デトロイト(2017)

地獄と絶望の史実、最後まで直視できるか

映画『デトロイト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『デトロイト』を見るなら動画リンクをチェック。

キャスリン・ビグロー監督による、1967年7月、米ミシガン州デトロイトの無免許酒場に警察が踏み込んだことをきっかけに、アフリカ系アメリカ人による大規模な暴動が発生し、5日間に渡って白人警官と激しく衝突したデトロイト暴動を描いたドラマ。製作にはミーガン・エリソン、キャスリン・ビグロー、マシュー・バドマン、マーク・ボールなどが名を連ねる。1967年、夏のミシガン州デトロイト。権力や社会に対する黒人たちの不満が噴出し、ついに暴動が発生。その勢いは収まることを知らず、あたりは騒然とした状況が続く。3日目の夜、若い黒人客たちでにぎわうアルジェ・モーテルの一室から銃声が響く。デトロイト市警やミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊たちが、過剰なまでの数を揃えて押しかけて、一時、緊迫。警察はピストルの捜索、押収のためモーテルに押しかけ、数人の白人警官が捜査手順を無視し、宿泊客たちを脅迫。そのまま銃を撃った相手を吐かせるために、誰彼構わずに自白を強要する不当な強制尋問を展開していく。

原題:Detroit / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年1月26日 / 143分 / 制作:Annapurna Pictures / 配給:ロングライド / 製作費:3400万ドル / 興行収入:

映画『デトロイト』日本版予告第2弾

(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『デトロイト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

その映像を直視できるか?
時代の一事件を描いた映画はその歴史を知るためにもとても役に立つ素材であり、知識を増やすことにもつながります。そんな作品に触れたいなら、動画配信サービスがオススメです。これは現在も利用者数が増加し続けており、登場以降、支持を集めてきました。ITサービスなのでどんどん機能が追加されていくのも利点であり、今後もさらなる進化が期待されています。加えてスマホやパソコン、テレビなど自由な視聴スタイルも、未来に現れる新しい媒体にも対応していくでしょう。

「無料」は全て初心者のため!
ハッピーは2倍に増えます。なぜかって無料お試し体験があるからです。これはもう目を惹きつけられる誘惑の虜でしょう。アカウントを作ったらそのままお金が請求されるのは、ちょっと怖いものです。なにせまだサービスを試してもいないのですから。初回時ならばじっくり吟味したいものです。「どうせ素人には全然扱えないんじゃないの?」なんて怖がらず、リラックスしてください。どちらかといえば、普段はネット系のサービスに慣れていないお年寄りにさえもラクラク利用できるほどです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「デトロイト」の視聴はダメです。常設や市販のウイルス対策ソフトでなんとか危険は回避できるのではないの?と思っている皆さんは認識が甘いです。こういう不利益をもたらすサイトを完全にバスターするなどはできず、たいていは防御システムの穴をすり抜けて、有害な影響を与えてきます。ベストは何かという話ではなく、マストで気を付けるべきことであり、あなたの動画体験の味方は正しさを基準にすべきです。

どれを選べばいい?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「デトロイト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は早急に解決してしまいましょう。「すぐさま配信しているVODの名前が判断できるといいな」という願望を叶えるページがここです。むやみにリンクを踏みまくる必要はありません。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。配信は常に同じではないので、今視聴可能だとしても、明日は無いかもしれません。どこかの誰かではないですけど「今でしょ」の言葉どおりです。

フェアにオススメします
動画情報を「フル」に扱う映画(ムービー)のユニバースを根差すこのサイトは、そのインフォメーション・コンプライアンスも重視。他サイトのように偏りのある紹介はしていません。あらゆるサービスを網羅しつつ、その情報で混乱させないように、ビジュアル・イージーでリコメンドしています。ユーザーの判断が何よりも大事なのでその自由度を尊重し、あなたの動画ライフを援助します。単純に「デトロイト」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「デトロイト」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

表現規制を避けるなら
映像で提供されるメディアコンテンツならばどうしても立ちはだかるのがレーティング。これは子どもから大人まで幅広い相手に多様な動画をお届けするための、いわば互いに不快な思いをしないための配慮のシステム。VODもそういう年齢区分があり、残酷な作品やアダルトな作品が子どもの目に入らないようになっていますが、作品自体は編集がなされておらず、そのまま楽しめるのが売りです。これも完全なデジタルならではのメリット。テレビ放送みたいな制限もないので、変な規制にイラつかずに済みます。「デトロイト」も無規制で。

海賊版サイトは無料ではありません
消して消しても無くならない違法なアップロード動画はそれ自体が無料であるように偽っているだけで実際はあらゆる手段でユーザーからカネを奪い取ろうとしてきます。それこそ悪質勧誘へハメたり、スパム系の攻撃で騙したり、個人情報を盗んで利益にしたり、あの手この手で待ち構えているのです。「デトロイト」が見れるという誘い文句についていくと、無料どころが大損害でノックアウトされます。一度利用すればあなたの使用履歴は残ってしまうのですでに袋のネズミ。こうなっては後々のリカバーも難しいので、最初から関わらないのが得策です。

『デトロイト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『デトロイト』をさらに知る

★スタッフ
監督:キャスリン・ビグロー(関連作品:『ゼロ・ダーク・サーティ』)
脚本:マーク・ボール
撮影:バリー・アクロイド
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★キャスト
ジョン・ボヤーガ、ウィル・ポールター、アルギー・スミス、ジェイソン・ミッチェル、ジョン・クラシンスキー、アンソニー・マッキー

★『デトロイト』の評価

IMDbRTMETA
7.483%77
映画comY!FM
3.93.574.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『デトロイト』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●FILMAGA
狂気の沙汰としか思えない。人はなぜここまでおかしくなるのか。人間の本質は暴力であるという言葉は真実だと言わざるを得ない。それくらい怖すぎる映画だった。実話を元にした約140分という長さ、更にあまりのリアルさに途中からずっと身体に力が入った硬直状態になったままだったが、一瞬で駆け巡った感覚。これは観客を拷問し、束縛し、地獄へと落とすとんでもない作品である。覚悟してほしい。見るのに勇気がいる一作なのは間違いない。
●TOHOシネマズ 
警官が捜査手順を無視してモーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始める…それだけといえばそれだけの映画。しかし、めちゃくちゃ怖かったです。それこそもうこの場から逃げ出したくなるほどびびってしまい…。別に自分が尋問されているわけじゃないのに。ここから抜け出すにはどうしたらいいのか、そんなことをずっと考えさせられます。いろんな感情が渦巻いた結果、残ったものは結局、今のアメリカの実情なのかと思うとまた絶望します。
●109シネマズ
行政、司法、立法に見捨てられ、殺されるという恐怖をあなたは想像できるか。普通はありえないこの非現実の事態を私たちにまざまざと見せつけてくる映画がこれである。日本の警察官も誤認逮捕しますし、裁判官も冤罪判決を下します。これは別にアメリカだけの問題じゃないのもわかります。しかし、この映画が突きつけるあまりのアブノーマルなバイオレンスは言葉を失うし、人間不信に陥るレベルです。この世界に救いはないのでしょうか。