打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(実写ドラマ)

岩井俊二監督の評価をあげた切ない青春ドラマ

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を見るなら動画リンクをチェック。

2017年にアニメ映画として公開された作品のオリジナル。1993年にフジテレビで放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品であり、1995年に映画としても劇場公開された。隊評価を受け、当時は若手のテレビドラマ監督・脚本家であった岩井俊二の評価と知名度を一気に上げ、テレビドラマとしては異例の日本映画監督協会新人賞を受賞した。なぜか惹かれていくあの子のことを僕はどこまで知っているのだろうか。小学生の典道と祐介は仲の良い友達だが、実は2人とも同級生のなずなのことが好きだった。それでもそのことは気軽に本人に言えるわけではない。しかし、なずなの両親が離婚し、彼女が母親に引き取られて2学期から転校することになっているとは、2人には知るよしもなかった。どうすることもできない現状にジレンマを抱えて親に反発したなずなは、プールで競争する典道と祐介を見て、勝った方と駆け落ちしようとひそかに賭けをする。勝ったのは祐介か? 典道か? 勝負のあとから、異なる2つの物語が展開する。

原題:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? / 製作:日本(1993年) / 日本公開:1995年8月12日 / 45分 / 制作:フジテレビジョン、共同テレビ / 配給:ヘラルド・エース、日本ヘラルド映画


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Paravi ▼Paravi(登録月無料)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作もしっかり見れます!
日本の学園ドラマは昔からの伝統的なものであり、SF要素を混ぜたものも以前からありました。そんな作品に触れたいのならば動画配信サービスを利用してみませんか。リメイクの元になったあの一作も見つかります。ネット配信なので古い作品でも質の悪い状況になっていることもなく、基本的に最新作品と遜色のないレベルで鑑賞できるというのが嬉しいです。公開当時では考えられなかったことですが、スマホなど最新ツールで観られるのは時代を感じます。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。本来は月額料金がかかったりするのが普通ですが、初期利用者に限って初回アカウント作成から一定期間無料に。まずは実験的に触れてみたいという人にピッタリです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すとアウトです。それで「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の鑑賞はダメです。そういうサイトは「Free Watch」などとオイシイ言葉を並べていますが、結局は動画の再生を中断させて悪質広告ページへと移動させて、副次的に個人情報をまんまと盗ろうとするものばかりです。油断していると好き放題にされます。自動的に注意喚起アナウンスができればいいのですが無理なので、あなたの基本の判断力と倫理だけが頼りになってきます。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。使い始めればもう後は毎日映画を見続けても観きれないほどの充実生活を送ることができるので、「最近、暇を持て余しているな」と思う人にこそお届けします。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

悪いサイトを追い出すために
悪質な海賊版動画問題はその有害性が頻繁に報道されていますが、その横暴を食い止める手段としてVODは期待されています。海外の専門組織によれば、従来の手法として真っ先に挙げられるブロッキングやフィルタリングなどでは効果は限定的で、それよりもユーザーフレンドリーで魅力を持ったサービスを推薦する方が価値があると分析されています。安価で利便性が高いといえば、VODの右に出るものはいません。選択を間違って不正動画サイトに手を出してしまった人を更生させることも可能なので「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は? 大雑把に言えば難しいことはなく、初回(ここが大事。同一サービス内で2回目以降はない)の一定期間(時期はサービスごとに違うので注意)動画などの利用が無料になるというものです。肝心の作品は個々で異なります。見放題サブスクならば全部。単体購入ビュー型ならポイント範囲内。ご利用はご計画的に。どちらがいいかは一長一短のトレードオフ。結局は選択が全て。事前にこのページでどれがいいのかあみだくじではなく吟味しましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の視聴が済めば、そのままツイートや投稿でどんどん自分の感想を流していきましょう。「動画のこのシーンが良かった」「私はこのサイトで動画を見たよ」という情報はさらなる映画ファンを増やす素材になります。映画関係のハッシュタグも使ってみるのも意外に効果的です。「#映画好きな人と繋がりたい」などの便利なタグがあるので遠慮なく追加していきましょう。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をさらに知る

★スタッフ
監督:岩井俊二
脚本:岩井俊二
撮影:金谷宏二
音楽:REMEDIOS

★キャスト
山崎裕太、奥菜恵、反田孝幸、ランディ・ヘブンス、小橋賢児、桜木研仁、麻木久仁子、光石研、小山励基、山崎一、深浦加奈子、田口トモロヲ、石井苗子

★『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の感想

●FILMAGA 
かなり捉えどころのない作品なのは一目見てわかる。そもそもタイムスリップものであるにもかかわらず、なぜその超常現象が起こったのかという説明はない。それどころかSF的な踏み込みをあえてしていない側面も強く、結果子どもたちのジュブナイルにだけ焦点をあてた、とても純度の高い作品になっている。このファンタジーとリアリティを絶妙なブレンドでお届けするスタイルは岩井俊二監督の十八番なのだが、この時点で完成されていた。
●BILIBILI 
本作の魅力はなんといっても奥菜恵演じる女子の圧倒的なヒロイン力だろう。それは今のようなドラマ的なベタなものでもなく、ただそこにいる手の届かない存在感。誤解を恐れずに言うのならば、まるで宇宙人のような人ならざる感じが主人公の男子を含む、全員の目を奪い、混乱させていく。このキャスティングができてしまうというのはこの時代ならではだと思う。今の邦画は事務所のごり押しによる俳優の押し付け合いばかりで残念だ。
●DAILYMOTION  
打ち上げ花火をどこから見ても別に形は変わらない。もちろんそんなことを論点にしている作品ではない。多感な思春期を過ごし、年齢によってぐんぐんと子どもから大人に成長していく子どもたちが、普段見慣れた友人や憧れの子の変化に困惑する。その揺ら気がどちらかから見るか?という問いにつながっているのだと思う。後にアニメ映画化もされたが、今作は実写でしか表現しえない要素が濃厚にあるものなので、ぜひオリジナルを見てほしい。