑑賞の日々を過ごせます。「気になるのは無料期間と言えども途中退会で有料になってしまうのか?」という質問。当然継続使用する方がサービス側は助かるのですが、やめるのはあなたの自由であり、それを食い止める追加金はないです。舛田利雄監督の「大日本帝国」もアリ。

論争以前の問題!
違法な動画サイト等には何が何でも危ないだけなので気を付けてください。それで三浦友和出演の「大日本帝国」の再生はダメです。被害報告事例をひとつ解説しましょう。例えば、ある人が何気なくその問題サイトで動画を再生したとします。それはどうしても見たかったものなのかもしれません。最初は動画見れるのでシメシメと見続けます。するとあなたの知らない間にパソコン内でバックグラウンド・プログラムが始動。個人情報が盗まれています。ベストは何かという話ではなく、マストで気を付けるべきことであり、あなたの動画体験の味方は正しさを基準にすべきです。

これに決めた!
「(*^▽^*)わーい!動画の山盛りでテンション爆上がりだぞ~」そのモチベーションは体感者のみの限定特権です。ここで動画氾濫警報です。あなたの見たい映画が大量の動画に埋もれてしまい、退避する時間もなく、捜索に時間がかかることもあります。そのためには準備が必要でしょう。あおい輝彦出演の「大日本帝国」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。解決をサポートしてプッシュしてあげましょう。VODが整理されているので確認の手順が大幅に簡略化。意味もなくサイトをあっちこっちに行ったり来たりするのは必要ないです。これで動画に直行可能です。ネットの検索に引っかかるランキングページやアンテナブログページへのリンクを張っている他サイト。あんな時間を無駄にする誘導コンテンツはここではノーサンキューです。ビデオ・オン・デマンド特有の映像コンテンツ(オリジナル作品)など、いろいろなメリットを検討しつつ、複合的な視点でサービスをチョイスするのもアリです。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースは企業の枠を超えた総合集約的なデータベースなので、細かい情報がズラリと揃っています。それは実に多様で日々追加しています。主要制作スタッフやキャストの情報がわかるのは当然として、インタビュー抜粋やトリビア、ラジオなどの批評、感想など映画をさらに知り尽くすためのアシスタント・インフォメーションがいっぱい。予告動画を視聴して内容を探ってみるのも良し。批評家サイトの評価判断で参考にしてみるのも良し。「舛田利雄」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。独自の視点が際立っている感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

広告ブロックに気をつけて
インターネットは便利ですが、自分の理解できない突発的なエラーや問題が起こるのもそう珍しくありません。その一例は、リンククリック時に「ポップアップがブロックされた」と警告が出る場合。厄介なトラブルでイライラしてきますがまずは落ち着きましょう。焦っても解決にはなりません。この原因はひとつ。広告ブロックツールです。拡張機能でブラウザにそのようなサポートを導入していませんか。普段はプラスの機能ですが、アップデート時の不具合が起きたりもするのです。関根恵子出演の「大日本帝国」も見れないかも?オカシイと感じたらまずは動画をやめて一旦ブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
ネットが産声をあげて動画というコンテンツで私たちの日常を支配し始めた時期。その頃から業界の先陣で頑張ってきたのは動画共有サイトです。すでにその存在はネットを支える巨人です。しかし、その膨大な動画の山もすっかり課題ばかりが手づかずで放置されるようになっていきました。ユーチューバーで埋め尽くされた状態は嫌だという人もいるはず。また、再生して見れば取るに足らないテキストだけのガッカリ動画というのも頻繁に存在します。そこでVODは新しい時代の上位版動画サイトです。既存の欠点を克服した、篠田三郎出演の「大日本帝国」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているコミュニケーションワールドを支えている巨大なSNS。映画を見た後にもその感想などを好き勝手に語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。戦争への一石を投じる「大日本帝国」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。それは初心者でもできます。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。あまり恥を気にすることをしない、前向きな積極性が一番に大事です。

『大日本帝国』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月28日時点での『大日本帝国』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『大日本帝国』をさらに知る

日本軍の南方戦線を舞台に過酷な運命に翻弄される若者たちの姿を綴った、「第1部・シンガポールへの道」「第2部・愛は波濤をこえて」の二部構成からなる戦争巨編。昭和16年から20年にかけての南方戦線を軸に日本人にとって戦争とは何か、人々はどう生きたかを史実に基づいて描いた一大戦争巨編。『大日本帝国』の監督補佐は馬場昭格、助監督は蔦林淳望。当時ABCD包囲網によって窮地に立たされた日本政府は、さまざまな課題に直面し、対立するアメリカとの和解を模索していたが、対米開戦を強く主張する陸軍を中心とした勢力に屈し、近衛内閣は圧力に押されるかたちで総辞職した。そこで強硬派の急先鋒である陸軍大臣東條英機をあえて首相に任命した昭和天皇は、そのうえで対米開戦を回避するべく苦肉の策として指示した。これに最初は応えていた東條首相だったが、いずれ国内の強硬派を抑えきれなくなると読んでいたアメリカは揺れ動く日本を挑発する。そしてついに、海軍による真珠湾攻撃を天皇は了承してしまい、太平洋戦争は開戦した。

★『大日本帝国』のスタッフ


監督:舛田利雄
脚本:笠原和夫
撮影:飯村雅彦
音楽:山本直純

★『大日本帝国』のキャスト


三浦友和、あおい輝彦、関根恵子、篠田三郎、夏目雅子、佳那晃子、丹波哲郎、若山富三郎、西郷輝彦、仲谷昇

★『大日本帝国』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.0???3.5
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『大日本帝国』の感想

●『大日本帝国』FILMAGA
これほど日本人の魂を揺さぶる映画があっただろうか。戦争はなぜ起こったのか、その事実は歴史の教科書のように1ページ程度で語られるようなことではない。当然なのだが、しかし、実際の私たちは平和を叫ぶくせに戦争が起こった経緯をよく知っていません。この映画はそんな無知の私たち日本人に過酷な過去を突きつける作品です。だから見れば嫌な気持ちになるかもしれません。でも、これが歴史なのです。それを避けることはできません。
●『大日本帝国』BILIBILI 
この映画を監督した舛田利雄は「”大日本帝国”は保守系の人達からは左寄り映画と言われ、左翼系の人達からは右寄り映画と言われる」とコメントしています。なぜ双方から嫌われるのか。それはきっと自分の頭の中にある「都合のいい」歴史とは食い違っているからでしょう。「戦争の是非や歴史認識はともかく、戦争を指導した最高指導者の責任を明確に描く」というスタイルは舛田監督の戦争映画に共通しています。とにかく観てください。
●『大日本帝国』MOVIX 
第二次世界大戦下、日本が描かれるかなりストレートな反戦映画。石原莞爾や東条英機、昭和天皇も登場するけれど、それぞれの事情を描き、絵に描いた悪人として描かれるのはアメリカ兵のみという超日本人目線。真珠湾攻撃まで描写した大東亜戦争の最中に生きた日本人のドラマを180分に渡って丁寧に描いているので、純粋な歴史ものとしても興味深い。Wikipediaでいろいろ調べながら視聴するとか、下調べや事後学習もするとよいかもしれない。